記事

TPP法案採決強行で国会混乱

環太平洋経済連携協定(TPP)の承認案と関連法案が、一昨日4日の衆議院TPP特別委員会で、自民、公明、日本維新の会の賛成多数で、可決されました。

一度は、自民、民進で、採決日程に合意していたのに、山本農水大臣の度重なる不適切な発言で、強行採決の混乱になってしまいました。

私は、TPPは、これから世界で経済活動をしていく上で、必要なものだと考え、議員だった時には、超党派のTPP推進議員連盟の役職もしていました。しかし、安倍政権での各国との交渉は、ほとんど黒塗りの資料しか出てこず、日本が守るべきものが守れているとは、思われない状態になっています。

国会審議では、国民の不安をぬぐう審議が求められていましたが、担当大臣が、考えられないような発言を続け、十分に審議されたとは言えないと思います。

山本大臣は、佐藤議運委員長のパーティーで、強行採決するかどうかを決めるのは佐藤さんだ、と発言して非難されました。陳謝したのも忘れたのか、審議日程が決まった後の自民党議員のパーティーで、自らの発言について、「冗談を言ったら辞めさせられそうになった」と述べたうえ、JA関係者に、「農水省に来て頂ければ何かいいことがあるかもしれません」と利益誘導ともとられかねない発言をしています。

国会が、与野党が伯仲していて緊張状態にあれば、辞任間違いない発言です。ところが、一強多弱の国会情勢で、ゆるみきっているとしか思えません。そうした中で、またもや強行採決。

安倍総理の、自民党は強行採決をしたことはない、という発言が委員会であったばかりです。アメリカ大統領選挙でも行われている、ファクトチェックをしたら、いったい何割がウソか、空恐ろしい感じです。

国会前でも、可決された4日午後には、市民団体による抗議活動が、夜まで続きました。

この後、不正常な国会情勢ですが、せめて参議院では、国民が知りたいと思っているTPPの内容、ほんとうに不安はないのか等、充実した審議が行われることを望みます。

あわせて読みたい

「TPP」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    質問力なし 報道のTBSは死んだ

    和田政宗

  2. 2

    デリヘルに素人専門が増えた理由

    PRESIDENT Online

  3. 3

    小池氏会見まるでイキった大学生

    キャリコネニュース

  4. 4

    自民は本気の小池氏を甘く見るな

    安倍宏行

  5. 5

    橋下氏 解散批判する野党に苦言

    橋下徹

  6. 6

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  7. 7

    小池氏登場で自民圧勝は不確実に

    近藤駿介

  8. 8

    北の日本攻撃ありうる歴史的背景

    ヒロ

  9. 9

    生活苦で北の脅威に無関心な韓国

    ロイター

  10. 10

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。