記事
  • ヒロ

今週のつぶやき

「今週のつぶやき」にテーマ性を持たせたことはないのですが、今回は「混沌」というサブタイトルをつけたくなる内容が並びます。

混沌その1は勿論来週に迫るアメリカ大統領選挙であります。どちらにしかならないので心構えはできていますが、最近耳にするのが「トランプ大統領はビジネスに関しては悪くない」という声であります。私もそれは思っています。しかし、トランプ氏が当選すれば株は下がるとみられています。というより共和党が政権をとると当初の株価は下がるのがジンクスのようですのでその上どんなサプライズが飛び出すかわからない怖さが上乗せされるということでしょうか?

いずれにせよこの話題はもうさんざんここで書き続けましたのでこのぐらいにします。ところでアメリカ関連については本日、10月の雇用統計が発表になっています。市場の事前予想は下回っていますが、161千人の雇用純増は12月の利上げ方針を腰折れさせるものではありません。賃金の伸び率が2.8%あり、これが好印象でありました。

混沌その2は英国のEU離脱問題。一昨日、英国の裁判所がEU離脱には議会承認が必要だと判断しました。たまたま英国からカナダに移民したビジネスの友人と英国パブでビールを飲みながら歓談していたのでその話題で盛り上がりました。

曰く「この問題はさっぱり予想がつかない」。彼はイートンスクール出でキャメロン前首相やボリスジョンソン外務大臣の後輩ということもあり、そのあたりの関係も違うレベルでの見識を持っていますが、「英国ポンドはローラーコースター状態が続く、だから今、英国の不動産が魅力的に見えても今は買うな」「交渉期間2年を経て離脱した時もう一段の大きなショックが英国を揺るがす」と警告しています。彼とそうだね、と意見があったのはロンドンのシティの特権をどうするか、これにかかっていると思います。シティの機能を大陸に持っていけないし、その代替もできないもう一つの理由は時差だそうです。さすがグリニッジ標準時の英国です。思わず感嘆してしまいました。

混沌その3は豊洲市場の移転問題。小池知事が新しい工程を示しましたがその中で最大のネックは環境アセス。見直しだけならともかく、やり直すとなればそれだけで最低15か月、つまり今から見ればほぼ1年半かかります。最近の小池さんへの評価は「問題点を見つけストップボタンを押し、議論することにしたのは大変立派である。だが、その問題を乗り越え、どう目的達成させるか、小池さんの本当の実力評価はそれ次第」。ハードルを自分で上げていますのでご苦労されると思いますが、小池さんへの期待は高まっています。但し、先日このブログで書きましたように豊洲が不要になるかもしれない流通革命がひたひたと迫ってきている気がしています。2年近くのブランクが出来ると分かれば民間の革命は加速度的に進むとみています。要注意でしょう。

混沌その4。エアバックのタカタ。問題の最前線である北米子会社を破産法で切り抜ける方針のようですが、日本の本体についてどうするか、目途が立ちません。弁護士がどう判断するかですが、北米子会社だけ破産させることで多額のリコール費用を確定させるとのことですが、訴訟は逃れられるのでしょうか?どうも話がうますぎるように感じます。本体についてはスポンサー候補が複数社いるようで内密に話し合いが行われているようですが、一旦法的整理させるのか、私的整理にするのかそのあたりのテクニック論も議論しているようです。

私が買い手ならタカタの持つ技術と人材をそっくり新会社が買い取り、旧タカタを債務整理会社とするのが新しい買い手にとって一番リスクが少ないと思います。私も海外でのビジネスをみてきていますが、最も重視するのがライアビリティであります。特に見えない瑕疵を探すためにとてつもないデューデリジェンスを行わなくてはいけません。それゆえ私の弁護士からは「売買は資産の取引を主とし、会社の売買は極力するな」といつも助言頂いています。

混沌のネタはTPPなどまだあるのですが、週末に余り悩ましい話ばかりするのもどうかと思いますのでここまででとどめておきます。

では今日はこのぐらいで。良い週末をお過ごしください。

あわせて読みたい

「築地市場移転問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    朝日が仏大統領発言でっち上げか

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    内閣改造で消えた小池・野田新党

    PRESIDENT Online

  3. 3

    米国が12月以降に北朝鮮を攻撃か

    高英起

  4. 4

    iPhone X購入の前にWi-Fi導入を

    永江一石

  5. 5

    温泉更衣室の防犯カメラは違法か

    花水木法律事務所

  6. 6

    よしのり氏 小池新党はいらない

    小林よしのり

  7. 7

    アラフィフの後悔 1位は「勉強」

    キャリコネニュース

  8. 8

    核武装した北との共存ありえない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    日本人の稼ぐ力 今や他国の7割に

    THE PAGE

  10. 10

    小林麻耶が海老蔵の家を出た事情

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。