記事

少年マガジンが100万部を割り込んだというが

少年ジャンプが600万部から200万部に部数を落とし、少年マガジンが400万部から落ち続けて100万部を割り込んだという。
少年サンデーは33万部というのだからかなりヤバい。 

雑誌に連載しなくても描き下ろしで単行本にすれば、30万部くらい売ることはできるだろう。
軽く言ってるが、もちろん超面白い作品ならばね。 

ただし、よくよく考えてもらいたい。
わしの子供の頃の少年漫画雑誌は、30万部とか、100万部も発行してなかったはずである。
なのに連載している漫画は名作が続々出ていたのだ。
今の漫画雑誌の問題点は部数の減少ではない。
名作が出ているか否かだけである。 

わしの子供の頃は、「おそ松くん」「8マン」「伊賀の影丸」「サスケ」「スーパージェッタ―」「W3」「ハリスの旋風」「マグマ大使」「リボンの騎士」「バンパイヤ」「どろろ」「黒い秘密兵器」「夕焼け番長」「巨人の星」等々の名作が、今よりも少ない部数の漫画雑誌から続々出ていた。 

それらの名作は単行本になっても、大した部数にはならなかったはずである。
今の漫画の作り方自体に、わしは問題があるのではないかと思っている。

一度人気が出た作品は、十年くらい描き続けなければならなくなることも、画力だけで見せるために、異様にコマがでかくて、話が全然進まないから、週刊誌で読んだら、全然ストーリーが楽しめないということも、問題だろう。
そういう作品の作り方の限界が、いよいよ雑誌の部数減少に繋がってきたということではないか?

あわせて読みたい

「少年マガジン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新潮45休刊と雑誌界の厳しい現実

    篠田博之

  2. 2

    「新潮45」休刊が招く言論の衰退

    門田隆将

  3. 3

    貴乃花が引退届 日本は転換点に

    舛添要一

  4. 4

    新潮45休刊の敵前逃亡は言論放棄

    常見陽平

  5. 5

    よしのり氏 東京新聞記事に呆然

    小林よしのり

  6. 6

    ZOZOvsユニクロ 全面戦争が勃発

    MONEY VOICE

  7. 7

    中国人マナーが外交問題に発展

    NEWSポストセブン

  8. 8

    貴乃花引退に追い込んだ相撲協会

    早川忠孝

  9. 9

    天皇陛下を韓国が安倍批判に利用

    NEWSポストセブン

  10. 10

    木村拓哉 ジャニー氏の激怒語る

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。