記事

【トランプとマーケット】

今朝まで開かれた公開市場委員会で米FRBは追加利上げを見送りましたね。一方、トランプ優勢が伝えられ、VIX指数(いわゆる恐怖指数)が6月のBrexit投票の直後と同じ水準まで上昇。

安全資産とされる円や金の価格も上昇する一方で、大統領選挙の行方のバロメーターとされるメキシコペソは急落しています( トランプ候補がメキシコとの国境沿いに壁を作ると主張してきたため、"トランプ大統領"は、メキシコにマイナスとの連想)。

BloombergがUS Election Guide to Markets: What to Watch as Results Come In (アメリカ大統領選挙の手引き~市場の動きを予想する)は、■クリントン勝利の場合の勝ち組、負け組、■トランプ勝利の場合の勝ち組、負け組をまとめています。ざっくりこんな感じです(全文の翻訳ではありません)。

私用メール問題が再燃する前の10月27日の時点で82%だったクリントン候補が勝利する可能性は、71%まで急落。クリントン候補とトランプ候補が大統領選挙で勝った場合の勝ち組と負け組をまとめた。

<米国株>
クリントン勝利:「市場はすでにクリントン勝利を織り込んでいる」とCMC Marketsの担当者は言う。Barclays Plcはリポートの中で今週、S&P が3%上昇すると予測している。負け組は金融と製薬会社だ。民主党政権の継続で金融に対する規制の強化や税制の見直しで、Goldman SachsやJP Morgan Chaseなどの経営に痛手となるかもしれない。製薬会社やバイオテック系の会社は、薬価の引き下げに向けた圧力を受けるだろう。

トランプ勝利:CMC Marketsの担当者は「トランプが勝利すれば、大規模は売りを誘う」と言う。 Brexitの投票結果に際してはS&P が2日間で5.3%下がったが、それよりも遙かに深刻と見られるという。トランプ候補が大規模な公共事業を公約していることからCaterpillarやIngersoll-Randなど建設機械の経営には良い見通しだ。

<アメリカ国債>
クリントン勝利:リスクオンとなって、国債を売ってもっとリスクの高い金融商品にお金が振り向けられるだろう。アメリカ国債が世界的な指標になっていることから、個人や企業に対する貸出金利が世界的に上がることになる。

ことし7月にクリントン候補の優勢が伝えられて以降、10年もののアメリカ国債の金利は 0.35%上がっている。上下両院でも民主党が地滑り的な勝利を納めれば、財政支出が増えることを踏まえて国債の金利の上昇につながるだろう。

トランプ勝利:ことし6月23日のBrexit投票のあとの2週間で10年もののアメリカ国債は0.36%下がり、9月まで元の水準に戻らなかった。トランプ勝利に際しては似たような現象が起きるだろう。

選挙直後の混乱が落ち着いたあとは、トランプ減税や公共インフラ投資を受けて国債の金利は上昇に転じるかもしれないし、共和党が上下両院で勝利すればその傾向が強いだろう。さらに、共和党の外交政策で一国主義が前面に出てくると、多くのアメリカ国債を保有する国が大量に国債の売却に動くという指摘もある。

<為替>
クリントン勝利:12月の FRBの追加利上げの可能性が高まったとして、ドルはほかの先進国通貨に対して上昇するだろう。ただ、先を見越すと、民主党が上下両院を奪還しない限り、ドル高は続かないと指摘するのはBank of Americaだ。

新興国通貨はすでにクリントン勝利を織り込んでいる。クリントンが勝利すれば、メキシコのペソは上昇するだろう。今回の大統領選挙のバロメーターであり、クリントン候補が優勢になるとペソ高が進み、メキシコとの国境沿いに壁を作り経費はメキシコに支払わせると主張するトランプ候補が優勢になると下落してきた。クリントン勝利にとって、自由貿易に良いことだとして、中国の人民元が緩やかに上昇するだろう。

トランプ勝利:仮にトランプ候補が勝った場合の外国為替市場の反応は今週、垣間見ることができた。トランプ優勢が伝えられ、ほぼすべての通貨に対してドル安が進んだ。一方、メキシコペソは3週間ぶりの安値水準まで下がった

トランプ勝利直後のショックのあとの、円、ユーロ、英ポンド、スイスフランなどはドルに対して上昇し続ける可能性がある。というのは、中国が保有するアメリカ国債を大量に売却し、FRBが追加利上げを先送りするという懸念によるものだ。これに対して Bank of Americaは、共和党が景気刺激のために減税や財政支出を行うことで、ドルが上昇に転じると見ている。

トランプ候補は中国が自国通貨を故意に安く抑えているため報復関税を課すと主張するなど、中国に対する敵対心をむき出しにしており、人民元は年末までに3%下がるというのはみずほ銀行の担当者だ。トランプ候補の保護貿易的な姿勢は新興国の通貨に痛手となるだろう。

トランプ候補が駐韓米軍を引き上げる可能性を示唆していることを踏まえて、韓国ウォンが下がると見られる。

あわせて読みたい

「アメリカ大統領選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    定年後は蕎麦打ち職人になるな

    内藤忍

  3. 3

    海老蔵と麻耶 歌舞伎界の非常識

    NEWSポストセブン

  4. 4

    今度こそ北朝鮮の崩壊は秒読みか

    自由人

  5. 5

    豊田議員あと一歩で逃げ切り逃す

    文化通信特報版

  6. 6

    金正恩氏が米国への本音を吐露か

    高英起

  7. 7

    安倍首相の目的は権力の延命だけ

    小林よしのり

  8. 8

    「部落差別を語るな」は間違い

    SYNODOS

  9. 9

    安室引退「体力の限界」が要因か

    渡邉裕二

  10. 10

    老後の同窓会は成功者しか来ない

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。