記事

【投票まで一週間】

アメリカの大統領選挙まで1週間。FBIがクリントン候補の私用メール問題の捜査を再開すると発表して驚きましたが、すでに全米で2100万人が期日前投票を済ませていて、さほど大きな影響は出ないのではないかという指摘もあります。 

The New York TimesのEarly Turnout Tilts Toward Democrats in Swing States (接戦州の期日前投票は民主党に傾く)はざっくりこんな感じです(全文の翻訳ではありません)。

クリントン候補と側近たちが重点的に向かっているのは、期日前投票できる州だ。クリント候補は、29日にはフロリダで歌手のJennifer Lopezのコンサート会場に現れた。夫のクリントン大統領は30日にノースカロライナ、クリントン候補は31日にオハイオへ。

目的は11月8日の選挙当日にトランプ候補がいくら票を獲得しても勝てないくらいに先に票を取ることだという。

一方、トランプ陣営は草の根の運動は全米共和党委員会に任せっぱなし。思いのほか負担が増えたものの、手応えを感じていると共和党幹部は語る。

当日投票しないような有権者に投票所に向かわせることに熱心に取り組んでいる。でないと、どうせ投票するので、票を投じる日にちの違いだけでは、あまり獲得票に影響しない。

クリントン陣営によると、接戦州で、有権者を投票する可能性と広告への需要度で分類しているという。もっとも力をいれているのは、大統領選挙以外の選挙をパスした人たちだ。

ノースカロライナとネバダでは民主党支持者の方が共和党支持者よりも遙かに多く票を投じている。アリゾナでもその傾向がある。

29日にFBIがクリントン候補の私用メール問題で捜査を再開すると発表したことは、さほど影響していない。わずか11日前の出来事だったが、期日前投票に足を運んだ有権者の記録やインタビューによると、かつてほどOctober surpriseはインパクトがないようだ。

政党支持が二極化し、好感度の低いものどうしの選挙で、多くの有権者は数週間前に、あるいは何か月も前に誰に投票するかを決めていたようだ。

これまでに全米で2100万の有権者が投票を済ませた。このうち、フロリダ、コロラド、ネバダといった選挙の勝敗を決する接戦州では、有権者の25%近くがすでに投票を済ませた

開票作業は11月8日選挙当日までは行われないが、上の3州とノースカロライナでは民主党が優位に戦いを進めている。すでに何百万人が投票を済ませた中で、FBIの捜査再開がどれほど全米の有権者の投票行動に影響するかが焦点だ。

民主党は先に投票を済ませた有権者の間で有利な分、クッションがあると思ってよいが、多くの州では依然として大接戦だ。

あわせて読みたい

「アメリカ大統領選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    羽生竜王vs藤井四段 対局は幻に?

    大村綾人

  2. 2

    橋下氏が岩上氏を名誉毀損で提訴

    橋下徹

  3. 3

    年収増で幸福なのは1000万円まで

    市川衛

  4. 4

    よしのり氏「日韓合意は失敗」

    小林よしのり

  5. 5

    菅長官 望月記者に出馬勧め挑発

    NEWSポストセブン

  6. 6

    安倍首相が平昌を欠席すべき理由

    門田隆将

  7. 7

    AmazonGo一般公開 課題は万引き

    後藤文俊

  8. 8

    白鵬へ反感拡大 貴乃花側は自信

    NEWSポストセブン

  9. 9

    佐藤優氏がICANと創価の縁を暴露

    天木直人

  10. 10

    「池の水~」はテレ東に合わない

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。