記事

核禁止条約交渉入り決議に日本は反対

一昨日27日に、国連総会第一委員会(軍縮)は、核兵器を法的に禁止する「核兵器禁止条約」について、来年から交渉を始める、という決議を、123ヶ国の賛成多数で採択しました。

米ロ英仏などの核保有国やアメリカの核の傘の下にある日本など38ヶ国が反対し、中国など16ヶ国が棄権しました。

年内に国連総会本会議で採択され、本格的な議論が初めて国連で行われることになりますが、アメリカなどは不参加を表明していて、実効性を問われる可能性もある、と報じられています。

決議は、メキシコやオーストリアなど、核兵器の非人道性を訴える国々が提案し、推進してきました。

アメリカの核の傘に守られている、とはいえ、唯一の被爆国である日本が反対したことは、納得できませんし、厳しく問われることだと思います。

決議をめぐっては、核保有国と非核国との間に深刻な溝が生まれた、といわれていて、岸田外務大臣は、交渉には積極的に参加する意向を示し、唯一の被爆国としてしっかり主張していきたい、と語っていますが、具体策ははっきりしていません。

アメリカは、核抑止力に基づいた国際安全保障のバランスが崩れるとして、激しく反対し、同盟関係にある国々に反対を呼び掛けた、とのこと。

でも、せめて反対ではなく棄権、ということは、できなかったのでしょうか。

日本は、条約が核保有国を包囲するものになるよう、核保有国を交渉の場に参加させ、非核国との溝を埋めることに、積極的な役割を果たしていくべきだと思います。

あわせて読みたい

「核兵器」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK契約義務なら相応の番組作れ

    中田宏

  2. 2

    子宮頸がんワクチン 男も接種を

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    よしのり氏「グッディ!」を評価

    小林よしのり

  4. 4

    「日本が中国に完敗した」は暴論

    文春オンライン

  5. 5

    現実見ない「中国スゴイ」に苦言

    文春オンライン

  6. 6

    トイレ行列増加の原因は働き方か

    山本直人

  7. 7

    中国人カキ殻100t投棄 どう対策

    高橋亮平

  8. 8

    PEZY関連財団は元TBS山口氏実家

    田中龍作

  9. 9

    貴乃花の妻 女将からは評判最悪

    女性自身

  10. 10

    トヨタとパナ社長が共同会見へ

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。