記事

なぜ、アメリカのメディアはトランプが嫌いなのか?

アメリカ大統領選の行方から目が離せない。共和党候補のドナルド・トランプは、はじめは泡沫候補と見られていた。ところが「ニューヨーク・タイムズ」紙が、彼の数々の「暴言」を取り上げたことなどをきっかけに、急速に注目されるようになる。

「すべてのイスラム教徒のアメリカ入国を拒否すべき」「メキシコとの国境に壁を築き、その費用をメキシコ側に出させる」などなど、彼のとんでもない発言は、現状に不満を抱く一部の国民にとっては、一種、快感を覚えるものだったようだ。物議を醸しながらもトランプの人気は上昇し、ついに共和党候補に選出されてしまった。

現地時間10月19日、トランプは、民主党候補ヒラリー・クリントンとの3回めの討論に臨んだ。ところが、「ワシントン・ポスト」紙が、11年前の女性蔑視発言を報道した。これが、そうとうヒワいな、致命的とも言える、ひどい内容だったようだ。トランプは、「これはロッカールームの話」と弁明した。だが、たとえ「ロッカールームの話」でも報道するのが、アメリカメディアだ。ここが日米の違いだなと感じた。

いずれにしても、この報道が多くの国民の怒りを買い、トランプの支持率は低下した。共和党のライアン下院議長は、トランプの選挙運動をしないとまで発言している。党内も分裂してしまっているのだ。

「トランプ現象」の背景には、現状維持を好むメディアの習性があると僕は思う。トランプは、日本や韓国から軍隊を引き上げる、などと発言している。つまり、アメリカは「世界の警察」を辞め、自国のことを第一にという、「アメリカ・ファースト」にしようというのだ。この大転換に対して、アメリカメディアは拒絶反応を示している、と僕は思うのだ。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    北朝鮮は米空母に手も足も出ない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  2. 2

    軍部で金正恩氏を嘲笑する風潮?

    高英起

  3. 3

    格安SIM「FREETEL」に行政指導

    S-MAX

  4. 4

    Amazonで大「中華詐欺」が勃発中

    永江一石

  5. 5

    創価学会と公明の荒れた内部事情

    週刊金曜日編集部

  6. 6

    Amazonで詐欺を回避する方法

    S-MAX

  7. 7

    今村氏後任の吉野氏は"超"真面目

    早川忠孝

  8. 8

    参考人招致は実のある議論だった

    小林よしのり

  9. 9

    二階氏発言が示した自民のゆるみ

    大串博志

  10. 10

    なぜ日本のニュースは媚びるのか

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。