記事

人口増で最もホットなのは福岡市

2015年の国勢調査で、はじめて日本人の人口が減少に転じましたが、2010年との比較で人口が増加した都道府県は8ヶ所にとどまり、関東以外は、愛知、沖縄、福岡、滋賀の4県だけでした。いまだに、東京圏(東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県)の人口は この5年間で 51 万人の増加で、日本の一極集中の流れはいまだに止まっていません。

しかし、面白い現象が起こっています。市別で見ると790市のうち、増加したのは191市ですが、その筆頭はなんと福岡市でした。この5年で74,938人が増加し、第2位川崎市の49,701人を25,000人以上上回っています。大阪府は人口が減少に転じていますが、大阪市と吹田市は人口が増加した上位10市にはいっています。ちなみに大阪は南北格差を抱えており、人口でも北部は増加、南部は減少しています。あきらかに産業構造が違うことが原因でしょう。

 2015年調査2010年組替増減数(人)増減率(%)
福岡市1,538,6811,463,74374,9385.120
川崎市1,475,2131,425,51249,7013.487
さいたま市1,263,9791,222,43441,5453.399
札幌市1,952,3561,913,54538,8112.028
仙台市1,082,1591,045,98636,1733.458
横浜市3,724,8443,688,77336,0710.978
名古屋市2,295,6382,263,89431,7441.402
大阪市2,691,1852,665,31425,8710.971
広島市1,194,0341,173,84320,1911.720
吹田市374,468355,79818,6705.247


福岡市の人口増加もそうです。サービス業、とくにソフトウェアの会社が拠点を置くようになってきた結果ですし、人口が増加した市はサービス産業の比率が比較的高いところです。

ちなみに、政府は「働き方革命」を進めようとしていますが、女性、ワークライフバランス、生産性などのキーワードとともに、今後重要になってくるのが、暮らしの質ではないでしょうか。創造力を高め、生産性をあげていくためには生活にゆとりが必要になってきます。

しかし、一極集中した首都圏では、住宅費や生活費が高すぎること、また待機児童の問題など、暮らしの質の向上という点では、もう限界に近づいてきているように感じます。

J-CASTニュースがこの福岡市の人口増を取り上げる記事を載せていますが、 福岡にかぎらず、東京圏と比べると通勤時間が短く、家賃も安いのです。「2LK〜3LDK(50〜60平方メートル)で徒歩10分以内の場合、渋谷駅から東急田園都市線で20分の二子新地駅では13万6000円が相場だが、福岡都心の天神駅から地下鉄とJR筑肥線で同程度の時間がかかる下山門(しもやまと)駅では7万円。東京の6割の水準」(J−CASTニュース)だそうです。東京で少々所得が高くともこういった格差を埋めることはできません。

福岡市、年に1万人の人口増 若者「移住」相次ぐ理由 : J-CASTニュース : 

東京圏に住み慣れてしまえば慣れてしまうのでしょうが、経済的にも損をしてしまっているのです。おなじ仕事、同じ所得であれば、東京にいては不利です。金融などは東京への集中を避けることは難しいかもしれませんが、新しい産業なら、営業以外はは東京圏にいる必要がありません。地方の都市に拠点を移していく政策を取れば、日本の経済の伸びしろがまた増えてくるのではないでしょうか。

あわせて読みたい

「人口問題」の記事一覧へ

トピックス

議論豊洲市場と築地市場:「食の安全」に関わるリスクが低いのはどちら?

ランキング

  1. 1

    "尖閣問題"嘘教える教科書の意義

    三田次郎

  2. 2

    森友学園 首相は本当に無関係か

    小林よしのり

  3. 3

    "普段着でお越し下さい"の正解は

    シェアーズカフェ・オンライン

  4. 4

    メンタル崩壊 清水富美加の才能

    松田健次

  5. 5

    兄殺害後に見せた"怖い顔"

    高英起

  6. 6

    パチンコ業界識者の発言に唖然

    木曽崇

  7. 7

    プレミアムフライデーは意味ない

    小林よしのり

  8. 8

    タバコは非合法化し農家に補償を

    メディアゴン

  9. 9

    待機児童 なぜ解決できないのか

    駒崎弘樹

  10. 10

    "戦闘機値下げ"総理は注意すべき

    近藤駿介

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。