記事

米大統領選前の駆け込み需要? 2015年の対米直接投資は倍増

Foreign Investors Rushed To U.S. Before The Presidential Election.

共和党のトランプ候補は、グローバリゼーションの煽りを受け米国が失速したと指摘してきました。しかし蓋を開けてみれば、海外は米国への投資を加速させていたのです。

国際投資機関(OII)によると、2015年の対米直接投資は3,530億ドルと2014年からほぼ倍増し過去10年間で最高を記録しました。まるで、新しい米大統領が誕生する前の駆け込み需要が加速したかのようです。累計では3.1兆ドルに達しました。

累計を国別でみると、以下の通り。気になる中国は圏外ながら207.65億ドルと、過去5年間で最高でした。

fdi
(作成:OIIよりMy Big Apple NY、単位は億ドル)

セクター別では、断トツで製造業がトップでした。2015年は1兆2,230億ドルと、2010年から62%も急増しています。米国の製造業はグローバル化以外にオートメーションが進み、構造の変化が現れているというのに、実は直接投資で最も恩恵を受けていたというわけですね。次いで金融・保険、卸売が入りました。

累計のセクター別は、以下の通り。

fdi2
(作成:OIIよりMy Big Apple NY、単位は億ドル)

米国の消費文化をはじめオープン性、イノベーションを受容する文化などが背景となっているのでしょう。逆に新しい米大統領が規制を強化すれば、直接投資が細るリスクは否定できません。

海外直接投資の世界全体のシェアをみてみましょう。

fdi3
(出所:OII)

世界に占めるGDPの割合で開発途上国のシェアが高まるように、海外直接投資(FDI)でも目覚ましい台頭をみせました。反対に米国はシェアの低下が著しい。米国は2010年の37%から2015年に22%へ落ち込んだ一方で、開発途上国は22%から34%へ拡大しています。欧州連合(EU)が31%で変わらない事情を踏まえれば、米国の内向き思考すら感じられますね。

あわせて読みたい

「アメリカ大統領選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  2. 2

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  3. 3

    iPhone iOS更新で使える11の裏技

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  4. 4

    「米は北攻撃できない」は本当か

    自由人

  5. 5

    松本人志マッチョ化は典型的変節

    文春オンライン

  6. 6

    女性用下着店にいる男性に賛否

    キャリコネニュース

  7. 7

    北朝鮮「米本土到達は不可避」

    ロイター

  8. 8

    「脱デフレは幻想」イオンが証明

    近藤駿介

  9. 9

    中国国境に接する北は崩壊しない

    Chikirin

  10. 10

    正恩氏声明でトランプ氏へ怨み節

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。