記事

お金を払って買う天気予報の中身とは? - 中西 享 (経済ジャーナリスト)

1/2

 大地震、巨大台風などこれまでの経験ではとらえられないような異常気象の多発を受けて、法人から個人の健康管理にまで気象情報を新しいビジネスに展開しようという動きが広がってきている。民間の気象情報提供会社のウェザーニューズ(WNI)によると、本来業務である天気予報の情報提供だけに留まらず、海外で試合を行うオリンピック選手への試合に勝利するための気象情報サポートを開始し、来年1月頃には海運会社への北極海の氷の情報提供を始める。また同業のライフビジネスウェザーは、気象情報に顧客行動などの情報を加えたものをビッグデータとして加工処理して、買い物客の購買意欲を指数化したデータを提供するなど、少しでも売り上げ増加に役立てようとしている。

ラグビーで大きな成果


雨の日はスローイングが短いプレーを選択する

 WNIはスポーツ分野での情報提供として、夏の高校野球など運営団体へは20年以上前から行ってきた。だが、選手やチームへの情報提供は、ラグビーから始まった。提供先が運営団体と選手とではサポート内容が全く異なり、選手の方はパフォーマンスを上げるため、コンディションを最高に持っていけるよう緻密で細かい時間単位の情報が必要になるという。

 日本ラグビーフットボール協会で日本代表チームの分析を長年担当している中島正太さんは「日本代表チームの監督にエディ・ジョーンズ氏が就任した2012年4月から、これまで以上にデータを重視するようになり、気象データも活用するようになった」と話す。その成果を証明したのが、15年9月15日に英国で開催されたラグビーワールドカップ(W杯)。日本は初戦に優勝候補の南アフリカを試合終了間際の逆転トライにより「34-32」で破る「ラグビー史上最大の番狂わせ」を起こした。

 この試合に向けて、WNIは一週間前から日本代表チームに対して正確な気象予報を提供し続けた。ラグビーは試合当日が雨か晴れか、風の強さや向きによりキックを使うか、パスでボールをつなぐかなど、戦い方が大きく異なる。試合時間帯の気象条件が予め分かれば、練習では天候に応じた戦術に絞ることができ、スタッドの長いスパイクを着用し、ボールを石鹸水で濡らし、手が滑りやすい状況に対応できるよう、練習することもできる。

 代表チームは10日ほど前に試合会場となるブライトンに入ったが、低気圧の影響で荒天が続いていた。しかし、南アフリカ戦の試合時間帯の予報は「晴れ」で、雨の心配はなかった。このおかげで、選手たちは雨対策を考えなくてよく、心理的に不安に感じることもなく、試合に集中できた。また現地は海が近く、風が強く風向きの変化も大きかったが、WNIはスタジアム内では「風の影響が少ない」と分析し、的中させた。 

雨対策で作戦変更

 リオ五輪にはWNIは5人の社員を現地に派遣した。これほどのスタッフを派遣したのは初めてのことで、ラグビー、トライアスロン、ホッケー、セーリングなど7競技のサポートを行った。

 リオで開催された7人制ラグビーの場合、15人制ラグビーよりも試合時間が短く、1日に2試合もあるため、よりタイムリーな情報提供が求められる。天気予報により準備する戦術の選択肢を狭めることができ、効率的な試合運びにつながる。リオでは毎時間ごとにきめ細かい情報を提供し、直前予報は100%的中したという。

 フランス戦は予想通りの雨の中の試合となった。事前に雨と分かっていたので、10あるサインプレーの中から3つを外して、7つのサインプレーだけに変更、選手のストレスを減らすことができた。また、雨だとボールが滑りやすいので、パスを減らして極力走ってゲームを組み立てる戦術を採用した。フランスチームは後半には体力が落ちるとみていたので、走る戦法が当たって試合終了直前の逆転勝ちを収めることができたという。事前の周到な雨対策と相手チームの分析が功を奏した結果だった。こうしたサポートもあって、ニュージーランドに勝利する大金星を挙げ、メダルには届かなかったがフランスにも勝つ成績を収めた。

真価が問われる東京オリンピック

 リーダーとして現地に行った浅田佳津雄さんは「リオに行ったのは東京五輪のためで、サポートする上で何が足りないか、どの観測精度を上げなければならないかが分かったので、東京で生かしたい」と指摘する。

 東京五輪の1年前の19年にはラグビーのワールドカップ東京大会が控えている。浅田さんは「ブラジルと東京の大きな違いは、日本の夏はゲリラ豪雨、熱中症、台風などいろいろな要素が入り混じるので、予想の難易度が上がることだ」という。それだけに、東京五輪より1年前の19年に開催される日本でのラグビーW杯でWNIの情報提供の精度が試され、東京五輪で最終的な真価が問われることになる。

 今後に向けては「大きな国際大会で気象情報を提供するのは社会的な義務であり、ビジネスは二の次だ。東京をきっかけにしてスポーツをする際には気象データを活用するのは当たり前のようにしたい。それが結果的にスポーツビジネスにつながる」と先を見据えている。

 マリンスポーツでは、今回のリオ五輪にも活かされて、ヨット、セーリングなどマリン関連の競技も幅広くサポートした。潮流の流れ、風向きなどが試合の勝敗を決定的に左右する要因になるため、情報提供を受けた競技団体からはどこも高く評価された。これまでのいくつかのスポーツ競技団体への情報提供は無料で行われているが、より試合の成果に直結する正確でリアルタイムの予報ができるようになれば、WNIとしてはビジネスにもつなげていきたい狙いがある。

 近年、気象データを蓄積して活用していく動きがあるが、まだ活用しきれていないのが実情だ。雨、風、気温、湿度などの気象データをそれぞれの競技や選手のコンディション作りなどにどのように活かしていくか、未知の分野になっている。それだけにこの分野の責任者の浅田さんは「これからは試合に勝つための情報を提供していきたい」と意気込んでいる。

情報の格差

 ラグビーではすでにすべての選手の試合中の動きがGPSを使って測定できるカードが背中にセットしてある。これにより、試合中の走行距離、瞬発的なトップスピード、スタミナの落ち具合など、あらゆる選手個人のデータが記録され、これが試合の戦術、選手起用に活かされている。近い将来にはこうして蓄積されたデータがいま流行のAI(人工知能)の最新技術を使って分析され、選手起用などに活かされることになりそうで、スポーツの世界では気象データを含めた情報武装は当たり前になりそうだ。

 ただ、お金のある国、競技団体だけがこうしたデータの恩恵に浴して、お金のない所は受けられないようになると、情報格差問題が出てくる。プロスポーツの場合はある程度仕方ないが、アマチュアスポーツでこの問題が浮上してくるとスポーツの醍醐味が薄れることになる。このため、WNIは「こうした気象情報は皆さんに使ってもらえるストーリーを描くことに意義があるのではないか」とみており、有料と無料の気象情報サービスをどこで線引きするかも課題になってきそうだ。

北極海の氷を衛星で観測

 このほかWNIは、来年1月頃にロシアから打ち上げられる予定のロケットに積み込まれた衛星(WNISAT-1R)を使って北極海の氷の状況を細かく(数百㍍単位の解像度)観察し、氷の分布など高精度の情報を、北極海航路を運航する海運会社に提供しようとしている。これにより、海氷との衝突によって船体損傷の危険性がある北極海航路をより安全に航行できるという。現在、同航路はすでにいくつかの海運会社が運航しているが、冬季以外でも氷のリスクがつきまとうため、安定的な輸送には必ずしもなっていないという。

 海運会社によると、アジアから欧州に荷物を運ぶには、スエズ運河を通るか、南アフリカの先の喜望峰を回るかしかない。これに冬を除く期間中の北極航路が加われば3つの航路になるため、航路の選択肢が広がる。しかも、北極航路の長さはスエズ運河を通るのより3割ほど短いため、ロシア側に北極海の通行料や先導する砕氷船の費用を払ったとしても輸送コストを節約できるという。

 WNIから北極海航路支援に関する提供を受けるのは欧州やアジアの海運会社で、日本の会社は入っていない。日本の海運会社としては、北極航路はまだ安全性が確立してないためリスクがあるとみており、状況を注視している状況だ。

あわせて読みたい

「ウェザーニューズ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    定年後は蕎麦打ち職人になるな

    内藤忍

  3. 3

    海老蔵と麻耶 歌舞伎界の非常識

    NEWSポストセブン

  4. 4

    今度こそ北朝鮮の崩壊は秒読みか

    自由人

  5. 5

    豊田議員あと一歩で逃げ切り逃す

    文化通信特報版

  6. 6

    金正恩氏が米国への本音を吐露か

    高英起

  7. 7

    「部落差別を語るな」は間違い

    SYNODOS

  8. 8

    安室引退「体力の限界」が要因か

    渡邉裕二

  9. 9

    安倍首相の目的は権力の延命だけ

    小林よしのり

  10. 10

    老後の同窓会は成功者しか来ない

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。