記事

1.3億人のメディア帝国狙うAT&T タイムワーナー9兆円買収の吉凶

米通信大手AT&Tによるタイムワーナーの買収が、854億ドル(約8兆9,000億円)という桁外れな買収額で注目を集めている。この買収は大手通信企業とメディア企業の融合という新たな流れを象徴するものだ。

AT&Tやベライゾン等の企業はここ数年、通信インフラという「土管ビジネス」から脱出する動きを進めてきた。通信インフラ事業がコモディティ化する一方で、フェイスブックやグーグル等のテック企業は数十億ドルを投じ、独自の通信インフラを整備する動きも進めている。

ここ十年ほどで、ケーブル事業者のコムキャストはNBCユニバーサルを買収し、ベライゾンはAOLやヤフーを買収。AT&Tは昨年、ディレクTVを買収していた。

ここから見えてくるのは通信事業者が、コンテンツを配信するだけでなく、その流れの全てをコントロールしたいという欲望だ。背景には、消費者がこれまで以上にコンテンツの消費額を増やしていることが挙げられる。

デジタルコンテンツへの支出額は2017年には1,800億ドル(約18.7兆円)に達すると見込まれる。これは2016年の1,400億ドルから30%の上昇だ(ジュピターリサーチのデータ)。

成長の主要因は既存のテレビの課金チャンネルではなく、ネットフリックスやHulu、アマゾンプライムのようなストリーミングサービスだ。視聴者らが既存のテレビを捨て去り、デジタルメインの視聴に移行する流れの中で、AT&Tもその流れに乗りたい意向がある。

脱「土管ビジネス」狙うAT&T

AT&Tは今年、スマホからも視聴可能なサブスクリプション型のTVサービス「フルスクリーン」を立ち上げた。ベライゾンも今年9月、同種のサービス「G090」を設立。コムキャストも同時期にミレニアル世代をターゲットにした「ワッチャブル」を始動させた。

今回の買収によりタイムワーナーの膨大なコンテンツをAT&Tは手に入れる。CNNを筆頭にHBOのゲーム・オブ・スローンズ、カートゥーンネットワーク、NBA TV、映画「ハリー・ポッター」を生んだワーナー・ブラザーズ等を手に入れることになる。「ハリー・ポッター」は劇場収入のみで77億ドル(約8,000億円)を生み、さらに20億ドルを家庭エンタテイメント分野で創出した。


消費者メリットには疑問も

1億3,200万人の加入者を誇るAT&Tは今後、これらのタイトルを顧客らに独占コンテンツとして提供することが可能になる。

しかし、今回の買収が本当に成功をもたらすかどうかには疑問も残る。合併が果たして消費者のためになるものかどうかは、現時点では定かではない。また、規制当局が認可するかどうかも不透明で、少なくとも何らかの条件が課される可能性が高い。

今回の買収に関し、アル・フランケン上院議員は次のように述べた。「このような巨大企業同士の合併がうまくいくかどうか、懐疑的に見ています。消費者側にとっては選択肢が減って、料金の値上げやサービスの低下がもたらされるかもしれません」

過去を振り返ればタイムワーナーは合併で苦渋をなめた歴史がある。2000年当時、インターネットプロバイダとして急成長を遂げたAOLは1,600億ドルでタイムワーナーを買収した。しかし、この合併は失敗に終わり、結局2010年には2社は分離することになった。

また、コンテンツ業界は成長を遂げる一方、競争の激化も進行中だ。アップルも昨年からストリーミングTVへの進出を強化しており、一時はタイムワーナーと提携の話を進めているとの報道も流れた。

成長率の減速が伝えられたネットフリックスは先日の決算で、今年第3四半期で357万人の新規顧客の獲得を発表し、その不安を打ち消した。同社は独自コンテンツ制作予算を20%増加させ、2017年は60億ドルを支出すると発表した。

買収が正式に認可されたならば、AT&Tは「土管事業者」としての任務を終え、巨大メディア帝国としての歩みを始めることになる。競争が激化し、ダイナミックな変動を続けるこの分野で、この買収が成功と呼べるものになるかどうかは、今後のAT&Tの動きにかかっている。

あわせて読みたい

「AT&T」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国の都合に合わせるのはやめよ

    深谷隆司

  2. 2

    未だにコンビニ現金払いはバカ?

    Hayato Ikeda

  3. 3

    安倍首相 広島長崎で手抜き挨拶

    NEWSポストセブン

  4. 4

    読売1面「首相3選望まず」の衝撃

    NEWSポストセブン

  5. 5

    戦争を招くウーマン村本の価値観

    自由人

  6. 6

    高校野球「無気力」采配の真相

    NEWSポストセブン

  7. 7

    小池氏に半生を狂わされた人たち

    文春オンライン

  8. 8

    常識に縛られると思考は停止する

    ニャート

  9. 9

    高齢者が支配する老人ホーム日本

    ヒロ

  10. 10

    「原爆の日」に感じた違和感

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。