記事

ゴーンさん、1000万台へ“足場固め”は順調か

日産自動車は今日、横須賀市にある追浜工場で「ノート e‐POWER」のオフライン式を行いました。これは、いったい何を意味するのでしょうか。

「ノート」はもともと、輸出向けモデルを多く生産する九州工場で生産していましたが、フル稼働状態のため、一部改良を機に、追浜工場に移管しました。「e-POWER」とは、日産の新しいハイブリッドシステムの名称なんですね。

pa241571
※オフライン式で声をあげるCEOのカルロス・ゴーンさん(前列右から2人目)

ポイントを二つ指摘してみましょう。
まず、「ノート e‐POWER」は、低迷が続く国内市場の起爆剤となるかどうか。

「ノート e‐POWER」は、セグメント最高となる37.2km/ℓ(JC08モード)の燃費を誇るといいます。式典で、日産CEOのカルロス・ゴーンさんは、約1000人の従業員を前に、日本語で挨拶をしました。
「ここ追浜で6年前に量産をはじめた『日産リーフ』は、いまや世界でもっとも売れているEVとなりました。『ノート』は軽快な走りと燃費効率を実現する革新的な新技術『e-POWAR』を搭載することで、国内販売に大きく寄与することでしょう」

報道されているように、日産は先だって、三菱自動車を買収しましたよね。
ゴーンさんは三菱自動車の会長に就任する予定で、日産は、ゴーンさんと西川廣人さんのダブルCEO体制になる予定です。
ゴーンさんは、それだけ三菱自動車の再建に注力したいということでしょうが、そのためにも、“足場固め”は欠かせません。「ノート e‐POWER」に期待がかかります。

もう一つは、日産の環境技術戦略の行方です。

力を入れてきたEVではなく、ハイブリッド車を投入することについて、囲み取材の席で、ゴーンさんは、記者の質問に答えて、次のように話しました。

「環境技術戦略は、さまざまあります。日産はEVに力を入れていますが、プラグインハイブリッドをやらないわけではありません。アライアンスによって“面積”と“台数”があれば、さまざまな技術で戦える。1000万台あれば、すべての技術で戦えるということなんです。電気自動車、ハイブリッド、プラグインハイブリッド、クリーンディーゼル、内燃機関のダウンサイジング、ターボなどなど、全部ができるようになる。それだけ“面積”があるからです」

pa241599
※記者の質問に答えるゴーンさん

ルノー・日産アライアンスは、日産の三菱自動車買収によって、世界販売台数1000万台を射程距離にとらえましたが、それを踏まえた発言ですよね。
アライアンスによるシナジー効果について、日産は、購買、開発、プラットホームや先行技術の採用などをあげています。環境技術に対しても、規模があれば可能性を広げられるということですよね。

pa241602
※「ノート e-Power」

三菱自動車の改革、さらにルノー・日産アライアンスで世界販売台数1000万台を達成するために、国内市場で安定して稼ぐことが必要です。
その意味で、「ノートe-POWER」は、日産の今後を占う試金石となるでしょうね。

あわせて読みたい

「日産自動車」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    議員秘書が明かす蓮舫氏の悪評

    fujipon

  2. 2

    姜尚中氏語る「戦争回避」の道筋

    亀松太郎

  3. 3

    「米軍に勝てない」北幹部が動揺

    高英起

  4. 4

    パチンコ団体の無茶な主張に呆れ

    宇佐美典也

  5. 5

    総選挙は橋下氏出馬次第で変わる

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  6. 6

    O157トング犯人扱いはとばっちり

    山崎 毅/ドクターK(食の安全・安心)

  7. 7

    北の核 東京直撃なら死者85万人

    文春オンライン

  8. 8

    都民ファ議員 週刊誌報道に反論

    斉藤れいな

  9. 9

    小林麻耶が海老蔵の家を出た事情

    NEWSポストセブン

  10. 10

    橋下氏「北対策はヤクザに聞け」

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。