記事

ドキュメント 悠々自適な生活保護ライフ

大高志帆=文

生活保護費は国民年金よりも高い。その事実をどう考えればいいのか。今回は、理論上可能な生活保護受給までのプロセスを小説仕立てでお届けする。なお、生活保護の受給を勧めるものではない。

私は内田茂夫、60歳。

今、私は地中海の国々を豪華客船でめぐる旅の真っ最中だ。客はみな裕福そうな老人ばかりで、少しだが日本人もいる。船内では夜ごとパーティが開かれ、頼めばいくらでもうまい酒が出てくる。飽きればカジノでひと勝負。夢中になりすぎて気づけば朝……という日もあった。そうやって暇をつぶしていると、港に着く。するとそこには、見たこともないような美しい光景が待っている。もちろん、美しい女もいる。その女をどうするかは、自分次第だ。

私はデッキで酒を飲みながら、1年前の自分を思い出していた。

「生活保護を受けよう」還暦直前の決心

当時59歳の私は、とにかく落ち込んでいた。自営業なので定年もないが、細々と続けてきた小さな広告代理店は、ここ数年ほとんど開店休業状態だ。おかげで鬱気味になり、心療内科に通ったこともある。この状況で働き続けたところで、先は見えている。

「そうだ、60歳を私の人生の定年にしよう」

突然わいてきたこの思い付きに、私の心は久しぶりに躍った。仕事を辞めたら、旅行をして、好きな酒を飲んで……。あと1年だけだと思えば、仕事も少しは頑張れるかもしれない。

しかし、すぐに希望は絶たれた。一応払い続けてきたものの、私のような自営業者が国民年金でもらえる金額は微々たるものだ。夫婦2人合わせても大した額にはならない。そして、いくら私が「定年だ」と勝手に宣言したところで、年金の支給は65歳まではじまらない。繰り上げ受給することもできるが、そんなことをすればさらに金額はわずかなものになってしまう。となれば貯金を取り崩して生活することになるが、残念ながら「死ぬまで安泰だ」と言える額の蓄えはない。

私の財産は、現金1000万円と3LDKの中古マンション。そしてわずかな株と保険。両親は兄夫婦と同居しているため、介護の心配がない代わりに、遺産も期待できない。65歳までどうにかして働き、わずかな年金をもらいながら寿命いっぱい食いつなぐ人生が続くなんて、絶望的だ。

テレビで特集される「下流老人」を他人事のように眺めていたが、よくよく人生を棚卸ししてみれば、まさに私自身が「下流老人」まっしぐらのルートを辿っていたというわけだ。

私はしばらくの間、現実と向き合えずにいた。

ある日のこと、私は区役所にいた。ほったらかしにしていたマイナンバーの申請手続きを済ませるためだ。そして、衝撃的な光景を目にした。役所で金を受け取っている人がいるのだ。しかも、何人も。見れば、「生活福祉課」となっている。それは生活保護費を受け取る人の列だったのだ。

「国が生活を助けてくれるなんて羨ましいな」

最初はただそれだけの感想だった。生活保護にはどうしてもネガティブなイメージが付きまとう。受給してしまえば、「人生の落伍者」と言われたような気がする。

しかし、日を追うごとに私の考えは変わっていった。生活保護は国が提供するれっきとしたサービスだ。生活に困った人間の最後のセーフティネットだ。これまで私はきちんと税金を納めてきた。それを取り戻すチャンスじゃないか。後ろめたいなんて、とんでもない。捨てなくてはならないのは、なけなしのプライドだけだ。

「60歳になったら生活保護を受けて生活しよう」

私は、老後の生活を生活保護に頼ることに決めた。

調べてみると、生活保護を受給するための条件は思った以上にシンプルだった。国が定める「最低生活費(生活するために最低限必要な費用)」より世帯の収入が低ければ、その差額が生活保護費として支給される。収入がなければ、最低生活費と同額が支給される。

さらに、援助してくれる身内・親類がいないこと。現金はもちろん、家や車などの資産を持っていないこと。病気やケガ、年齢などによって働けないことも重要になってくる。

私の場合、60歳になればまず間違いなく収入はゼロになる。この先私が営業しなければ、今だってほとんどない仕事は必ずゼロになるからだ。妻はもともと働いていないから、今さら働けとは言われないだろう。体調面から考えても、私の鬱状態が悪化すれば、確実に働けなくなる。そして、繰り上げ受給でもらえる数万円の年金額は、もちろん最低生活費に満たない。

次に家族の援助だが、これは義務ではないようだ。つまり、家族に一応「援助してもらえますか?」と聞いてみて、断られればいいだけなのである。そもそも、年老いた両親に私を援助する余裕はない。仲の悪い兄に至っては相談にすら乗ってもらえないだろう。

問題なのは、なけなしの中古マンションと現金だ。これがある限り、私が生活保護を受けることはできない。「すべて使い切ってから来てください」というわけだ。

それなら、使い切ってやろうじゃないか。

その日から、私の生活は180度変わった。

まず私がしたのは、マンションを担保に借りられるだけの金を借りることだった。マンションを売ることも考えたが、私が住む東京都C区は生活保護受給者が少ないことで有名だ。聞くところによれば、受給者の数が少ないほど受給の難易度は下がるらしい。それならば、ここに住み続けるのが得策だと考えたのだ。

次にしたのが豪遊だ。働くことを完全にやめ、生命保険や株なども解約してすべて現金に換えた。フランス、スペイン、イタリア、アメリカ、ギリシャ……行きたかった国という国を旅してまわった。妻のことも誘ってみたが、「馬鹿なこと言わないで」と怒るばかりだ。どんなに説明しても、自業自得で生活保護が受けられるはずがないと言って信じない。

私は1人、毎晩のようにうまい料理を食べ、夜の街に繰り出した。

「内田さんって社長さんなの? お金持ちなんだねー」

娘ほど年の違うキャバ嬢は、高級なシャンパンをあける私を前にご機嫌だ。私がプレゼントしたブランド物のネックレスを身につけ、いつにも増して体を寄せてくる。まさかこの金が生活保護を前提に使われているとは思ってもいないのだろう。

「内田さん、アフターはどこ行く?」
「どうするかな」

今夜こそ、この女を落とせるかもしれない。私はニヤつきながらキャバ嬢の膝に手を置き、酒を飲んだ。

翌朝、家に帰ると家はもぬけの殻だった。妻は私の計画に心底呆れ果て、離婚届を残して出て行ったのだ。

離婚によって、私の資産は一気に半分になった。

貯金ゼロ、借金アリ、それでもダメな理由

不安になり、時々心療内科のお世話になることもあるにはあったが、この1年間はおおむね祭りのように楽しかった。離婚という誤算はあったが、仕方ない。でも、やりたいことはすべてやった。

そして今日、私は区内の福祉事務所にやってきた。貯金は全額使い切り、区内で自宅とは別にアパートを借りた。借金を相殺するために、家を失うことになると予想したからだ。貯金残高は10万円程度を残すのみ。もちろん、収入はない。どこからどう見ても明日の暮らしにも困る状態だ。

日本国憲法25条には「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない」とある。こういう言い方もおかしいが、今の私なら自信を持って生活保護の申請ができる。

しかし、この考えは間違っていた。

「生活保護を受けたいんですけど」

受付でそう伝えると、私より少し年下だろうか。中年の女性職員が応対してくれた。「こちらにどうぞ」。

「生活に困ってるんです」
「わかりました。今、収入はどれくらいありますか?」
「まったくありません」
「まったくない? 働いていないってことですか?」
「小さな広告代理店をやってたんですが、仕事がなくて」

女性職員は小さくため息をつき、何事かを手元のノートに書き込んでいる。

「収入も職もない、と。それでは、資産は何かお持ちですか? 家とか車とか。もしあれば高級時計なんかも」
「家はありますが、借金があるのでそれを返すために売ることになると思います。それで今、区内のアパートに住んでいます」
「アパートの家賃はいくらですか?」
「15万円です」
「わかりました。貯金はありますか?」
「10万円ちょっとですね」
「あら、それくらいはあるんですね。年金はどうですか?」
「国民年金なので、繰り上げ受給すると4万~5万円になるかどうか……」
「手続きはまだなんですね。ご家族には援助を頼まれました?」
「両親は高齢で年金暮らしですし、妻とは離婚しています。兄ともほとんど連絡を取っていない状態で」

女性職員は「なるほどね」というようにノートを眺め、私に向き直った。私としては、このまま即受給できるくらいのつもりだったが、彼女の言い分は違っていた。

「それではまず、年金の繰り上げ受給の申請を行ってください。そして、ご家族にも一度お願いしてください。まだ貯金もあるようですから、対策を取られて、借金の問題をクリアにしてから改めてお越しください」

結果に驚いた私は、すぐにネットで生活保護について調べた。これでは本当に生活に困ってしまう。

そこで発覚した私のミスは、大きく3つ。まず、貯金10万円というのは「貯金がある」と見なされる。どうせ支給が始まるまでに使い切ってしまうのだから、引き出して現金として持っておくべきだった。2つ目のミスは、年金の繰り上げ受給をしていなかったことだ。そして、最大のミスは申請をせずに引き下がってしまったこと。申請権は誰にでもある。審査の結果、生活保護が受けられないことももちろんあるが、それはそれ。申請は何度でもできる。逆に、申請しない限り向こうから助けの手を差し伸べてくることはない。どちらかと言えば、私のように窓口で追い返すことを「裏マニュアル」として推奨している自治体もあるのだという。安易に受給を認めれば、財政は破綻してしまうのだから当然だろう。

数日後、年金の繰り上げ受給の申請を済ませた私は、再度福祉事務所に足を運んだ。言うべきことは完全に調べてある。自宅マンションは借金の返済でなくなること。今住んでいるアパートの家賃は払えないが、引っ越しをする金もないこと。そして、家族に援助を断られたこと。

家族からの援助が受けられないということは、生活保護を受ける際の必須条件ではない。しかし、いかに困っているかを主張するための材料として、一度家族に打診しておくことは重要なのだという。

数日前、私は意を決して数年ぶりに兄に電話をした。

「生活に困っているんだ。離婚して妻もいない。月20万円くらい送ってくれれば、生活保護を受けずにすむのだが」

こう伝えると、「どうしてそんなことに……」としばらく無言になった後、兄は「申し訳ないが、援助はできない。何とか頑張ってくれ」と言った。

それでいい。私も、家族に迷惑をかけたいわけではないのだ。

福祉事務所に入ると、私を見て先日の女性職員は少し驚いたような顔をした。

「どうされました?」
「生活保護の申請に来ました。あのあと、年金の手続きもしましたし、家族に援助も頼んでみましたが、断られてしまいました。たしかに現金は10万円ほどありますが、これは生活保護を受けるまでに必要な金です。早く引っ越しをしないと、このままではホームレスになってしまいます」

「ホームレス」という言葉が効いたのか、いくつかの質問のあと、申請用紙が渡された。そして約2週間後、資産の調査や家庭訪問などの厳正な審査を経て、いよいよ私の生活保護生活がはじまった。

国民年金よりいい生活保護ライフ

生活保護の金額は、住んでいる地域、世帯の人数・構成、それぞれの年齢、各世帯個別の事情(障害の有無・程度・家賃額など)によって決められる。私のように都内で一人暮らしをしている場合、大体13万円程度が「最低生活費」として支給される。昔は男性のほうが家事ができないぶん、支給額が高かったようだが、今はそうでもないらしい。こんなところでも「男女平等」というわけだ。

私は年金を受給しているので、その差額が生活保護費として支給される。新しい家は、区内の都営住宅に決まった。13万円の生活保護費ではそもそも15万円の家賃の家に住むのは不可能だが、仮に10万円であっても住み続けることはできない。生活保護を受ける人間が住んでもいい家賃には、地域ごとに上限があるからだ。その引っ越しに必要な費用などは、月々の生活保護費とは別に支給される。持ち家がある場合、資産価値によってはそのまま住み続けることもできるという。

生活保護のメリットはこれだけではない。生活保護を受けている限り、税金や年金保険料は全面免除。水道料金やNHK受信料、医療費などもタダだ。自治体によっては、交通機関の無料パスがもらえるところもあるらしい。

先日、現役時代の知り合いと酒を飲んだ。ちなみに、生活保護費の範囲であれば、酒を飲むのも自由だ。

彼は、同じような規模の小さな会社をやっていた男だ。いまだに働き続け、仕事のストレスから胃潰瘍を患っているという。

「入院したのか?」と聞くと、「金も時間もないから、そんなことできないよ。騙し騙しやっているんだ」と自嘲気味に笑っていた。可哀想に。実は私も胃にポリープがあったのだが、生活保護を受けてから、余った時間でひと通り体のガタを治すことができた。入院したってタダである。個室は「必要最低限」ではないから大部屋だが、私の資産なら生活保護を受けていなくたって大部屋だっただろう。

これから先、介護を受けるようになっても生活保護なら安心だ。必ず施設に入ることができるし、福祉事務所の人間は必ず受給者と面談をする義務があるから、話し相手にも困らない。わずかな貯金を切り崩しながら国民年金だけで生活するより、生活保護のほうがよほど快適だ。私のようにこの制度の穴に気付く人間が増えたら……日本はどうなってしまうのだろう。

(本稿はすべてフィクションです)

あわせて読みたい

「生活保護」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    デリヘルに素人専門が増えた理由

    PRESIDENT Online

  2. 2

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  3. 3

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  4. 4

    質問力なし 報道のTBSは死んだ

    和田政宗

  5. 5

    消費税の使途変更めぐり解散表明

    BLOGOS編集部

  6. 6

    正恩氏声明が「読めない」と話題

    ロイター

  7. 7

    核放棄で北に6兆円 報道の思惑

    NEWSポストセブン

  8. 8

    共産と協力へ 前原氏は支離滅裂

    和田政宗

  9. 9

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  10. 10

    結婚離れに繋がる男性の雇用格差

    みんなの介護

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。