記事

BMWの考える未来、キーワードは「三角」 - 土方細秩子 (ジャーナリスト)

 ドイツの自動車メーカー、BMWは今年創業100周年となる。それを記念した「NEXT100」と銘打ったイベントを北京、ロンドン、ロサンゼルスで開催したのだが、その内容とはタイトルの通り、これまでの100年を振り返りつつ、これからの100年を見通した乗り物へのBMWなりの答えを示すものだった。

 BMWは1916年、航空機のエンジンを製作するメーカーとして誕生。その後1923年にはバイク、そして27年から車を生産し始めた。現在はBMWモータード(バイク)、BMW、ミニ、ロールスロイスという4つのブランドを持つ総合メーカーだ。

 NEXT100のユニークな点は「オートショーなどと違い、BMW傘下の全てのブランドを一堂に集め、メーカーとしての姿勢を示す」という点。今回のイベントでは4つのブランドそれぞれが考える「未来の乗り物」を形にし、「ネクストビジョン」として紹介した。

 まずはモータード。BMWのバイクは車よりも歴史が古く、アメリカでは白バイにBMWを採用している自治体警察も多い。それだけ技術に安定性があり人気も高いブランドだが、ネクストビジョンはバイクという乗り物のコンセプトそのものを変革する大胆なデザインを披露した。



 写真からも明らかに、このバイクはカーボンフィアバーフレームを使ったモノボディとなっている。しかもボディフレームは「フレックス・フレーム」と呼ばれ、かなりの柔軟性を持つ。カーブを曲がる際にフレームがしなることで、よりスムーズで安全なコーナリングを可能にするという。しかも驚くべきことに、このバイクは「セルフ・バランス」を取ることができる。ボディが傾き転倒の恐れがある場合、バイクのボディそのものが反発して姿勢を立て直すため、走行中の転倒を防ぐことができる。



三角が全体に穿かれたタイヤ

 このバイクのデモビデオでは、ライダーはヘルメットを装着していない。代わりにゴーグルとボディスーツを着用しているが、ビデオの中でライダーはステップに足をかけて立ち上がり、バイクが自らバランスを取って直立を保つ様子が紹介された。ゴーグルはバイクに装着されていないミラーの代わりも果たす。一時グーグルが開発していたグーグル・グラスのように、ゴーグル上にはバックミラーなど周囲を見渡す機能の他、速度などの計器類も表示される。さらにボディスーツにはライダーの心拍数、体調などをモニターする機能もあるという。バイク、ゴーグル、スーツの3つによって「転倒せず、ライダーの体調を常にモニターし、安全な走行ができる」乗り物が実現するという。

 さらにこのバイクのもう一つの秘密は細かな三角が全体に穿かれたタイヤにある。このタイヤは「スマート・タイヤ」と呼ばれ、気温や路面の状態に応じてタイヤの硬さなどが変化する。溝の代わりの三角は、「雪道でもスパイクの代わりとなり安定した走行ができる」工夫なのだという。

 同じ三角が思いがけない機能を果たしているのはBMWのネクストビジョンでも同様だ。シャンパンゴールドのコンセプトカーは未来的なデザインが目を引くが、その一番の特徴はホイールカバーの部分に見られる細かな三角の模様にある。

アライブ・ジオメトリー



 この三角形は「アライブ・ジオメトリー」と呼ばれるものだ。アライブ・ジオメトリーを説明するものとして横に球体が展示されていたが、この球体は三角のパネルを組み合わせて作られたもの。一方から力を加えると、パネル同士がスライドして形を変え、部分的に凹んだり膨らんだりして一つの形を保つ。これがホイール部分に採用されることで、「カーブの際にホイール部分が内側は収縮し、外側は膨らむことで車を傾かせることなく安全にコーナリングが行える」という。



 またフロントウィンドウがスクリーンの役割を果たし、こちらも計器類などの情報が表示される他、例えばナビゲーション、インターネットなど、現在は車内のモニターに表示されているものも全てウィンドウ上に表示される。

 この車には「ブースト」という自分で運転するモードと「イーズ」という自動運転モードが設定されており、タッチパネルでモードを切り替えることができる。ただしブーストモードでもコンパニオンと呼ばれるドライブアシスト機能があり、路上の危険物を避ける、障害物を察知して自動ブレーキをかける、などの安全性をサポートする。

究極のテイラーメイド



 一方、「究極のテイラーメイド」という車のパーソナル化にこだわったのがミニのコンセプトだ。この車には通常のダッシュボードがなく、小さなカメラレンズのようなものがステアリングホイールの横に見られる。これは虹彩認識カメラで、ドライバー個人を特定する。あらかじめ設定しておいたドライバーの好みにより、例えば音楽の選択、車内温度の設定、行き先へのナビゲーションなどが自動的に行われる。

 ミニは現在でも小型車の部類だが、未来のミニはさらに小さい。これは「人口増加と渋滞に対するメーカーとしての返答」なのだという。ミニのネクストビジョンはフルの自動運転モードが設定されている。例えば車を使い、降りれば車は自動的に自宅に戻る。駐車場を求めて苦労する必要がなくなる。車が自分で買い物に行く、あるいはデリバリーを行うことも可能だ。虹彩認識で複数の好みに自動的に合わせられるため、基本的にカーシェアリングを念頭に置いて考えられたコンセプトでもある。

ロールスロイスのコンセプト「立ち上がり、そのままレッドカーペットへ」



 その自動運転をさらに進めたのがロールスロイスのコンセプトだ。実はこの車はロールスロイスが初めて発表するコンセプトカーでもある。ロールスのネクストビジョンにはそもそも「運転席」がない。バーチャル運転手、「エリノア」が搭載されており、オーナーはただ後部座席に座って行き先を告げるだけで良い。



 またこの車は天井とドアが一体化して横開き、という設定だ。つまり立ったまま、かがまずに車に乗り込める。降りるときも同様だ。「立ち上がり、そのままレッドカーペットへ」というのが基本的なコンセプトなのだという。ラゲッジスペースが座席の前の部分に設けられるなど、セレブ生活に便利な機能も搭載されている。

 BMWグループではこれらのコンセプトが実現するのは「2、30年先」だと説明する。オートショーなどで発表されるコンセプトカーは数年後の市販を目的とするが、NEXT 100では文字通り100年先にはどんな車が存在するのかを真剣に考えたものが提示されている。

 「現在様々なメーカーが自動運転の開発を進めており、数年後には実用化の声もある。しかしミニやロールスのコンセプトのような完全自動運転モードを持つ車が実際に市街地を走れるようになるのはまだまだ時間がかかる。自動運転の実現にはかなり高速のインターネットが世界中を網羅する必要があるためだ」という。エンジンも同様で、全てのコンセプトは「ゼロ・エミッション」だが、数十年先にEVが中心となっているのか、あるいは水素エンジンなのか、燃料電池なのか、全く別のものなのか、現時点ではまだ分からない。しかしあらゆる可能性に対応できるコンセプトとして考えられたのが、今回の4つのモデルなのだ。

 NEXT 100の会場では現在の4つのブランドの最新モデルの展示、バイクをVRで楽しむイベント、EVであるi3、i8などの試乗会も行われていた。しかしBMWが今回のイベントで提言したかったのは「2050年には地球の人口は100億人に達し、うち75%が都市部で生活するようになる。そんな時代に人々が求め、環境にも優しく、便利で快適で、なおかつ車を所有する楽しさも与えられる」のはどんな車か、という点だろう。オートショーとは一味違う、少し先を見据えたBMWのアイデアにはメーカーとしての責任感とモノ作りへの真剣な姿勢が感じられた。

あわせて読みたい

「BMW」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  2. 2

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  3. 3

    共産と協力へ 前原氏は支離滅裂

    和田政宗

  4. 4

    正恩氏声明が「読めない」と話題

    ロイター

  5. 5

    核放棄で北に6兆円 報道の思惑

    NEWSポストセブン

  6. 6

    フジ「ENGEI」 古臭い設定の謎

    メディアゴン

  7. 7

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  8. 8

    小池新党は選挙対策「互助会」か

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    iPhone iOS更新で使える11の裏技

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  10. 10

    小池氏が「希望の党」結党を宣言

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。