記事

コーチがエバーコアを起用 バーバリーとの合併を検討中

コーチ(ティッカーシンボル:COH)が投資銀行、エバーコアを起用し、バーバリーとの合併を検討しているそうです。

2

現在は、まだ噂の段階です。

寄付き前気配でコーチは+4.4%、ロンドン市場でバーバリーは+4.76%で取引されています。

コーチの時価総額はちょうど100億ドル、一方、バーバリーはドルに換算して82億ドルですので、たぶん、コーチがバーバリーを買収するというカタチで事業統合することになると思います。

6月23日に英国の国民投票でEU離脱派が勝利して以来、ポンドが安くなっているので、コーチにとってはバーバリーを盗るチャンスというわけです。

コーチは頑丈なハンドバッグ、バーバリーは頑丈なトレンチコートをルーツとしており、長持ちする、クラッシックなデザインが両社のブランドのルーツとなっています。加えて両社とも、低迷期を経た後、いまブランドの再興中です。

その過程で、ブランド・イメージの若返り、ヤング層への訴求を強めています。さらにライセンシング・パートナーやホールセールなどの、ブランドを希釈化する販売経路を絞り込み、自社店舗でのブランド展開を図っている点でも共通しています。

ラグジャリー・ブランドの市場は、たいへん厳しい環境が続いています。ハンドバッグのカテゴリーは、近年、マイケル・コースなどの新しいブランドの参入で、カテゴリー全体が活性化されたのですが、その商機に気が付いたラグジャリー・ブランド各社が雪崩をうつように参入したため、過当競争になり、百貨店における過剰在庫を招来しました。一方、消費者の側に目を転じると中国政府がギャンブルならびに高額商品の消費を抑制する方針を打ち出した事から、香港、マカオ市場におけるラグジャリー・ブランドの売れ行きが鈍りました。また円安を当て込んだ中国から日本に来るインバウンドのブームも一巡しました。それに追い打ちをかけるようにパリでは去年のテロの後遺症でアジアからの旅行客が減少しています。

最後に米国を中心として消費者の消費行動に変化が出ていることも指摘できます。具体的にはショッピング・モールの客足が減っています。これは景気に対する消費者の漠然とした不安ということに加えて、消費者がスマートフォンを通じてラグジャリー・グッズを買うことがだんだん定着してきていることも関係しています。このためラグジャリー・ブランド各社はネット戦略の強化を強いられています。

バーバリーはウェブを通じた訴求に早くから取り組んできました。

コーチは、近年、デザイナーを入れ替え、同社の得意とするサドルバッグなどの伝統を上手く最新のファッションとミックスした商品戦略を打ち出しました。現在はラグジャリー・ブランド各社の中で最もフレッシュなラインナップになっていると思います。

2

1

あわせて読みたい

「ファッション」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    朝日が仏大統領発言でっち上げか

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    内閣改造で消えた小池・野田新党

    PRESIDENT Online

  3. 3

    米国が12月以降に北朝鮮を攻撃か

    高英起

  4. 4

    信用なくてもツキはある安倍首相

    文春オンライン

  5. 5

    議員秘書が明かす蓮舫氏の悪評

    fujipon

  6. 6

    「米軍に勝てない」北幹部が動揺

    高英起

  7. 7

    小林麻耶が海老蔵の家を出た事情

    NEWSポストセブン

  8. 8

    姜尚中氏語る「戦争回避」の道筋

    亀松太郎

  9. 9

    安室奈美恵の引退に衝撃受けるな

    常見陽平

  10. 10

    アラフィフの後悔 1位は「勉強」

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。