記事

2015年度 全国第三セクター鉄道63社 経営動向調査

1/2

 全国の第三セクター鉄道運営会社(以下、三セク鉄道)63社のうち、2015年度(2015年4月~2016年3月期)の経常赤字は半数の35社(構成比55.5%)を占めた。また、利益剰余金がマイナスの累積赤字も40社(同63.4%)と6割に達し、三セク鉄道の厳しい経営環境が明らかになった。

 営業収入額トップは2005年8月開業の「つくばエクスプレス」を運営する首都圏新都市鉄道(本社・東京都台東区)で420億1,100万円だった。2位以下も沿線人口と輸送人員の増加を背景に営業収入を増やした都市型三セク鉄道が上位を占めた。

 一方、旧国鉄転換型の三セク鉄道は31社中、経常赤字が26社(構成比83.8%)と8割を超えて苦戦が鮮明になった。また、半数を越す18社(構成比58.0%)の輸送人員が前年度から減少しており、沿線人口の減少に伴う輸送人員減で慢性的な赤字体質が大きな課題になっている。

  • ※第三セクター鉄道は、地方公共団体と民間事業者との共同出資で設立された法人。国鉄民営化に伴い、旧国鉄から分離された赤字路線などを継承した旧国鉄転換型31社、私鉄や新幹線開通後の路線を転換した12社、大都市圏を中心に開業した都市型三セク鉄道20社の3分類、合計63社を対象に分析した。

  • ※本調査は第1種鉄道事業者及び第2種鉄道事業者を対象とし、鉄道施設の保有のみを行う第3種鉄道事業者、貨物専業の第三セクター鉄道は対象外とした。

  • ※いすみ鉄道(千葉県、旧国鉄転換型)は2015年度決算が未公開、四日市あすなろう鉄道(三重県、私鉄・新幹線転換型)は決算非公開のため対象外とした。

都市型は輸送人員増で増収、旧国鉄転換型は輸送人員減で減収と明暗分ける

 三セク鉄道63社の2015年度の営業収入合計は2,297億700万円(前年度比7.7%増)で、165億8,200万円の増収だった。総輸送人員も8億7,003万6,000人(同8.1%増)と前年度から6,526万4,000人増加した。

 三セク鉄道を3分類すると、最大の営業収入は都市型の1,833億6,100万円(同4.5%増)で、三セク鉄道の営業収入全体の約8割を占めた。これは旧国鉄転換型の約11倍、私鉄・新幹線転換型の約6倍だった。輸送人員でも全体の約9割を占めている。もともと人口の多い都市圏で開業し、沿線開発による人口増を追い風に2015年度は20社中、仙台空港鉄道を除く19社が増収、輸送人員は2015年度実績が未公開の名古屋臨海高速鉄道を除く19社すべてが増加した。

 私鉄・新幹線転換型は営業収入が292億2,000万円(同73.9%増)と、増収率が最も高かった。これは北陸新幹線開業(2015年3月)に伴い誕生した3社(えちごトキめき鉄道、IRいしかわ鉄道、あいの風とやま鉄道)が通年稼働し、輸送人員増で大幅な増収になったことが大きな要因。

 旧国鉄転換型は営業収入171億2,600万円(前年度比18.1%減)、輸送人員4,492万2,000人(同2.8%減)と営業収入、輸送人員ともに減少した。営業キロ数は都市型の4倍にのぼるが、もともと旧国鉄時代から不採算路線として分離された経緯もあり、旧国鉄転換型の多くは過疎化が進む地域を拠点としているため厳しい経営が続いている。

経常損益は前年度比1.5倍増の黒字、累積赤字は全体で2,068億円

 三セク鉄道全体の経常損益の合計は241億4,800万円(前年度比55.0%増)の黒字だった。都市型三セク鉄道(20社)が279億8,200万円(前年度比60.6%増)の黒字だったのに対し、旧国鉄転換型(31社)は21億6,600万円の赤字で前年度(6億8,400万円の赤字)から大幅に赤字額が拡大した。私鉄・新幹線転換型(12社)も16億6,800万円の赤字で前年度(11億5,700万円の赤字)から赤字幅が拡大した。

 一方、利益剰余金の合計は2,068億8,200万円のマイナスとなった。とりわけ、初期投資の負担などから都市型の累積赤字は2,135億4,600万円と突出している。都市型20社のうち8社が100億円以上の累積赤字を抱えており、巨額の累積赤字の解消が課題になっている。

三セク鉄道63社 業績合計

営業収入、輸送人員ともに都市型三セク鉄道がトップ

 営業収入トップは、「つくばエクスプレス」を運営する首都圏新都市鉄道の420億1,100万円(前年度比3.8%増)だった。2005年開業で秋葉原~つくば間58.3kmを結ぶ路線は、沿線開発が進んで輸送人員を伸ばし、開業以来10年連続で増収を達成した。2位の東京臨海高速鉄道(りんかい線)の200億3,000万円に2倍以上の差をつけた。次いで、北総鉄道、東葉高速鉄道、横浜高速鉄道と続き、トップ10社すべてを都市型三セク鉄道が占めた。

 大都市圏でもともと利用者が多いことに加え、東京周辺の宅地開発などで人口増が続く路線が上位を占め、上位10社すべて増収と先行投資負担はあるが営業収入は順調な伸びを見せている。

 輸送人員ランキングも、トップは首都圏新都市鉄道で輸送人員は1億2,315万人だった。上位10社すべてを都市型が占め、営業収入ランキングとほぼ同じ顔ぶれになった。

 営業収入と輸送人員トップの上位10社で、どちらも最も高い伸びを見せたのが大阪高速鉄道(大阪モノレール)だった。伊丹空港を起点に万博記念公園などを通過するが、沿線の大規模商業施設のオープンやインバウンドが輸送人員の増加に寄与した。

 なお、旧国鉄転換型の31社では、愛知環状鉄道が営業収入(41億4,500万円)、輸送人員(1,658万人)ともにトップだった。私鉄・新幹線転換型では、あいの風とやま鉄道が営業収入(57億400万円)、輸送人員(1,477万人)ともにトップだった。

 三セク鉄道63社のうち、増収は43社(構成比68.2%)だった。これを3分類別で見ると旧国鉄転換型(17社、構成比54.8%)、私鉄・新幹線転換型(7社、同58.3%)、都市型(19社、同95.0%)と、ここでも都市型の堅調ぶりがうかがわれた。輸送人員の前年度比では比較可能な61社のうち、増加は40社(同65.5%)だった。旧国鉄転換型(13社、同41.9%)、私鉄・新幹線転換型(8社、同72.7%)、都市型(19社、同100.0%)で、営業収入と同じ傾向がみられた。

三セク鉄道63社 2015年度営業収入ランキング

経常赤字 ワースト10社に旧国鉄転換型が6社

 経常利益ランキングは、営業収入が好調な都市型が上位を占めたが、唯一、10位に私鉄・新幹線転換型のIRいしかわ鉄道がランクインした。北陸新幹線延伸開業で並行在来線の石川県内の区間を継承して開業したもので、初の通年営業で7億4,000万円の経常黒字を達成した。

 経常赤字額が大きかった三セク鉄道では、えちごトキめき鉄道が18億9,300万円で最大だった。これは車庫などの新設設備にかかる減価償却費を計上したことによる。2位の肥薩おれんじ鉄道は九州新幹線の運用開始で発足したが、2014年度(5億4,000万円)に続き連続赤字を計上した。

 経常赤字は63社中、35社(構成比55.5%)と半数を超えた。3分類の比較では、旧国鉄転換型(26社、構成比83.8%)、私鉄・新幹線転換型(6社、同50.0%)がそれぞれ50%以上だったが、都市型(3社、同15.0%)は3社にとどまり対照的となった。旧国鉄転換型はワースト10社に6社がランクインし、厳しい経営実態を露呈した。

三セク鉄道63社 2015年度経常利益ランキング

あわせて読みたい

「第三セクター」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    タモリ「鶴瓶は偽善」盟友に本音

    メディアゴン

  2. 2

    都議のボーナスに1500万円予算増

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    堀江氏を牢獄に送った国家の裁量

    NEWSポストセブン

  4. 4

    貴乃花が相撲協会を拒否するワケ

    PRESIDENT Online

  5. 5

    二階氏の重用は「無口だから」

    NEWSポストセブン

  6. 6

    現役医師が日経の印象操作に苦言

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    在日韓国人「イムジン河」に感銘

    文化通信特報版

  8. 8

    「怒鳴って当然」高齢者の言い訳

    NEWSポストセブン

  9. 9

    詩織さん被害訴え はるな愛号泣

    女性自身

  10. 10

    ミサイル導入への批判は非現実的

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。