記事

小泉進次郎「国や行政ができなかったことをみんなで解決できるよう動いていきましょう」

力強くスピーチをする小泉進次郎氏(撮影:安藤光展)


にっぽんの将来を作る!

小泉進次郎氏、津田大介氏、家入一真氏、柳澤大輔氏、吉田浩一郎氏、持続可能な産業、シンギュラリティ、二宮金次郎、地域活性化。これらの人名や単語の共通点ってわかりますか?

これらのキーワードの共通点は「ソーシャルイノベーション」です。正確にいうと、9月28日から30日に行われた「日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム 2016」(東京・虎ノ門ヒルズ、以下・フォーラム)の登壇者やテーマの一部です。

同時開催している分科会もあったので、すべてをまわることはできませんでしたが3日間の取材をしてきました。30以上の分科会、100名以上の登壇者、3日間の参加者は2,000人を超えたそうで、この手のイベントでは国内最大規模のものとなりました。

今年の4月に「【興味津々】そのイノベーションの種を1億円で一緒に育てませんか?」という今回のイベントに関するインタビュー記事を書かせていただき、そのつながりで今回は本番のイベント取材をさせていただくことになりました。

ざっくりまとめますと、このイベントは「3億円をあげる人をみんなで選ぼうよ、というビジコンを軸にしたソーシャルイノベーションを多角的に学ぶ場」です。結論を言いますと、日本はまだまだこれからで、全然ソーシャルイノベーションが起きる素地はあります。まさにそれを感じることができたイベントでした。

※ソーシャルイノベーション:よりよい社会のために、新しい仕組みを生み出し、変化を引き起こす、そのアイデアと実践

■1日目:にっぽんの将来の主人公

1日目の基調講演は衆議院議員・小泉進次郎氏が行いました。以前からソーシャルセクターとの協働や支援を積極的に行っているのは知っていましたので、妥当な人選ですし、内容ももちろん納得感のあるものでした。

小泉氏は「私が思うソーシャルイノベーターとは、“景色を変えられる人”とか“まわりに何を言われようが信念を貫きやり遂げた人”です。“無価値”なものを“価値あるもの”にすることがイノベーションです。人口減少・少子化は不可避です。後戻りができないのであれば、その中でどうすればやっていけるのかというモデルを見つける必要があります。今後の日本社会では、見たくない社会課題もどんどん出てくるでしょう。でもこの場にいる方々が、国や行政ができなかったことをみんなで解決できるよう動いていきましょう」と話し、一人一人の当事者意識とセクターを超えたつながりの重要性についてスピーチしていました。

同い年(81年生まれ)のオーラとは思えませんでした。僕ら30代の社会企業家ってすごく多いです。僕にとっては小泉氏もソーシャルイノベーターに近い人だと思うけど。

■2日目:ソーシャルイノベーションの現場

スパコン開発からシンギュラリティを支える齋藤元章氏(撮影:安藤光展)
今回は10以上の分科会に顔を出して、本当にそれぞれ興味深いセッションだったのですが、ここではあえて以下の2つのセッションを細かく紹介したいと思います。

◯未来そのものであるシンギュラリティ
シンギュラリティ(技術的特異点)とは、テクノロジーが急速に進化して社会へ甚大な影響を与える不可逆的な事象のことです。僕的に解釈すれば“SF世界が現実となる社会”ですかね。ビジネスパーソンであれば今年よく聞いた単語のひとつでしょう。今回のセッションでは「収穫加速の法則」の話がメインでした。要は“指数関数的に物事は進化する”ということです。

結論としては、テクノロジーの進化(AIの普及など)は止まらないし、シンギュラリティが福祉などのセクターに波及したら多くの社会問題は解決できる、という感じです。ちなみにテクノロジーの進化(スパコンの発達など)ができると以下のようなことが起きるらしいといわれています。

・資源エネルギーがフリーになる
・資源問題が様々な手法で解決される
・すべての生産性が一気にあがる
・次世代植物工場により食料がフリーになる
・高齢者/障害者という概念がなくなる
・医療の概念が変わる

前特異点(プレ・シンギュラリティ)はスパコンから始まるらしく、スパコンの開発が進むだけで上記のことが本当に起きるのか未だ腹落ちしてないのですが、話を聞く限り2030?2045年には確実に起きるらしいです。ピーター・ドラッカー風にいえば「すでに起こった未来」ですね。“風が吹けば桶屋が儲かる”を地で行くような話ですが、たしかに社会課題や福祉はテクノロジーで解決できそうです。

人類は“近視という病気”をメガネやコンタクトレンズというテクノロジー(ツール)で解決しました。四肢のハンディは義手・義足・車椅子というテクノロジーで解決しました。同じように、現在解決できていない肉体的・精神的ハンディを解決できるものが発見される可能性も非常に高いです。まさに「障害者」って概念がぶっとびます。

左:地域活性化のプロ・木下氏、右:二宮金次郎七代目子孫・中桐氏


◯二宮金次郎
今の若い人はわかりませんが、二宮金次郎(二宮尊徳)を知っているビジネスパーソンは多いでしょう。今回のセッションでは、二宮金次郎・七代目子孫の中桐万里子氏が登壇されてました。 二宮金次郎といえば、江戸後期のまちづくりのプロであって数百の村の地域活性化を成功させた農政学者でもある、というレベルの知識しかなかった僕としては“目から鱗”でした。「二宮金次郎は明治天皇が広げて有名になった」とか「ビッグデータ経営の先駆け」とか。やはり「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」といいますし、特に地方創生・地域活性化あたりに関わる方は二宮金次郎を学んだほうがいいですね。まさに二宮金次郎はソーシャルイノベーターです。

ちなみに、金言でいえば、現代のCSR(企業の社会的責任)にも通じる「経済なき道徳は戯言であり、道徳なき経済は犯罪である」もぜひみなさんにも覚えていただきたいです。

■3日目

賞状を持つ(左)、最優秀賞の岩本氏
3日目はビジコンの集大成として、10人のイノベーターの最終プレゼンテーションがありました。プレゼンは、ジャーナリスト・津田大介氏が常時ツッコミをするという形で進行。プレゼンテーションが終わったところで投票を行い、最終的に“3億円”を獲得したイノベーターが3組決まりました。

2016年は、最優秀賞に岩本悠氏(学校魅力化プラットフォーム共同代表)、優秀賞に河内崇典氏・高亜希氏(Collective for Children共同代表)、林篤志氏(Next Commons Lab代表)の3組が特別ソーシャルイノベーターに選出されました。この3組に対し、日本財団は上限1億円×3年間の事業支援を行う予定、とのことです。

まったく関係ないですが、津田さんが「CSR/企業の社会的責任」という単語を何度も使っていて、知識の幅の広さを感じましたね。CSR支援をする人間としては、よく視点提供をしてくれたと思いました。

この3日間のレポートは「エディトリアルルーム 」でまとめられていますので興味がある方はチェックしてみてください。

■まとめ

“イノベーションとは何か”という質問が本当に様々なセッションで聞いたのですが、僕が一番しっくりきたのは「課題を機会に変えること」かな。ソーシャルイノベーションとは、まさに「社会課題を機会に変えること」なのかもしれません。

他にも様々なセッションで良く出ていたのは「当事者性」です。社会課題は誰かが勝手に解決できるわけではない。できていたら社会問題になっていない。

行政・民間・非営利組織、どのセクターに属していようが、この記事の読者であるあなたも、日本の社会課題の当事者です。そうでない、という人は“見えていない・知らないだけ”です。

ぜひ、自分自身に日本のどんな社会課題が関係するのか、そしてそれにどうかかわっていけばいいのか、以下の本フォーラムのコンテンツを参考にしてみてください。ちなみに、来年もやるみたいなので、3億円が欲しい人は社会を変えるアイディアを今から準備してはいかがでしょうか?

ソーシャルイノベーションフォーラム2016
エディトリアルルーム(詳細レポート)
[ PR企画 / 日本財団 ]

あわせて読みたい

「ブロガーが見たソーシャルイノベーションのいま」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    保育士を見下す堀江氏のさもしさ

    赤木智弘

  2. 2

    2chの賠償金 ひろゆき氏が告白

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    ネトウヨが保守論壇をダメにした

    文春オンライン

  4. 4

    白票・棄権票が持つ大きな意味

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    大混乱を未然に防いだ小池都政

    上山信一

  6. 6

    投票率は? 前回が戦後最低52.66%

    THE PAGE

  7. 7

    売春島と呼ばれた渡鹿野島はいま

    文春オンライン

  8. 8

    辻元氏 米は他国民を救出しない

    辻元清美

  9. 9

    サギ師が使う人の心を操る話し方

    fujipon

  10. 10

    ネトウヨによる保守のビジネス化

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。