記事

2020年東京オリパラ選手村を、スマート・シティーのショールームに!

1/2
【連載第10回】IoT/AIによる「障害者のソーシャル・インクルージョンの実現」を目的に設立された「スマート・インクルージョン研究会」代表の竹村和浩氏による連載第10回。今回は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた、スマート・インクルージョン研究会の具体的なビジョンについて語っていただきました。

記事のポイント

●選手村を日本の先端技術のショールームに
●「社会の自動化」は障害者の視点で
●今こそTRON・OSの復活を!
●日本にとって千載一遇のチャンスを逃すな

前回までの記事はコチラ

【第1回】障害があってもなくても誰もが同じ地平で生きていく―インクルーシヴ社会を理解する
http://biblion.jp/articles/DQ7lr

【第2回】分離からインクルージョンへ! 障害のある子もない子も同じ場で学ぶ教育とは?
http://biblion.jp/articles/tJ5k2

【第3回】障害を持って生まれた娘が教えてくれた、インクルージョンの大切さ
http://biblion.jp/articles/PFWEl

【第4回】“子供より先に死ねない親たち”の思い
http://biblion.jp/articles/H9trE

【第5回】2020年東京オリパラが「AI/IoT×障害=?」の答えとなる理由
http://biblion.jp/articles/26RZn

【第6回】障害×AI/IoT=イノベーション 「障害者」の視点が、日本のスマート技術を飛躍させる!
http://biblion.jp/articles/MRWxP

【第7回】AI(人工知能)は、障害者支援の夢を見るか?
http://biblion.jp/articles/vqy2n

【第8回】日本はスーパーコンピューターで世界トップの座につけるのか?
http://biblion.jp/articles/oJEiE

【第9回】相模原・障害者施設の殺傷事件に思う。私たちはどちらの未来を選択するのか?
https://biblion.jp/articles/yZbUB

選手村を日本の先端技術のショールームに

今回のリオ五輪では、日本選手たちが目覚ましい活躍を見せてくれ、ロンドン五輪でのメダル獲得数を抜き、過去最高のメダルを獲得しました。4年後に迫った東京でのオリンピック・パラリンピックでは、ロンドン、そしてリオを超える成果が期待されます。

一方で、相模原での知的障害者福祉施設での殺傷事件や、地下鉄の駅のホームでの盲導犬を伴った視覚障害を持った方の転落死の事故など、障害者をめぐる社会的環境は決して楽観視できる状況とは言えない日本です。

このコラム全体を通じて私が本当に訴えたいことは、2020年、東京でオリンピック・パラリンピックを開催する日本、そして障害を持った人たちにとって、2度と来ない千載一遇のチャンスを何としても活かしきって欲しいということです。

もっと具体的に言うと、中央区の晴海地区に建設予定の「オリパラ選手村」を、ぜひ世界の選手と彼らを取材する世界のメディアに対して、日本の技術と福祉意識の高さを示す「日本の先端技術のショールーム」(英語で言うショーケース:showcase)としてもらいたいのです。

私がこうした想いに至ったのには、以前にもこのコラムで述べたように大きく2つの理由があります。

1つは、オリンピック後にも日本の景気がよりよくなるための、成長戦略の本命たる「AI/IoT技術の集大成を示すこと」が重要であると考えるからであり、2つ目はそれにより、「日本の国内先端技術の統合を図ること」が必須であると考えるからです。
またそれらを実現することは、スーパーコンピューターを筆頭とする「社会の自動化」が全世界で進み、第4の産業革命のフロントランナーに日本がなることを意味しています。

「社会の自動化」は障害者の視点で

実は、技術的には、社会の自動化を実現するための基本的なテクノロジーは既に存在しており、あとは、それを集積・集約するだけという段階にきています。ただ、どのような方向性でそれを集積したらよいか、そのことを誰も明示できていないだけの状態なのです。

しかしながら、日本の悲しい後追いマーケティングの癖から多くの日本企業が抜け出せないでおり、今は、高度な個々の技術を持ちながら、世界の動向や流れがどうなるかが決まるのを、ただ見守っているだけなのです。

でも、動向が決まってから動いていたのでは、AI/IoT技術の特性(すべてのものがインターネットで繋がる)からして、“時すでに遅し”ということになってしまいます。

では、「社会の自動化」とは、何を自動化させればよいのでしょうか? 

その答えは、「障害を持って社会に生きる人たちに聞いてほしい」と私は主張します。その答えを導き出すためには、障害者の視点が必要なのです。

なぜなら障害者は、いずれは高齢者としてさまざまな心身の障害を抱えるであろう我々すべての人間の先駆者であり、そのニーズは多岐にわたり、実現のハードルは高いがゆえに、高度な技術開発につながるという側面を持っているからなのです。

あわせて読みたい

「スマートシティ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    大雪で帰宅命令より朝出社禁止に

    かさこ

  2. 2

    幸福の科学 総裁長男が衝撃退職

    女性自身

  3. 3

    橋下氏 会見開いた岩上氏を批判

    橋下徹

  4. 4

    東京は費用対効果的に雪対策ムリ

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    性行為なしの援助交際続ける少女

    渋井哲也

  6. 6

    白米を食べられない子供が増加中

    NEWSポストセブン

  7. 7

    堀江氏「新幹線高すぎ」に反響

    THE PAGE

  8. 8

    センター国語に直木賞作家が挑戦

    NEWSポストセブン

  9. 9

    羽生竜王vs藤井四段 対局は幻に?

    大村綾人

  10. 10

    安倍首相が平昌を欠席すべき理由

    門田隆将

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。