記事

ジュニアNISAは「強制預金」と思え

2016年は電力自由化をはじめ、家計に深くかかわるルールの改正が行われる。それらをいかに活用したらよいのか──。

個人投資家の育成などを目的として、2014年に導入されたNISA(少額投資非課税制度)に、子ども用の「ジュニアNISA」も新たに登場した。口座受付が16年1月からスタートして、4月から実際に投資に活用できるようになった。

NISAは、専用口座で株、投資信託などを購入した場合、その金額が年間120万円(16年1月より現行の100万円から増額)までなら売却益や配当・分配金が5年間非課税になる制度。ただし、非課税枠が余っても、翌年には繰り越せない。

ジュニアNISAは、0~19歳の未成年が対象(NISAは20歳以上が対象)。もちろん学生がお年玉やバイト代を投資に回すわけではない。両親などが子どもに贈与した資金を、子ども名義の口座で運用することを想定しており、教育資金づくりが名目だ。基本的な仕組みはNISAと同じだが、非課税枠が年間80万円に抑えられている点が違う。また、無駄遣いを防ぐため、子どもが3月31日に18歳になる年の1月1日以降になるまで原則、払い出すことができないのも特徴だ。

デメリットもある。NISAは専用口座なので、ほかの株や投資信託との「損益通算」ができない。一般の口座であれば、同年度に複数の銘柄の株を売って利益と損失が出たら、それを相殺することができる。しかし、NISAの運用で損失が出ても、一般の口座で得た運用益にはフルに課税されてしまう。また、損失を3年間繰り越して利益と相殺していくことのできる「譲渡損失の繰越控除」も利用不可なので注意が必要だ。

ジュニアNISAには元本割れのリスクが伴い、「優遇制度につられ、教育資金を無理して運用する必要はない」という意見もある。一方、ジュニアNISAを評価する賢人も少なからずいて、ファイナンシャルプランナーの畠中雅子さんは次のように説明する。

「最大のメリットは、将来の子どもの教育に備えた、いわば“強制預金”になることです。親といえども、子どもが3月31日時点で18歳の年まで手出しできないわけですから。学資保険に入るタイミングを逃した人や、学資保険だけでは教育資金が心もとない人にも、利用価値は高いといえます。ジュニアNISAは長期運用が前提です。たとえば、株も10年単位で保有していれば、株価の変動リスクが緩和されるので、実際には大きなダメージを受ける可能性は小さいでしょう」

資金援助を申し出る大義名分に

また、元メガバンク支店長の菅井敏之さんはジュニアNISAのこんな活用術も提案する。

「両親が自分の両親、つまり、子どもから見れば祖父母に資金援助をしてもらいたい場合に役立つでしょう。『孫のための教育資金』『18歳まで引き出せない』という大義名分があれば、祖父母を説得しやすいはずです」

菅井さんはそれともう一つ、子どもの教育資金を貯める通帳に「○○大学進学定期預金」と手書きして、解約できないように自戒する方法も勧める。

総務省の「09年全国消費実態調査」によれば、夫婦と子ども2人(長子は大学生)の勤労者世帯では、消費支出に占める教育費の割合が27.7%にも達している(図参照)。教育費の負担を軽減する一助として、ジュニアNISAをうまく活かすことも考えてみてはどうだろうか。



畠中雅子
ファイナンシャルプランナー。新聞、雑誌などに連載を持つ。『老後が危ない!年金月額16万円の生き残り術』『なぜかいつも幸せな人のお金のルール』をはじめ著書多数。
 
菅井敏之
元メガバンク支店長。1983年に三井銀行(現・三井住友銀行)へ入行。中野支店長などを務める。起業後はアパート経営に。著書に『お金が貯まるのは、どっち!?』など。

あわせて読みたい

「NISA」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国民を馬鹿にした昭恵夫人の一言

    天木直人

  2. 2

    橋下氏「政府許してはならない」

    橋下徹

  3. 3

    大阪市より慰安婦像を選んだサ市

    長尾敬

  4. 4

    よしのり氏 枝野氏の発言は問題

    小林よしのり

  5. 5

    逆DV アウトレイジな妻に泣く夫

    PRESIDENT Online

  6. 6

    日馬暴行騒動は仁義なき情報戦

    文春オンライン

  7. 7

    加熱式タバコの増税は時代に逆行

    宮崎タケシ

  8. 8

    配達が無言 ヤマトAmazon撤退で

    山本直人

  9. 9

    レコ大も紅白も1年間休止すべき

    メディアゴン

  10. 10

    議会に子連れ出席で仕事できるか

    井戸まさえ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。