記事

三浦九段に対する将棋連盟の対応は「悪手」だったとは言えない

1/2
 将棋の三浦弘行九段が、出場が決まっていた竜王戦へ出場しないことになる、という異例の事態があった。

 三浦九段はすでに竜王への挑戦権を獲得していたが、将棋連盟から出場停止処分を受けて、竜王戦番勝負へは出られないことになり、丸山忠久九段が繰り上げで出場することになった。背景には、将棋ソフトを使った不正の疑いがある、としてネットでも一頻り話題になっている。

日本将棋連盟は12日、15日に開幕する第29期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)で、挑戦者の三浦弘行九段(42)が出場しないことになったと発表した。対局中、スマートフォンなどに搭載の将棋ソフトを使って不正をした疑いもあるとして、説明を求めたという。連盟は、期日までに休場届が出されなかったため、12月31日まで公式戦の出場停止処分とした。
三浦九段は朝日新聞の取材に「不正はしていません。ぬれぎぬです」と話し、今後の対応は弁護士と相談中という。
(中略)
対局中は持ち時間の範囲で対局室から出られるが、連盟によると、三浦九段は今夏以降、離席が目立っていたという。連盟側が11日の常務会で聞き取りをしたところ、対局中のスマホなどの使用を否定。「別室で休んでいただけ。疑念を持たれたままでは対局できない。休場したい」と話したという。期日の翌12日までに休場届が提出されず、連盟は処分を決めた。
(『朝日新聞』2016年10月13日)

 このニュースに対し、三浦九段を擁護し、将棋連盟の対応の仕方を非難する声をたくさん聞いた。

 私は将棋連盟の側から、今回の騒動を考察してみたいと思う。以下、ネットでよく見た意見を太字にして、それに対する私のコメントを書き綴っている。

「クロだとしたら今回の処分は軽すぎるし、シロだとしたら重すぎる」

 今回の処分は、約三カ月弱の公式戦への出場停止、である。本当に不正をしていたのなら「除名」「永久追放」ぐらいのことであり三カ月弱の停止では軽すぎる。一方、一切の不正をしていなかったのなら、三カ月でもペナルティは重すぎるし、何より今後の棋士人生で一生、「不正疑惑の人」という目で見られてしまう、という声。

 しかし私は、今回の処分は、朝日新聞の報道の通りだとすれば、直接的には、「不正疑惑」に対するものではなくて、「休場すると言ったのに休場届を出さなかった」ことに対する処分だと読める。そう解すれば、三カ月弱の出場停止というのは妥当な処分であると思う。

「やってもいないことを証明しろなんて悪魔の証明だ。連盟側が不正の証拠を提出すべきだ」

 しかし、連盟も不正したという証拠を提出するのはほとんど不可能なことなのだ。「休憩室に監視カメラを設置しておけばよかったじゃないか」という声もあったが、仮に休憩室でスマホを操作する三浦九段の姿が映っていたとしても、それだけでは不正の証拠にはならない。奥さんとメールのやり取りをしていただけかもしれないし、それは従来、棋士の自由である。

「連盟は指し手のソフトとの一致率や離席率を調べるべき」

 三浦九段の指し手がソフト(コンピューター)とどのくらい一致しているか、というのは、実際多くの将棋ファンが検証している。だが、三浦九段自身も言うように、最善の手を尽くせば指し手がソフトと一致しても何ら不思議ではない。三浦九段は昔から研究熱心な棋士として有名である。三浦九段以外も、現代の棋士たちの多くが研究段階でコンピューターソフトを活用している。ソフトは過去の強い棋士たちの棋譜を学んでいる。今や棋士とソフトはお互いに学ぶ関係にある。

 また、離席率にしても、それを調べて離席率がとても高い、ということが判ったところで、それを以て「だから不正だ」とは言えない。対局中の離席は、従来自由である。何回でも、何時間でも。

「そもそも将棋アプリってそんなに強いの?」

 強い。終盤の詰め筋を発見するだけなら、一般の将棋ゲームアプリで事足りる。

 だが、必ずしもスマホに将棋アプリが入っている必要はない。三浦九段は自分のスマホには将棋アプリが入っていない、と言っているが、本当に不正をしようと思えばメールができるだけでも十分である。将棋には「棋譜」というものがある。これは「5六歩、7七銀成」といった単なる文字である。外部に協力者がいれば、その協力者が自宅でもっと強いコンピュータープログラムを走らせ、その「答え」をテキストデータとしてメールで伝えるだけで十分である。

 将棋アプリが入っているか入っていないかという問題ではないのである。

「スマホの通信ログを調べればいい」

 スマホの通信ログを調べたところで、どうなろう。例えばメールに、

こんにちは。
今度また会おう。

というメールが残っていたとして、一行目は五文字で二行目は七文字だから「5七」だ。というような簡単な秘密のルールを作っておけば他人にはわからない。ある局面で5七に動かせる駒は限られているし、どの駒を動かすべきなのかはプロならばわかる。もちろん、ア行からワ行までにすべての駒を対応させておいて、メールの一文字目がタ行で始まったら「銀」だ、などというルールを作っておくこともできる。

 メールでもスマホでもなくて、例えばポケベルのような原始的な通信手段でもじゅうぶん不正は可能である。「監視カメラに映っていたスマホの画面は将棋アプリには見えなかった」などという理由でシロとは言えないのである。

「だからと言って、疑わしいというだけで処分するのはおかしい」

 だから、今回は不正疑義に関する処分ではなく、あくまで休場すると言ったのに休場届を出さなかったことに対する処分なのである。(不正疑義に関する部分を含むという見方もある。→「将棋ファンから見た三浦弘行九段のソフト不正使用疑惑と竜王戦の挑戦者交代 | 将棋ワンストップ・ニュース」)。

 休場届が書面として提出されなければ、連盟側としては「勝手に休んだ」ということであり、これは処分を下すのに十分な理由である。(もっともその時点ではまだ竜王戦は始まっていなかったので三浦九段が「休んだ」という実績は無い。)

 また、複数の棋士から不正行為の可能性を訴えられている連盟としては、「何もしない」というわけにもいかない。

「三浦九段は竜王戦を辞退するわけがないと言っている」

 三浦九段はNHKの取材に対して、確かにそう答えている。

 これは私の勝手な憶測でしかないが、常務会に事情聴取に呼ばれた三浦九段はA級棋士である自分が不正を疑われたことにカチンときて、「こんな疑いを持たれた状態では竜王戦に出場できない。(だから疑いを解いてほしい)」と言った。三浦九段は括弧の中の気持ちを強調して言ったつもりだったが、連盟側は「出場できない」のところを受け取った。出場できないと言うのなら「それでは休場届を出してください」と言うしかない。三浦九段は竜王戦には出たかったので休場届は出さなかった。連盟側としては休場届が出されなかったら、出場停止処分にするしかない。

「連盟の対応が問題を泥沼化させた」

 泥沼化したのは、メディアや(私を含む)ファンが、興味深く取り上げているからだと思う。

 そもそも連盟は、最初は処分を下すつもりではなく、「話を聞こうじゃないか、あなたの言い分を聞こうじゃないか」ということで話を聞いたのだと思う。シロかクロかを物的証拠ではっきりさせることなど至難なことであることが分かっていたからこそ、本人が「不正はしていませんが、これからは疑いを持たれないように、振る舞いには気をつけます」と言えば、それで終わりにするつもりだったのではないか。

あわせて読みたい

「将棋」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ワコール炎上広告 原因は手抜き

    中嶋よしふみ

  2. 2

    なぜカルディ商品は買う気失うか

    MAG2 NEWS

  3. 3

    怠慢でAmazonに潰される商店街

    後藤文俊

  4. 4

    大地震でも出社 学ばぬ日本企業

    キャリコネニュース

  5. 5

    栄元監督 会見後にキャバ嬢同伴

    SmartFLASH

  6. 6

    楽しい食事をダメにする残念な人

    内藤忍

  7. 7

    ひろゆき氏 災害時のSNSデマに喝

    AbemaTIMES

  8. 8

    ZOZO田端氏の残業代ゼロ論は呪い

    国家公務員一般労働組合

  9. 9

    編集者に絡む水道橋博士の古臭さ

    Hayato Ikeda

  10. 10

    国煽り最悪の刑務所入った堀江氏

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。