記事

金正恩氏の兄「精神に異常」か…弟の監視受け「幻覚が見える」

金正恩氏

韓国の情報機関、国家情報院(国情院)は19日、国会情報委員会の国政監査で、金正恩党委員長の実兄・正哲(ジョンチョル)氏が精神の不安定な状態にある模様だと明らかにした。また、実妹の与正(キム・ヨジョン)氏は権力乱用に走っているという。

国会情報委が行ったブリーフィングによれば、正哲氏は権力から遠ざけられ、監視を受けながら生活している。また、酒に酔えば幻覚が見え、瓶を割って暴れるなど精神が不安定な状態にあるという。

「大阪出身」という秘密

正哲氏と言えば昨年5月、ロンドンに現れ、2日連続でエリック・クラプトンのコンサートを鑑賞するなど、かなり自由なライフスタイルを楽しんでいるように見えていた。精神の不安定な状態にあるとは、驚きである。

一方の与正氏は、朝鮮労働党宣伝扇動部で副部長の要職にある。党の副部長と言えば、日本の中央省庁の審議官から事務次官級に相当する高級官僚だ。

与正氏は、正恩氏の現地指導に頻繁に同行していることで知られる。労働新聞の写真などを見ると、いつも明るい笑顔を浮かべており、いかにも仲の良さそうな兄妹だ。また、その自然体の表情は、「話の通じる人物なのではないか」との期待を、一部の北朝鮮ウォッチャーに抱かせていたりもする。

とはいえ彼女が、北朝鮮において「普通の人」でないのは確かだ。昨年5月には、彼女の学生時代の友人らが、些細な言動のために「大量失踪」した事件もあった。

(参考記事:金正恩氏実妹・与正氏の同級生がナゾの集団失踪

そして国情院の報告によると、最近では些細なミスで部下を処罰するなど、権力乱用に走っているという。

宣伝扇動部は、国民の思想や情報の統制を司る部署だ。北朝鮮で外部の情報に触れた人々が、銃殺を含む厳しい処罰を受けているのは、周知のとおりである。

(参考記事:北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは…

与正氏は思想統制ではなく、政治行事を担当しているとの情報もあるが、いずれにしても、実兄による恐怖政治から遠く離れた所にいるわけではない。「権力の乱用」と見られる行動があったとしても、不思議ではなかろう。

しかしながら、正哲氏と与正氏はいずれも、正恩氏にとってかけがえのない存在であるはずだ。日本の大阪にルーツがある正恩氏に対しては、北朝鮮幹部らも陰で「ニセモノ説」を囁いていると言われる。

(参考記事:金正恩と大阪を結ぶ奇しき血脈(1)

正恩氏が本当に分かり合えるのは、血を分け合った兄妹しかいない。3人が支えあうことなしに、金正恩体制の安定は難しいのではないか。あるいは、正恩氏の暴走は兄妹をも巻き込み、破滅へと突き進むのだろうか。

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK契約義務なら相応の番組作れ

    中田宏

  2. 2

    子宮頸がんワクチン 男も接種を

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    よしのり氏「グッディ!」を評価

    小林よしのり

  4. 4

    「日本が中国に完敗した」は暴論

    文春オンライン

  5. 5

    現実見ない「中国スゴイ」に苦言

    文春オンライン

  6. 6

    トイレ行列増加の原因は働き方か

    山本直人

  7. 7

    中国人カキ殻100t投棄 どう対策

    高橋亮平

  8. 8

    PEZY関連財団は元TBS山口氏実家

    田中龍作

  9. 9

    貴乃花の妻 女将からは評判最悪

    女性自身

  10. 10

    トヨタとパナ社長が共同会見へ

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。