記事

【KAROSHI】

日本の過労死についてThe Economistが描いています。初の過労死白書、電通の24歳の女性社員の過労死自殺などを取り上げています。

過労死は英語でもkaroshiと表記。「日本の働く人たちが燃え尽きてときには亡くなっているのは無意味であり、悲劇である」と締め括っています。

Working style in Japan - Overdoing It – A new report shows how badly Japan needs labor reform(日本の働き方~やり過ぎ~日本で働き方改革がいかに必要か、白書が示す)はざっくりこんな感じです(全文の翻訳ではありません)。

東京・新橋では毎晩、シャツをズボンからだらしなく出して、ネクタイを外し、お酒を飲む黒いスーツのサラリーマンがよろよろと歩いている。その後は帰途についたり、コンビニに寄って新しいシャツを買ったあと職場に戻ったりする。

これらは、害のないストレス発散だろう。これに対して、karoshi=過労による死は、より暗い側面だ。つい最近まで見過ごされてきた。

今月、日本政府が初めて過労死白書を発表した。それによると、調査対象の企業のうち4分の1で、1か月あたり80時間の残業が把握された。12%の企業では、驚きの100時間に達した(At 12% of those firms the figure rose to a whopping 100 hours)。

こうした数字は、問題を過小評価することになるかもしれない。もっと多くの残業時間を記録している企業が調査対象から外された可能性があるからだ。

過労を理由に2015年度に93人が自殺した、あるいは自殺を図ったというのは驚くに値しない。これらは政府が家族や遺族に補償を認めた事例である。Karoshi撲滅の運動を展開する人たちはこの数字が小さすぎると主張する。

長時間労働の結果、心臓発作や脳溢血で亡くなる人もいる。最近、大きな注目を集めたのは、電通の24歳の女性社員が去年12月に自殺した事例だ。

それでもこのところ、状況は良くなっている。例えば、残業手当は引き上げられた。しかし、まだ不十分だ。安倍首相は、来年導入する労働市場改革の主の目的は、働き方を変えることだと言う。東京都の小池知事も、都庁の職員が午後8時以降残業することを禁止するなど、東京のワークライフバランスの改善を目指す。

しかし、フェーストゥフェースの商慣習を重視し、結果よりも仕事への忠誠心を評価する現状では、改善は難しい。人口が減少していて、今後労働社不足が起きることも事態を悪化させている

そして何よりもこうした残業は、日本経済にはほとんど貢献しない(And all this overwork does little for the economy) 。

というのは、非効率的な雇用環境とテクノロジーをあまり活用しないことから、日本はOECD諸国の中でもっとも生産性の低い国のひとつだ。

1時間あたりのGDPは、アメリカの62ドルに対して、日本は39ドルにとどまる。このため、働く人たちが仕事で燃え尽きて、時には死んでいることは、無意味であると同時に悲劇である(So the fact that workers are burning out and sometimes dying is pointless as well as tragic.)。

あわせて読みたい

「働き方改革」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    下村氏の無責任さ 元秘書の嘆き

    文春オンライン

  2. 2

    24時間TV直前にスタッフ飛び降り

    NEWSポストセブン

  3. 3

    前原氏が代表になれば民進終わる

    猪野 亨

  4. 4

    村本のツイートは自衛官に失礼

    岡田真理

  5. 5

    橋下氏 東京都の情報黒塗り批判

    橋下徹

  6. 6

    鈴木五輪相に政治資金疑惑が浮上

    NEWSポストセブン

  7. 7

    意識高い系バカにした50代の末路

    PRESIDENT Online

  8. 8

    昭恵氏秘書イタリア赴任の大出世

    国家公務員一般労働組合

  9. 9

    オードリー若林 競争社会に疑問

    fujipon

  10. 10

    北朝鮮ミサイル開発の財源はイカ

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。