記事
  • krmmk3

地上波放送のネット配信開始か、総務省方針固める

テレビ界の動きが激しくなってます。まずは何よりもこの話。

テレビ、ネット同時配信へ 法改正で19年にも全面解禁

表題および記事内は常時「テレビ」とのみ記載されていますが、おそらくは地上波放送のことでしょう。さすが地上波放送局をグループに持つ新聞の記事だけあってテレビ=地上波、という放送局の譲れない概念の維持に対する細かい気配りが感じられます。

それはさておき、リンク先には"スマートフォンなどで場所を選ばずテレビを見られるようにする"とあります。スマートフォンみたいな移動機器で視聴、それも地上波ならワンセグでいいじゃん、据え置きで使えるPCで使用できれば電源の心配もないし便利になる。それはどうなのよ、と問いたいところですが、おそらくPCは省かれるでしょう、便利ですから。

今回も真っ先に持ちあがっているのは"在京キー局の番組がそのままネットで流れれば、地方局は視聴者を失い、経営が立ちゆかなく恐れがある"(原文ママ)、"地域ごとに見られる放送局を限定する"という、かつてどこかで見た「またか」の話。

これは地上デジタル放送の普及が間に合わない恐れが出た際に、ネット配信でフォローしたらどうか、という話が出たときに最初に噴出した議論そのままですね。結局足を引っ張り合ったあげくネット配信によるフォローは立ち消えとなったわけですが、あれからかなりの年月が経っているにも関わらず、地上波業界全く進歩してません。

もっとも進歩しないことに全力を傾け、総力を挙げたのが地上デジタル放送なんですから当然ですが。今回も、結局は利用者の期待に応えない、可能な限り不便で使い勝手のよくないサービスにし、視聴率に反映する直接受信や有料配信サービスへの促しといういつも通りの展開になるのは目に見えてますね。

バッテリーの持たないスマートフォンだけに視聴環境を絞れば当然不便となり、自然とテレビ購入設置が進む・・・そんな目論見もあるでしょうからPCはサービスの対象外になってもおかしくありません、実際そういう動画配信サービスも存在しますし。まぁAndroidで配信環境のみで視聴できるのなら手はいくらでもあるんですけどね。

視聴者のことを考慮に入れない、テレビ局主導の配信サービスはいくつもあります。なんといっても全く普及せずに終わった"もっとTV"が記憶に残りますが、TVerなんてのもどの程度使われているんでしょうか。結局みたい番組ほど配信の対象にならないのでわたしは使わなくなっちゃったんですが、どんなもんでしょう。

一方、割と鳴り物入りで始まりった配信放送、AbemaTVはほどほど定着している感があります。ただ、当初の目的であった「若い人をはじめとするテレビ視聴習慣を持たない人をターゲット」という方針はどこへやら、そこそこ使われているのはアニメとゲームの実況配信が主、という感じがするのですが。わたしもゲーム実況配信はたまに見るので結果AbemaTVを利用しているのですが、AbemaTVを利用しようとして利用するのではなく、配信がたまたまAbemaTVを使っているからそれ経由で視聴している、にすぎません。

あくまで個人の主観ですが、結局はほぼリアルタイム専門であるにせよ、普通の動画配信サービスになっているから、それなりに定着している、という感が強いです。おそらく地上波配信はこうした形には絶対ならないでしょうし、また鳴り物入りにも関わらず大して使われずに終わる、という気がしてなりません。

予想がいい意味で外れてくれるのを祈るばかりですが。なお、この件はあくまで総務省が方針を固めただけでまだ実施が決まったわけではありません。新しい法律を作るのはもちろん他の法律の改定も必要ですので、明日にも動く、というものではないようです。ただ、急がせるでしょうから気が付いたら行われていた、になるかも知れないですね。

さて、総務省が本当に普及させたいのは4K8Kを使ったSHVテレビ、というのはご存知の通り。こちらも動きがありました。

'18年開始予定のBS/CS 4K実用放送に10社が認定申請

申請があったことはすでに書きましたが、予想通りそのまま申請がおりました。どう見ても条件が一部の既存放送局に限られ、そこがそのまま申請してきたのですから当然ですね。まぁ相変わらずショップチャンネルがあっさり認定されたのは気になりますが。衛星放送の通販番組は控えろ、という通達がだいぶ前に総務省から出たこともあるのですが、まぁ専門チャンネルは別、ということですか。ショップチャンネルが一番高画質というのはCSの伝統みたいなものですし、しょうがないか。

あわせて読みたい

「テレビ業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  2. 2

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  3. 3

    iPhone iOS更新で使える11の裏技

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  4. 4

    「米は北攻撃できない」は本当か

    自由人

  5. 5

    松本人志マッチョ化は典型的変節

    文春オンライン

  6. 6

    女性用下着店にいる男性に賛否

    キャリコネニュース

  7. 7

    中国国境に接する北は崩壊しない

    Chikirin

  8. 8

    北朝鮮「米本土到達は不可避」

    ロイター

  9. 9

    「脱デフレは幻想」イオンが証明

    近藤駿介

  10. 10

    正恩氏声明でトランプ氏へ怨み節

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。