記事

仲は良くとも馴れ合いではない“イマドキの若鯉”たち -赤坂英一   

広島が25年ぶりに日本シリーズへの進出を決めたクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第4戦は、41年前に初優勝を果たした10月15日に行われた。試合前、その41年前の主砲かつ25年前の優勝監督、山本浩二氏がテレビ解説の仕事でマツダスタジアムに登場。さっそく第3戦まで17打席無安打と不振の鈴木誠也をつかまえ、身振り手振りをまじえて熱心に指導していた。

広島市内のあちこちでもカープを応援


 グリップの位置を示し、「ここをこうするんじゃ。こうよ、こう。わかるか?」などと助言。直立不動で神妙にうなずいている鈴木に、「ポッと言われただけじゃあわからんかもしれんけどの。だんだんに覚えていきゃあええよ」と山本氏が軽く肩をたたいて〝臨時打撃教室〟は終了した。そうしたら、その日の第1打席で初安打、初打点である。かつての〝ミスター赤ヘル〟が〝神ってる〟若者に大きなきっかけを与えた一幕だった。

昔は暗かったチーム

 第1戦の試合前には、25年前の4番打者・西田真二氏もやってきた。「おお、赤坂くん、久しぶりじゃのう!」と声をかけられ、昔話に花を咲かせたあと、自分が監督をしている四国アイランドリーグplus・香川オリーブガイナーズの話題を持ち出し、「来年は四国にも取材に来てくれよ。ええ選手がいっぱいおるぞ。中日の又吉(克樹)、亀澤(恭平)もウチでプレーしてドラフトにかかったんやから」。さらに、旧知のアナウンサーを見つけると、「まだまだ解説もイケるで。使うてもらえんか」としっかり売り込んでいた。

 そんな山本氏、西田氏の現役時代を知っている古株の球団関係者に、いまと25年前ではどこが一番違いますか? と聞いてみた。

 「昔のチームは暗かったよね。勝っても負けても、ロッカールームではみんなブスーッとしとった。同じポジションを争うライバルとなると、ろくに挨拶もせん。目が合うたら、『おう』とか『ああ』とか言うだけ。ときには、選手同士の揉み合いや殴り合いもあったほどや。でも、グラウンドに出て、いざ試合となりゃ、チームプレーも機動力野球もきっちりやる。昔はそういうチームじゃった」

 1980年代のカープ黄金時代を支えた同い年のショート・高橋慶彦、正捕手・達川光男がツノ突き合っていたことは、地元ファンの間でもよく知られていた。投手陣の3本柱・北別府学、大野豊、川口和久もほとんど口を利かず、プライベートで食事に行ったという話もまったく聞いたことがない。余談になるが、彼らの現役時代、たまには一緒に飲みに行かないんですか? と私が川口氏に聞くと、「飲みに行く相手ならちゃんといる」と白武佳久や紀藤真琴の名前を挙げていたものだ。

結束の堅さはリーグ随一

それに引き替え、いまの選手はみんな仲がいい。投手陣では黒田博樹、野手陣では新井貴浩の両ベテランがリーダーとなり、さらに両者を選手会長の小窪哲也ががっちりまとめている。センターラインを固める1、2、3番トリオ、ショート・田中広輔、セカンド・菊池涼介、センター・丸佳浩は1989~90年生まれの同級生で、結束の堅さはリーグ随一だ。ついでに言えば、宴会での盛り上げ役は鈴木、という役割分担も決まっている。

 その鈴木ととりわけ仲がいいのが、外野の控え・野間峻祥。CSの最中、「誠也、きょうこそ打ってくれよ」と河田雄祐外野守備走塁コーチに言われた鈴木、すかさず隣の野間を指差し、「きょうはこっちが打ちますから」と返していた。マツダで試合前に早出特打が行われるときはその野間が12時半に現れ、すぐに鈴木と田中がやってくる。主力がこの時間から練習するのだから、控えものんびりしてはいられない。石井琢朗打撃コーチが何も言わなくても、選手が自ら練習に取り組む環境と雰囲気が出来上がっている。仲がよくても馴れ合っているわけではないのだ。

 今週末から始まる日本シリーズ、そんな“イマドキの若鯉”たちがどのような熱い戦いを見せてくれるか、いまから楽しみである。

あわせて読みたい

「広島東洋カープ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    太川の会見で文春砲の価値は暴落

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    イライラした人に居場所なき現代

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  3. 3

    薬使った性暴力 政府答弁に唖然

    中谷 一馬(Kazuma Nakatani)

  4. 4

    がん判定でAIが医師に「圧勝」

    市川衛

  5. 5

    プロゲーマー制度を賭博界が嘲笑

    木曽崇

  6. 6

    松本人志 太川陽介の会見を賞賛

    女性自身

  7. 7

    車か生活保護か 地方の母子悲鳴

    赤石千衣子 CHIEKO AKAISHI

  8. 8

    戦友語る安室奈美恵の圧倒的才能

    女性自身

  9. 9

    進次郎氏はマスコミ次第で消える

    足立康史

  10. 10

    舛添氏 社会の不寛容さに懸念

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。