記事

北朝鮮「金正恩は即死」発言にブチ切れ反撃

https://gyazo.com/4058b1e2c87f667ee466d098f3998d5c
金正恩氏

北朝鮮外務省は15日、ダニエル・ラッセル米国務次官補が金正恩党委員長の「即死」に言及したことについて、「宣戦布告を実行に移す敵対行為」であると非難する報道官声明を発表した。

ラッセル氏は12日の朝食会で記者団に対し、「彼(金正恩)はたぶん、核攻撃を遂行する強化された能力を持つことができるだろうが、そうなれば即、死ぬことになる(Perhaps he’s got an enhanced capacity to conduct a nuclear attack and then immediately die.)」と発言していた。北朝鮮は核攻撃能力を持ったとしても思い通りの結果を得ることはできない、と警告したものだ。

止まらぬ恐怖政治

これに、北朝鮮はどのように反応したか。朝鮮中央通信が配信した声明は、「彼の悪態は、近くホワイトハウスから退かなければならないオバマ一味の対朝鮮政策が完全失敗と烙印を押され、われわれを最強の核保有国に進ませて米本土の安全が丸ごと揺らぐようにした責任を免れようとする断末魔の身もだえにすぎない」などと指摘している。

独特の文体に慣れない人には意味を読み取りにくいかもしれないが、これはまったく筋の通らない主張でもない。

オバマ政権が北朝鮮の核武装阻止に失敗したことは否めず、今後、核兵器を放棄させるための妙案もないのが実情だ。

人権問題での追及を受け、もはや国際社会の主要メンバーとなる道が閉ざされた金正恩党委員長は、外に対しては核とミサイルの暴走を続け、国内では恐怖政治を維持するしかなくなっている。

(参考記事:謎に包まれた北朝鮮「公開処刑」の実態…元執行人が証言「死刑囚は鬼の形相で息絶えた」

ラッセル氏が言ったように、北朝鮮はいずれ、米国に対し核攻撃を行いうる能力を備える可能性が高い。直近においても、北朝鮮は核実験と長距離弾道ミサイル発射を「同時強行」しそうな気配を見せている。本当にやったら、まさに「核ミサイル実験」と同様のインパクトがある。

では、そのような事態を受けて、米国は正恩氏を「即死」させることができるのかと言えば、それもなかなか難しいだろう。米韓は、北朝鮮との突発事態をきっかけにした「カウンター攻撃」計画を練っているフシがあるが、正恩氏がそう簡単にチャンスを提供するとも思えない。

(参考記事:金正恩氏は米韓の「カウンター攻撃」にやられる

米国はこれから中長期的に、北朝鮮とどのように向き合っていくつもりなのか。芯の通った戦略が打ち出されなければ、北朝鮮の増長を止めることはできない。

(参考記事:北朝鮮「核の暴走」の裏に拷問・強姦・公開処刑

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    朝日が仏大統領発言でっち上げか

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    内閣改造で消えた小池・野田新党

    PRESIDENT Online

  3. 3

    米国が12月以降に北朝鮮を攻撃か

    高英起

  4. 4

    信用なくてもツキはある安倍首相

    文春オンライン

  5. 5

    「米軍に勝てない」北幹部が動揺

    高英起

  6. 6

    議員秘書が明かす蓮舫氏の悪評

    fujipon

  7. 7

    小林麻耶が海老蔵の家を出た事情

    NEWSポストセブン

  8. 8

    姜尚中氏語る「戦争回避」の道筋

    亀松太郎

  9. 9

    安室奈美恵の引退に衝撃受けるな

    常見陽平

  10. 10

    アラフィフの後悔 1位は「勉強」

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。