記事

【読書感想】不屈の棋士

1/2

不屈の棋士 (講談社現代新書)

不屈の棋士 (講談社現代新書)


Kindle版もあります。

不屈の棋士 (講談社現代新書)

不屈の棋士 (講談社現代新書)

内容紹介
羽生善治は将棋ソフトより強いのか。渡辺明はなぜ叡王戦に出ないのか。最強集団・将棋連盟を揺るがせた「衝撃」の出来事、電王戦でポナンザに屈した棋士の「告白」とは? 気鋭の観戦記者が、「将棋指し」11人にロングインタビューを敢行。プロとしての覚悟と意地、将来の不安と葛藤……。現状に強い危機感を抱き、未来を真剣に模索する棋士たちの「実像」に迫った。


 コンピュータ将棋ソフトと人間の「勝負」によって、近年の将棋界は、大きな盛り上がりをみせました。
 オセロやチェスがそうであったように、いつかは「その日」が来るだろうと思いつつも、それを見たいような、見たくないような……
 ただ、現実的には、もう、ある程度「決着」はついているともいえそうです。
 人間側の代表として、現役の名人が直接対決をしたわけではないけれど、羽生さんであっても、佐藤名人であっても、最強ソフトと戦えば、そう簡単には勝てないはず。
 そもそも、現役棋士たちの多くも、コンピュータを研究に使っているのです。
 コンピュータは、ライバルであるのと同時に、必要不可欠な「ツール」にもなっています。


 コンピュータのほうが、人間のプロ棋士よりも強くなってしまったら、人間の「棋士」に存在意義があるのか?
 コンピュータどうしの「対局」をみれば、十分ではないのか?
 そちらのほうが、レベルが高いのであれば。


 この新書は、そんな「プロ棋士という職業の大きな転換期」に立ち会っている著者が、多くの棋士に取材をし、彼らの「言葉」を引き出したものです。

あわせて読みたい

「将棋」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    17時に新橋で飲む人はどんな人?

    常見陽平

  2. 2

    "首相はロシアの腹芸に騙された"

    江田憲司

  3. 3

    GPIF2.4兆円黒字 民進党の対応は

    吊られた男

  4. 4

    東京新聞の賭博批判はブーメラン

    木曽崇

  5. 5

    ポリコレ放棄で弱体化する米国

    松井博

  6. 6

    タイ新国王 3回の離婚に賭博癖

    フォーブス ジャパン

  7. 7

    公営賭博だけは許す共産の謎論法

    木曽崇

  8. 8

    悪質な陰謀論「ピザゲート」とは

    BBCニュース

  9. 9

    働く人を追い込む10の有害な環境

    フォーブス ジャパン

  10. 10

    47歳未経験でもプログラマーに?

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。