記事

トランプ候補、本選後に敗北受け入れ拒否へ?

Would He Concede If  Trump Lost The Election?

共和党のドナルド・トランプ候補は、2015年6月に出馬表明してから世間を驚嘆、衝撃、熱狂の渦に巻き込んできました。さながらブロードウェイさながらに、トランプ候補の独壇場はロングランを続けています。

11月8日の米大統領選で仮に敗北したとしても、Show must go on. ショーが幕を下ろす気配はありません。

なぜなら、トランプ候補が敗北を認めないリスクが浮上しているからです。クリントン候補が勝利する確率を90%と算出するニューヨーク・タイムズ紙のインタビューで、そのような示唆を与えました。トランプ候補は第1回目の討論会で民主党のクリントン候補が次期大統領に選出された場合に「絶対に(absolutely)」支持すると発言しましたが、撤回を検討しているといいます。

クリントン候補のリードは、17日時点で5.5ポイント差(47.7% VS 42.2%)へ縮小。

rcp
(出所:RealClearPolitics)

1990年代前半にカジノで演じた日本人男性との仁義なき戦いで、勝ちにこだわる姿勢をみせつけたトランプ候補。14日に行ったノースカロライナ州の集会でも選挙戦が「不正操作されている(rigged)」と訴え、「全ては大いなる不正(big fix)だ。醜い嘘だ。大いなる不正だ」と主張していました。

仮に敗北を受け入れなければ、どうなるのか。一つ思い出して頂きたいのが、”ブライトバートです。米大統領選まで90日を切ったというのに選対本部を刷新し、最高責任者を右派メディアの”ブライトバート”の最高経営責任者(CEO)であるスティーブ・バノン氏を招き入れましたよね。あの時、筆者は既に指摘させて頂きました。出口戦略の一つになるだろうと。フォックス・ニュースの創立者で前CEOのロバート・アイレス氏まで噛んでいるとあって、一大右派メディアを誕生させ政権に物申すシナリオは捨て難い。

ワシントン・ポスト紙は、他に第3の党を発足させる可能性を指摘しています。いずれにしても、クリントン政権と真っ向から勝負を挑み世論を二分させ、浮動票を取り込めば、一定の影響力を行使することは可能でしょう。政治への関心が低下中であれば、一定の信奉者を抱えるトランプ陣営の声が拡散しないとも限りません。米大統領選後は、エースが無理ならジョーカーで、といったところでしょうか。

あわせて読みたい

「アメリカ大統領選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コンビニで現金払いする人は迷惑

    内藤忍

  2. 2

    雷雨で強行 花火大会運営に絶句

    かさこ

  3. 3

    ヒカル氏のVALU売り逃げは詐欺か

    文春オンライン

  4. 4

    ひろゆき氏語る「奴隷のやめ方」

    サイボウズ式

  5. 5

    玉木議員が加計めぐるデマに反論

    玉木雄一郎

  6. 6

    幻すぎて正体不明のゲーム機発見

    krmmk3

  7. 7

    鈴木議員 マスコミの対応に苦言

    鈴木 たかこ

  8. 8

    ローラが「奴隷契約」で内容証明

    文春オンライン

  9. 9

    記録破りのホームラン級水着美女

    グラドル自画撮り部

  10. 10

    連泊しない外国人 原因は食事か

    THE PAGE

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。