記事

岩上安身氏率いるIWJ ジャーナリズムにあるまじき捏造記事

ジャーナリスト出身者として、岩上安身氏率いるIWJが明かに嘘をついた記事をネット上にアップしたので反論するとともに、ジャーナリズムとしてやってはならないこと(右であろうと左であろうと)をしているので糾弾します。

まず当該記事を書いた佐々木氏の取材申し込み(2回)に対して、私と我が事務所は「お会いして取材をお受けします」と明確に回答しています。

言った言わないになるといけないので、私は電話取材でなく原則面会で取材を受けています。

悪意のある記者の「取材拒否された」を防ぐため、私も我が事務所も明確に「取材は受けます」と答えていますが、佐々木記者は「取材に応じず」と言っています。明確な虚偽にあたります。

ジャーナリズムとしてやってはならないねつ造です。

そして、私は島袋氏を訴えていません。

沖縄・辺野古において我々の正当な政治活動を活動家達が妨害しました。

私は、私に暴行した2人の男について被害届を出しましたが、島袋氏には被害届を出しておりません。

島袋氏は我々に暴行を繰り返したので、やめて、やめなさいと言いましたが、非暴力の我々を繰り返し叩き続け、同行者がかなり強い平手打ちを受け、同行者が被害届を出したものです。

記事を書いた佐々木氏は動画に暴行の現場が写っていないと言いますが、すべての動画が公開されているわけではありません。

公開されていない証拠映像は警察に提出済みです。

佐々木氏が「どこの世界に、87歳のおばあちゃんに対して暴行の被害届を出す「国会議員」がいるだろうか。健康で強壮な大の男のやることか。男として恥ずかしくないのか。」というのは、明らかに事実に反する誹謗中傷であり、謝罪と訂正がなければしかるべき措置を取ります。

事実に基づいて批判をするなら批判は甘んじて受けますが、取材を受けると言っているのに「取材に応じず」いうねつ造、岩上氏本人も事実を確認しないまま事実に反するツイッターをリツイートしています。

ジャーナリズムにあるまじき行為については、ジャーナリズム出身者として断固たる措置を取ります。

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/339597

あわせて読みたい

「ジャーナリズム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    三浦瑠麗氏発言 日英で認識に差

    小林恭子

  2. 2

    羽生結弦 五輪2連覇に複雑な韓国

    文春オンライン

  3. 3

    日韓合意に釘刺された文氏の誤算

    文春オンライン

  4. 4

    東京五輪 真夏回避は日本の責務

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    中学入試に思考力試す超難問出題

    NEWSポストセブン

  6. 6

    「妊娠は管理できる」という幻想

    中野円佳

  7. 7

    60歳以上の待遇劣化が抱える矛盾

    川北英隆

  8. 8

    北が工作員を手配する動機はない

    高英起

  9. 9

    維新・足立議員が懲罰動議に反論

    足立康史

  10. 10

    就職難の韓国人女性が五輪に苦言

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。