記事

怖いけど信長や秀吉は使える上司、上司として最高の武将は誰? - 吉田典史

 今回は作家の泉秀樹氏に取材を試みた。産経新聞記者を経て、作家になり、50年以上にわたって小説や歴史上の人物の評伝などを書き続けてきた。

 現在は「J:COM湘南」で放送される歴史ドキュメンタリーの番組『歴史を歩く』の原作とナビゲーターも担当している。神奈川県を中心に、日本各地の歴史の舞台になった現場を元新聞記者らしく、訪ね歩く。そこで起こった事件の隠されたエピソードを、独自の視点でわかりやすく解説・分析することで、ロングセラーの高視聴率番組となっている。

 Webサイト『NEC Wisdom』では毎月、戦国の人物評伝『乱世を生きぬく智恵』を書き下ろし、アクセス数1位の人気連載となっている。

 これらの経験をもとに、「使えない部下・使えない上司」について語っていただいた。


泉秀樹氏

信長の部下はハイリスク・ハイリターン?

 織田信長はやる気のある部下からすると「いい上司」だったのでしょうね。

ハイリスク・ハイリターンなのだと思います。

 明智光秀は、その象徴です。比叡山延暦寺の焼き討ちのときには、光秀を高く評価し、坂本城までつくらせたのですが、もともと、光秀のことを好きではなかったのでしょう。光秀が合戦の後で「我々も苦労をしました」と言うと、「お前は苦労などしていない!」と怒鳴り、殴ったり蹴ったりこともあるそうです。信長からすると「使えない部下」だったのかもしれませんね。

 信長は、独創的な考えの持ち主でした。光秀のような旧体制にとらわれた保守的な考え方、平凡な発想の部下をよくは思っていなかったのだと思います。武田信玄や上杉謙信など多くの大名が自分の地盤を守り、そこから離れようとしなかったのに対し、信長は淸洲、小牧、稲葉山(岐阜)、安土へと城(本拠地)を移し、領土を広げていきました。その発想は斬新で、信長のまさにオリジナリティーです。先見性や洞察力があり、スケールのおおきな天才だったのでしょうね。

 かわいがった秀吉には、そんな先取りの精神があると見込んでいたのだと思います。秀吉の朝鮮出兵は、信長の考えでもあるのです。信長は日本に来ていた宣教師と会い、スペインなどヨーロッパの政治情勢を聞いていました。やがて、外国の軍隊が日本に来るかもしれないと察知していたのだと思います。俺も天下を取ったら、軍備を強化し、朝鮮半島などへ攻め込もうと考えていたのでしょう。秀吉は、それを模倣して忠実に実行したともいえます。

 信長には、人間的な魅力があります。厳しく怖い面もある一方で、やさしさも兼ね備えていました。私が、信長をあらためて好きになったのが、秀吉の正妻・おね(ねね)に送った手紙(書状)です。これより前に、おねが信長に、秀吉のほかの女性との関係への不満を漏らしたようなのです。それを受けて、信長がおねに出した手紙(書状)が今も残っているのです。

優しさあふれる信長一側面

 そこには、おねの容姿が以前よりも勝っているとほめ、秀吉が不満をもらすのは言語道断、どこをたずねてもおねほどの妻を迎えるのは「はげねずみ」(秀吉のこと)には難しいだろう。嫉妬を起こさないように、とたしなめているのです。そして、秀吉にもこの文面を見せるように、とあります。信長は人の心がわかる、人心掌握の名人だったのだな、と思います。

 当時も今も、仕事ができない人はダメですよ。といっても、仕事ができるだけでは、人はついていきません。そこには、やさしさがないと。やさしさは、想像力がないと持つことはできないものです。『信長公記』に記録されていますが、信長はゆきずりの物乞いに、木綿の布切れを与えたこともあるそうです。

やさしい一面をもった人だったのでしょうね。人の心がわかるような洞察力があるから、人の適性を見抜き、適材適所の布陣をしいて、強い武将になることができたのだと思います。

もっとも「いい上司」

 戦国武将の中で、もっとも「いい上司」だと思うのが、立花道雪です。道雪は、九州のキリシタン大名・大友義鎮(宗麟)の重臣の一人であり、参謀として大友家を支えました。

 若いころに木の下で日陰をしているとき、雷が落ちてきて、半身不随となってしまったのです。それでも、合戦には輿(こし)に乗って出ます。100人ほどの兵が、その周りを囲んで守ります。道雪はそばに刀と鉄砲を置き、「えいとう、えいとう」と声をあげながら、1メートルほどの棒を持って、輿のへりを叩いて拍子をとるのです。

 戦に強いだけではないのです。部下から慕われてもいました。手柄を立てることができない者がいると、こんな言葉もかけていたようです。

 「それはたまたまのことだ、お前が弱くないことは、私がちゃんと知っている、明日にも戦場に出るのに、誰かにそそのかされて抜駆けなどしてはならぬ、それは不忠というものだ、自分の身を大切にしてこの道雪のためにつくしてほしい、お前たちをひきいているからこそ、この年寄りが敵の真中に身を置いてもひるまないで戦うことができるのだから。

 若い者が、来客の前で粗相(そそう)をしたときは、それを責めることなく、本人が鎗を使い、敵と戦う様子をまねてほめたそうです。「私の家来は少々行儀が悪くはありますが、合戦のときは実に鎗に巧みで、火花を散らして戦いますぞ」。粗相をした者は涙を流し、喜び、道雪のためなら命を捨ててもいいと思い、懸命に忠勤に励んだようです。

信長や秀吉はやはり、天才

 一方で、キリシタン大名の、たとえば、大村純忠や有馬晴信などは、家来からすると「困った上司」だと思います。純忠は、イエズス会に長崎港の周辺などを教会領として寄進していました。イエズス会に金を借りて担保に取られたともいいます。そして、その代わりに、鉄砲や火薬などをもらっていたのです。長崎は、事実上の植民地になっていたといえます。

 晴信は、百姓や町民などの子どもを連れてきては、イエズス会に渡していました。イエズス会は、それを奴隷として海外に売り飛ばしていたのです。晴信は、家来にまで「息子や娘を出せ」と言い、売れる子どもを探していたようです。

 キリスト教は、一神教です。キリシタン大名はキリスト教にあらずんば人にあらず、という考えに影響を受けていましたから、自らが信じる宗教のためにあらゆることをしようとしたのだと思います。こういう人の部下になると、苦労をするはずです。価値観がたった1つしかないと、部下たちはそれにすべて振り回され、従わないといけない。

 キリスト教の宣教師などは、日本を植民地にしようとしていた国々から来た先兵です。そのことを、キリシタン大名は感じ取っていなかったのかもしれません。宣教師たちは、病の人や貧しい人たちを助けようとしたこともあります。

 植民地にしようとする戦略が上手かったのでしょうね。まず、宣教師が日本人の警戒心を解き、思想的な影響をあたえ、つぎに軍隊が攻め込むことを考えていたのだと思います。それを見抜いていた信長や秀吉はやはり、天才です。

 怖いけれど「使える上司」であり「頼りがいのある上司」だったと思います。日本の教科書や作家などの本には、この時代のキリスト教の宣教師たちが日本の植民地化を狙う先兵だったこと、長崎などが事実上、植民地になっていたことがほとんど書かれていないのですね。私は、そこに疑問を感じています。

あわせて読みたい

「日本史」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    創価学会本部のありえない行為

    週刊金曜日編集部

  2. 2

    "依存症"諸悪の根源はパチンコ

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    "日本死ね"を言葉狩りする曽野氏

    小林よしのり

  4. 4

    橋下氏「譲位反対派には驚き」

    PRESIDENT Online

  5. 5

    大谷のMVP 満票ではなかった理由

    WEDGE Infinity

  6. 6

    「8時間労働教」という宗教

    自由人

  7. 7

    ガガ レイプ経験でのPTSDを告白

    BBCニュース

  8. 8

    中国反発 南シナ海に英戦闘機

    NewSphere

  9. 9

    コメダ珈琲 "700店超え"の秘訣

    PRESIDENT Online

  10. 10

    もう、働き方を管理するのは無理

    サイボウズ式

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。