記事

厚労省がいよいよ全面禁煙を提言、飲食店での実質的な禁煙が実現するか

厚労省がいよいよ罰則付きでの禁煙を提案しました。
病院、学校を全面禁煙、飲食店には喫煙室 受動喫煙対策で厚労省」(産経新聞2016年10月12日)
「病院や学校を敷地内全面禁煙とする受動喫煙防止対策をまとめたことを明らかにした。飲食店やホテルなどサービス業は喫煙室を設置することを認める。10月末にも作業部会を立ち上げ関係団体から聴取した上で、違反した場合、施設の管理者だけでなく喫煙者本人にも罰則を適用する法律の制定を検討している。」

 学校や病院で敷地内を全面禁煙にすることは当然のことです。児童や生徒、病院にいるところで受動喫煙を野放しにすることなど許されようはずもありません。

 それ以上に重大な受動喫煙の現場が飲食店であり、もっといえばアルコールを提供する飲食店です。
 アルコールを提供する飲食店で禁煙など聞いたことがありません。普通の食堂でも単なる分煙で席を分けているだけです。
公共の場からたばこの煙を一掃できるのかが問われている 名ばかり分煙では足りない

 そのような飲食店で、厚労省は「飲食店やホテルなどサービス業は喫煙室を設置することを認める」そうですが、ここうでいう「喫煙室」が密室での喫煙室なのかどうかです。
 飲食店でも名ばかり分煙では「喫煙室」とは言えません。
 ホテルでは個別の部屋でタバコを吸えるということになってしまうのかなと思いますが、そもそも寝たばこの怖さがあり、ホテルであっても吸える場所は限定してもらいたいものです。
 個別の飲食できる部屋としての喫煙ということになると、タバコを吸う上司だったりだったりする場合、「喫煙室」の意味は全くなくなります。

 喫煙者は飲食店でも「禁煙」と聞くと文句を言う人が未だにいるそうですが、本当に身勝手と言わざるを得ません。
私がタバコをやめた理由(ワケ) (タバコ百害問答) (荻野寿美子著)



 不特定多数の人たちが出入りする施設の全面禁煙を実現しましょう。

あわせて読みたい

「受動喫煙対策」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍政権は"私利私欲"の腐敗政権

    小林よしのり

  2. 2

    前川氏「お小遣い」は援助交際?

    和田政宗

  3. 3

    前川前次官発言で注目すべき点

    文春オンライン

  4. 4

    加計疑惑で田原氏「野党に期待」

    田原総一朗

  5. 5

    高齢者とセックスは切り離せない

    WEDGE Infinity

  6. 6

    韓国国内でも「日本に仏像返せ」

    文春オンライン

  7. 7

    言論の自由を脅かす文在寅支持者

    WEDGE Infinity

  8. 8

    どこで間違えた?民進党は怠惰

    早川忠孝

  9. 9

    法的手続き辞さない前川氏の覚悟

    早川忠孝

  10. 10

    前川氏への個人攻撃に読売が加担

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。