記事

厚労省がいよいよ全面禁煙を提言、飲食店での実質的な禁煙が実現するか

厚労省がいよいよ罰則付きでの禁煙を提案しました。
病院、学校を全面禁煙、飲食店には喫煙室 受動喫煙対策で厚労省」(産経新聞2016年10月12日)
「病院や学校を敷地内全面禁煙とする受動喫煙防止対策をまとめたことを明らかにした。飲食店やホテルなどサービス業は喫煙室を設置することを認める。10月末にも作業部会を立ち上げ関係団体から聴取した上で、違反した場合、施設の管理者だけでなく喫煙者本人にも罰則を適用する法律の制定を検討している。」

 学校や病院で敷地内を全面禁煙にすることは当然のことです。児童や生徒、病院にいるところで受動喫煙を野放しにすることなど許されようはずもありません。

 それ以上に重大な受動喫煙の現場が飲食店であり、もっといえばアルコールを提供する飲食店です。
 アルコールを提供する飲食店で禁煙など聞いたことがありません。普通の食堂でも単なる分煙で席を分けているだけです。
公共の場からたばこの煙を一掃できるのかが問われている 名ばかり分煙では足りない

 そのような飲食店で、厚労省は「飲食店やホテルなどサービス業は喫煙室を設置することを認める」そうですが、ここうでいう「喫煙室」が密室での喫煙室なのかどうかです。
 飲食店でも名ばかり分煙では「喫煙室」とは言えません。
 ホテルでは個別の部屋でタバコを吸えるということになってしまうのかなと思いますが、そもそも寝たばこの怖さがあり、ホテルであっても吸える場所は限定してもらいたいものです。
 個別の飲食できる部屋としての喫煙ということになると、タバコを吸う上司だったりだったりする場合、「喫煙室」の意味は全くなくなります。

 喫煙者は飲食店でも「禁煙」と聞くと文句を言う人が未だにいるそうですが、本当に身勝手と言わざるを得ません。
私がタバコをやめた理由(ワケ) (タバコ百害問答) (荻野寿美子著)



 不特定多数の人たちが出入りする施設の全面禁煙を実現しましょう。

あわせて読みたい

「禁煙」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    鮪の国際会議で日本"フルボッコ"

    勝川 俊雄

  2. 2

    本当の「視聴率三冠王」はNHK

    メディアゴン

  3. 3

    カジノ解禁を嫌がるパチスロ業界

    大西宏

  4. 4

    山本太郎氏のひとり牛歩に疑問

    和田政宗

  5. 5

    Softbank孫社長、日本一の富豪に

    フォーブス ジャパン

  6. 6

    ピコ太郎が今年のYouTube2位獲得

    島田範正

  7. 7

    あまりにリアルな過労死者の記録

    幻冬舎plus

  8. 8

    予測不能な現実に苦悩するGoogle

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  9. 9

    "陛下を憲法と整合するのは限界"

    石破茂

  10. 10

    雅子さまは日本が誇る皇后になる

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。