記事

スピルバーグのアンブリンとアリババが戦略的提携を発表

スティーブン・スピルバーグの製作会社であるアンブリン・エンターテインメントが、中国のアリババ・ピクチャーズと戦略的提携を結んだ、と発表された。

Spielberg’s Amblin, China’s Alibaba enter strategic partnership | Screen

今回の提携によって、アリババ・ピクチャーズがアンブリンの株式を取得し、取締役会にも参加。共同制作や作品への出資を行い、アンブリンの映画のマーケティングや配給を共同で行っていくことになる。今回の提携のきっかけとなったのは、アンブリンの新作「BFG」の配給とマーケティングをアリババが手がけたことによる。同作は中国では10月14日から公開となる。

アリババの創業者、ジャック・マー氏はイベントで、「スピルバーグ監督は、世界で最も影響力のあるフィルムメーカーであり起業家でもある。中国人の間で、グローバルなコンテンツへの受容は高まっており、今回のコラボレーションが文化の架け橋となること、そして中国の消費者にポジティブな影響を与えることと信じている」と語った。

またスピルバーグも、「アリババのような価値ある会社に我々のパートナーに加わってもらうことはとても光栄なこと」と述べている。

アリババはこれまでにもトム・クルーズ主演の「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」や「ミュータント・ニンジャ・タートルズ 影(シャドウズ)」、「スター・トレック BEYOND」などにも出資しており、ハリウッドコンテンツへの参画に積極的だが、映画作品ではなく、製作会社への出資はこれが始めてだ。

スピルーバーグがディズニーと組んで制作した「BFG」はアメリカでは思ったように興行成績が伸びず、興行的に苦戦を強いられたのだが、中国で協力なパートナーシップを経て中国で当たりが取れれば制作費の回収も可能かもしれない。
パシフィック・リムも、アメリカと日本では思うような興行成績を上げられなかったが、中国での大ヒットを受けて続編制作が決定したという経緯もある。ハリウッドにとっての中国市場の重要性はますます高まりつつある。今回の提携は、アンブリンにとっては心強いものとなるだろう。

あわせて読みたい

「アリババ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    W杯も「安倍が悪い」無能な野党

    かさこ

  2. 2

    竹中平蔵氏が労働者無視の残業論

    国家公務員一般労働組合

  3. 3

    RAD炎上曲を擁護するファンの謎

    WEDGE Infinity

  4. 4

    がん患者へのヤジ議員 差別訴え

    猪野 亨

  5. 5

    「大迫半端ないって」の胡散臭さ

    新井克弥

  6. 6

    メガバンクの時代遅れなリストラ

    城繁幸

  7. 7

    ジョイフルのありえない分煙状況

    Hayato Ikeda

  8. 8

    米国が北に仕掛けた無慈悲な取引

    MAG2 NEWS

  9. 9

    北欧の性教育に女子大生が驚愕

    SmartFLASH

  10. 10

    日本の孤立化認めた櫻井よしこ氏

    天木直人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。