記事

「ニンニクマシマシ!」ラーメン二郎ファンは愛知県の人口と同じ

武蔵野大学、杏林大学兼任講師 舞田敏彦=文

ラーメン二郎ファン数は愛知県の人口と同じ!

前回に引き続き、風変わりなグラフを紹介していこうと思います。

まずは、美味しい話題から。私は、『ラーメン二郎』が大好きな「ジロリアン」です。その筋ではよく知られている、油たっぷりの極太ラーメン。人によって評価は分かれるようですが、私はハマっています。

去年の秋から今年の春にかけて、首都圏(1都3県)の全店舗を制覇しました。トッピングはいつも「ニンニクマシマシ!」。最近は、お気に入りの店舗(横浜関内店、めじろ台法政大学前店、相模大野店、八王子野猿街道店など)を週1でリピートしています。

さて、このラーメン二郎ですが、食べたことがある人は国民の何%くらいか。経験者の感想はどういうものか。

調査データを探してみたところ、マイナビスチューデントさんが2015年6月にWebアンケートをしています。19~78歳の社会人男女が対象で、432人から回答を得ています。同サイトの登録読者が対象ですので、サンプルに偏りがあるでしょうが、二郎系ラーメンの経験率と感想を問うた、唯一の調査データとして注目されます。(https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/16114

調査の設計はシンプルで、二郎系ラーメンを食べたことがあるかを尋ね、経験者には「おいしいか、おいしくないか」、未経験者には「食べたいか、食べたくないか」を答えてもらっています。

このように質問が分化するSQ形式(編注:Sub Question=枝分かれ質問)の回答をグラフにする場合、皆さんはどうしますか。私なら、以下のような図にします。調査対象の432人を正方形に見立て、横軸で経験の有無、縦軸で感想の比重を表現する図法です。



「食べたことがある」の割合は13.4%、およそ7人に1人です。若い男性に限れば経験率はもっと高いでしょうが、老若男女をひっくるめた成人全体ではこんなものでしょうか。このうち、「おいしい」と「おいしくない」の評価の比は「6:4」ほど。やっぱり割れますねえ。

未経験者の今後の意向は、「食べたいとは思わない」が4分の3と多くを占めます。女性や高齢者は、あの実物の写真(編注:分厚いチャーシュー数枚に、山盛りのもやしとキャベツ、豚骨ベースの脂肪分多めな醤油味スープ)をみると尻込みしてしまうのでしょうが、プチサイズや「麺半分」というオーダーもできますので、一度食べてほしいなと思います。

図の色つき部分は、二郎系ラーメンの経験があり、かつ「おいしい」と評している広義の「ジロリアン」で、全対象者に占める割合は7.9%です。2015年の『国勢調査速報』によると、19~78歳人口は9348万人。先ほどの比率をこれに乗じると、全国の推定ジロリアン数(広義)は738万人と見積もられます。愛知県の人口と同じくらいです。

二郎のマーケットは広し。二郎の店舗の多くは首都圏にありますが、地方進出すれば、さらなる利益が望めるのではないかと思います。

アンケートではSQ形式を使うことが多いですが、設問が分化するとベースも変わりますので、回答比率の意味を読み違える恐れも出てきます。先ほどの例だと、「おいしい」の回答比率は、経験者ベース(58.6%)と全体ベース(7.9%)では大きく違います。比率の意味するところをイメージしやすくする上で、先ほどの図法は有用ではないかと思います。

20~34歳男性未婚率、ただいま7割!

次のトピックは、若者の婚姻・恋愛です。私は今年で40歳になりましたが、まだ独身です。こういう身の上もあってか、若者の婚姻や恋愛に関する統計をこまめにウォッチしています。

若者の未婚化が進んでいるのは多くの方がご存じでしょうが、近年の注目される傾向は、恋人はおろか交際異性(友人として)すらいない者の増加です。図2は、バブル期の1987年と2015年現在の様相を比べたものです。20~34歳の男性の人口量を、正方形の面積で表しています。



少子化の影響で、ベースの人口量は1227万人から956万人へと減っています(全体の正方形が小さくなっていますね)。未婚者の量も減っていますが、全体に占める割合(未婚率)は上昇しています。1987年は60.7%でしたが、2015年では70.2%です。よく知られている「未婚化」です。

しかるに注目ポイントは、未婚者の中で、恋人はおろか交際異性すらいない男性が増えていること。1987年では実数にして351万人でしたが、2015年現在では459万人にまで膨れあがっています。20~34歳男性全体に占める割合も、28.6%から48.0%へと激増です。今日では、若年男性の半分近くが、恋人はおろか交際異性すらいないことがわかります。

この変化をもって「若者の草食化」と言われることが多いのですが、そういうメンタリティの変化だけに原因を帰すのは誤りでしょう。悲しいかな、恋人がいるかどうかは、当人が置かれた客観的状況に強く規定されています。男性は特にそうです。

私が前に、内閣府調査の個票データを独自に分析したところ、未婚で恋人もいない者の割合は、20代の正規雇用男性では50.4%でしたが、非正規雇用の男性では81.1%にも達していました(内閣府『我が国と諸外国の若者の意識に関する調査』2013年)。女性にはみられない、男性固有の傾向です。

大きな声で言いたくはないですが、男性の場合、結婚を前提にしたお付き合いをするなら、相応の経済力を求められる、ということでしょう。しかし、このご時世。男性の収入は減り、雇用の非正規化も進んでいます。若者の未婚化・交際異性ナシ化(図2)は、彼らを取り巻く経済状況の悪化という、社会全体の問題とも関連していると思います。

図2の面積図は、観察対象の相対比率(%)と同時に、その絶対量も視覚的に表現するのに使えます。この図のミソは、交際異性ナシの比重の増加に加えて、その絶対量が増えていることも可視化していることです(正方形の面積で)。読者の皆さんが仕事で売り上げの変化の相対量・絶対量を表すのに、こういう図法を使ってみてはいかがでしょうか。

次回も引き続き、国内外の統計を私流の切り口で図にしてお見せすることにしましょう。

あわせて読みたい

「ラーメン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    デリヘルに素人専門が増えた理由

    PRESIDENT Online

  2. 2

    質問力なし 報道のTBSは死んだ

    和田政宗

  3. 3

    小池氏会見まるでイキった大学生

    キャリコネニュース

  4. 4

    自民は本気の小池氏を甘く見るな

    安倍宏行

  5. 5

    橋下氏 解散批判する野党に苦言

    橋下徹

  6. 6

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  7. 7

    小池氏登場で自民圧勝は不確実に

    近藤駿介

  8. 8

    北の日本攻撃ありうる歴史的背景

    ヒロ

  9. 9

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  10. 10

    北外相「米爆撃機撃墜の権利も」

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。