記事

うっかり使うと赤っ恥をかく「カタカナ語」

プレジデント編集部 内林大士=文

「それはチャレンジングだね」

あなたはある仕事を着手するかしないかを上司に相談したところ、こう言われました。

さて、あなたならどう受け取りますか?

A「難しそうだけどやる価値があるよ、がんばってやりなよ」
B「難しそうだからやめたほうがいいよ」


PRESIDENT 2016年10.31号「『超』ウケる言い方入門」

上司が積極的なイケイケどんどんタイプなら、あなたはAと判断したかもしれません。石橋を叩いても渡らない保守的なタイプなら、Bでしょうか。

「『チャレンジング』は、実は『難しい』の意味しか持たない単語です。人によって解釈があいまいですので、ニュアンスを正確に聞き出したほうがいいでしょう」

と教えてくれたのは、言語学が専門の慶應義塾大学文学部教授の井上逸兵先生です。

「コンセンサス」「ベネフィット」「リベンジ」……。いまの職場にはカタカナ語があふれています。

「チャレンジング」のように定義が曖昧なまま使うと、混乱を招くカタカナ語も少なくありません。井上先生によると、多くの人が考えている意味と、本当の意味がまったく違っている言葉もあり、ビジネスシーンでは安易に使わないほうが賢明な場合もあります。

にもかかわらず、なぜ人は一般的ではないカタカナ語を使いたがるのでしょうか。カタカナ語を使うことによって何か利点はあるのでしょうか。

最新号『「超」ウケる言い方入門』の記事「うっかり使うと赤っ恥『バカに見えるカタカナ語』図鑑」では、井上先生にさまざまなカタカナ語を例に挙げながら、本当の意味から、より賢く見られる言い換えまで解説いただきました。

当号では、ほかにも言い方や口グセにおける24の具体的な悩みに対して、行動経済学、生物学、脳科学、心理学などの各界プロの知恵を結集して、改善するための処方箋を明らかにしました。ぜひご覧ください。

あわせて読みたい

「マナー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    Amazonで大「中華詐欺」が勃発中

    永江一石

  2. 2

    米朝開戦の「Xデイ」は間近に?

    田原総一朗

  3. 3

    「結婚して仕事辞めたい」が話題

    キャリコネニュース

  4. 4

    "大臣激怒"の記者が語る自主避難

    週刊金曜日編集部

  5. 5

    民主党終わらせた菅元首相の一言

    中妻穣太

  6. 6

    野党は壊滅 日本と酷似する英国

    小林恭子

  7. 7

    日本は北朝鮮危機への"解がない"

    三浦瑠麗

  8. 8

    元乃木坂の橋本奈々未が男と密会

    文春オンライン

  9. 9

    相次ぐ反乱で民進党はどうなる?

    THE PAGE

  10. 10

    DeNA採用担当 就活生とホテルへ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。