記事

「スーパーエリートが過労死する国」は子どもたちの夢を砕く(田中俊英)

■メンバーシップとミドル・アップダウン

今回の「電通社員・過労死認定」に関しまして、亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りいたします。

この出来事に関して、すでに多くの報道や論評があるが、日本の子ども若者問題と関連ある立場から、僕はやや「一般化」して問いかけてみたい。

それは、今回お亡くなりになられた方を含め、「スーパーエリート」が過労死してしまう社会環境をもつ我が国で成長していく子どもたちにとって、東大や電通といった学歴社会の頂点に立ったあとも待っているらしい過酷環境を想像することは、彼女ら彼ら子どもたちが抱く「夢」とどう関係していくか、ということだ。

こうした過労死を導く要因として、

1.「メンバーシップ」制をベースにしたドメスティックな職場環境

2.「ミドル・アップダウン」制単位で動く決定機構

3.1と2を背景にした、過剰な会議・稟議・ホウレンソウ

等があると言われる。

1.は僕はFacebookお友達から指摘されてなるほどなあと唸ったのだが、それより以前から、たとえば池田信夫氏によって指摘されていたようだ(電通「過労自殺」事件にみる労働生産性の低さ)。

たとえば最近の池田氏のブログには以下のような一節がある。

【資料づくりに朝4時まで残業するという昭和的な仕事のやり方が、日本のホワイトカラーの労働生産性が低い原因だ。先週のアゴラ経済塾でも議論したが、日本の職場は上司や同僚との長期的関係で情報を共有することが目的なので、ネットワークでできる仕事でも大部屋でやる】

ここで言われる「長期的関係」が、正社員中心の「メンバーシップ」組織のことで、安定した雇用契約の中での、ドメスティックで非生産的でハード(パワハラ・セクハラ含む)な職務内容により、組織の底辺にいる人々(あるいは中間的立場にある人)が追い詰められていく。

■プレッシャーは結局、末端や新人に

この閉鎖空間における暴力性は、さらに「ミドル・アップダウン」単位、つまり課長以下のタコツボ「現場」决定組織中心で構成される独特の組織形態のなかで強調されていく。

丸山真男をわざわざ引かなくとも、日本組織の中の「中心と責任の不在と決定力のなさ」は広く共有されている。

それでも1500年以上かけて形成されたその「空気」は簡単には改善されないので、中心の不在をカバーするように、「組織内ミニ組織」つまりは「現場」の力によって日本は高度なレベルを維持していいる。

僕自身、たくさんの行政の委託事業を運営してきて感じるのは、エネルギッシュな課長と課長補佐がそろった年は「当たりの年」であり、そのミドル・アップダウンの力によって大きくシステムが動いてきたのを目にしてきた。

だから一概にミドル・アップダウン組織を否定はできないのであるが、その反動として、やはり「現場への圧力」というのがどうしても大きくなってしまう。

中心が責任不在なだけに、ミドルとその下とその周辺にふりかかるプレッシャーは並大抵のものではない(実際、僕はNPO代表時代に、これも一因として脳出血になってしまった←話が長くなるのでまた別稿に書きます)。

つまり、そのプレッシャーは結局、末端や新人に降り注がれる。

現実としてそのプレッシャーは過剰な会議・稟議・ホウレンソウとなり、徹夜の書類作成やいつ終わることのない準備作業となっていく。

■「次世代のこの国を担う方々」の目

今回は東大→電通という、いわば日本最強のエリートコースの人に襲いかかった組織的圧力(暴力)だったので、このように大きくとりあげられている。

問題が潜在化されていくよりはマシだと僕は思うが、こうした報道や議論を毎日聞かされる子どもたち(高校生含む)は、こうした日本社会に関してどう感じるだろう。

たとえ日本に諦め海外に出たとしても、「日本」という意味は常にそうした人も含めて日本人を覆う。

子どもたちは、若者たちは、こうした「スーパーエリートが過労死する国」に対して諦めてしまうだろうか。

それとも、この国の特性を見極めた上で、変革の力の一翼を担ってくれるだろうか。

我々大人たちは、いまのこの閉塞社会を報道したり論じたりするときに、いつもこの「子ども・若者の目」を意識する必要がある。

子ども・若者を言い換えると、「次世代のこの国を担う方々」だ。

次世代のこの国を担う方々に対して、現在社会の中核で生きる我々は何が応答できるか。もちろん、過労死をなくす努力をしていかなければいけない。

また、宇多田ヒカルの世界iTunesランクイン入りに代表されるように、ついに出てきたワールドクラスの才能をさらに発見し育成し伝達していかなければいけない。

ロンドンで自由になれるのではなく、この日本で、東京で、大阪で、あるいは多くの地方中核都市で、我々大人は過労死をなくし、自由でおおらかな社会環境を、次世代のこの国を担うみんなに用意する必要がある。★

※Yahoo!ニュースからの転載

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    "外見は悪いがモテる男性"の秘策

    PRESIDENT Online

  2. 2

    "コミュ力強者"大量採用で大混乱

    キャリコネニュース

  3. 3

    カジノだけ"依存症"報じる異常さ

    大西宏

  4. 4

    ロードスターRF"原点回帰"の狙い

    PRESIDENT Online

  5. 5

    ビル・ゲイツが選ぶ必読書5冊

    フォーブス ジャパン

  6. 6

    "残業する人"を評価する日本企業

    非国民通信

  7. 7

    "カジノ解禁"富裕層を利する悪法

    メディアゴン

  8. 8

    VR開発者が明かす"厳しい現実"

    ニコニコニュース

  9. 9

    ヨーロッパで止まない"反EU"の風

    THE PAGE

  10. 10

    ハフポストに記事削除求めた理由

    クマムシ博士・堀川大樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。