記事

世界有数のバリアフリー推進国、日本にできること

1/4
村上 敬=構成 宇佐美雅浩=撮影

バリアフリー対応のコンサルティングを行う「ミライロ」。自らも車椅子で営業に回る垣内社長のモットー「障害を価値に変える」の意味とは?

日本の障害者数は約800万人。高齢者も含めると、4000万人にものぼる人々が「バリアフリー」を必要としている。世界有数のバリアフリー推進国である日本だが、健常者が想像で作った結果として使いにくくなってしまうなど、すべてが障害者目線でできているわけではないという。

バリアフリー対応をする施設や店舗などに、コンサルティングを行い、またその情報を発信する事業を行っている企業が「ミライロ」である。ミライロ社長の垣内俊也氏は、骨形成不全症という病気を抱えており、幼いころから車椅子生活を送ってきた。寝たきりの状態で大学受験をし、立命館大学在学中に起業。現在はミライロの経営を通して、障害を価値に変えるという理念「バリアバリュー」を世界中に広げていくことを目指している。

自らの障害をビジネスに変えて突き進む垣内社長。彼はなぜこんなに気力に満ちているのだろうか? 田原総一朗氏と垣内俊也氏の対談、完全版を掲載します。



障害に絶望し、3回の自殺未遂

【田原】垣内さんは生まれて間もなく、骨の病気を抱えていることがわかったそうですね。どのような病気ですか。

【垣内】骨形成不全症という病気です。人の骨を丈夫にするI型コラーゲンの異常などで、骨が非常にもろいのです。ようやく歩けるようになったのは3歳のころですが、運動会やマラソン大会の前には決まって骨折していました。今日まで骨折の回数は20回。人生の5分の1は病室で過ごしてきたんじゃないでしょうか。

【田原】いま車椅子にお乗りですが、それはいつから?

【垣内】車椅子に乗り始めたのは幼稚園からですね。中学生のころには、ほとんど車椅子で生活していました。

【田原】障害があることについて、ご自分ではどのように受け止めていたんですか。

【垣内】中学生のころ、友達と掃除当番をさぼってホウキで野球をしていたら、友達はみんな叱られたのに、私だけ先生から「俊哉君は障害があるから掃除ができてなくても仕方がないわね」と言われたことがありました。先生に悪気はなかったでしょう。ただ、このとき初めて自分は弱者であることを認識させられました。自分はみんなと同じつもりでいたけど、障害者と健常者の間には壁があるんだなと。

【田原】壁を感じて、どうしたのですか。

【垣内】とにかくその壁を壊したくて、自分の障害を克服することに躍起になりました。高校は地元の岐阜の公立校に入りましたが、治療のために中退して大阪へ。残念ながら骨の状況は好転せず、自分の足で歩くことはかないませんでした。そのことがわかったとき、私は三度にわたって自分の命を絶とうとしました。最初は病棟の屋上から飛び降りようとしたのですが、立つこともできずに死ねなかった。いま振り返ると、本当に浅はかでしたね。

死ねなければ、生きるしかない。大学在学中に起業

【田原】その心理状態から、よく立ち直りましたね。

【垣内】死ねなければ、生きるしかない。どうやって生きようかと考えに考えた結果、浮かんできたのが大学に行くことでした。自分が生きていくためには、歩けなくてもできることを探さなくてはいけません。そのためには知識や技術、経験が必要で、それらを身につけるためにまず大学に行こうと考えたのです。

【田原】中退しているから、大検ですか。

【垣内】はい。大検は合格して、立命館大学経営学部を受験しました。実は試験2週間前に車椅子で転倒して入院。寝たきりだったので、試験当日は滋賀にあるキャンパスまで民間の救急車で運んでもらって受験しました。無事に合格できたときはうれしかったですね。

【田原】垣内さんは大学在学中に起業しました。もともと起業は頭の中にあったのですか。

【垣内】最初に起業を考えたのは高校生のころです。当時は障害がある自分が嫌いでした。起業を考えたのも、コンプレックスを克服して自分を好きになろうという自分本位の考えからです。

【田原】大学に入ったら自分本位じゃなくなったんですか。


ミライロ社長・垣内俊也氏

【垣内】裕福な家庭に育ったわけではないので、大学進学後はアルバイトする必要がありました。ただ、歩けないので可能な仕事は限られています。そんな中で私を採用してくれたのが、あるホームページ制作会社でした。そこで私は営業を担当して、2カ月後には営業成績が1番になりました。私は車椅子なので他の営業マンの半分ほどしか数を回れなかったのですが、車椅子だと目立つので、逆に先方に覚えてもらえたようです。このとき上司に言われたのが、「車椅子に乗っていることが営業の結果につながっているのだから、歩けないことに誇りを持て」。それまで歩けないことをマイナスとしてしかとらえていなかった私には、この考え方がとても衝撃的でした。そこから起業の目的も変わりました。自分のコンプレックス克服より、バリアバリュー、つまり障害には価値があるという考え方を日本中、世界中に広げていくために起業しようという思いが強くなったのです。

【田原】そうですか。起業するにあたって、まずどこから手をつけたのですか。

【垣内】お金がなかったので、まずビジネスのアイデアだけは練っておこうと思って、友人と2人でさまざまなコンテストに応募しました。銀行や新聞社が主催するビジネスプランのコンテストです。いろいろ応募しているうちに、13のコンテストで賞をいただき、賞金も300万円近く貯まりました。それを元手に起業しました。

【田原】ほお。賞を獲ったのは、どんなプランでしたか。

【垣内】ある新聞社さんのコンテストで評価していただいたのは、大学のバリアフリーの地図をつくる事業です。私もその1人でしたが、いまは昔と違って障害のある子どもたちが普通に小学校、中学校、高校に行き、大学進学を考える時代になりました。ただ、大学の受け入れ態勢が整っているとは言い難い。このままでは進学者数が増えないおそれがあるという観点から、大学のバリアフリーのマップをつくるサービスを考えました。

【田原】賞をもらって、大学2年生のときに株式会社ミライロをつくった。ミライロってどんな意味ですか?

【垣内】ミライロの意味は2つあります。まず、「未来への色」。そして「未来への路」でミライロです。障害のある方やそのご家族は、自分たちで決めた道を進むことが難しく、つい将来を悲観しがちになります。そうではない、誰だっていろんな色を描いたり、いろんな道を歩んでいけるんだという思いを込めて、この社名にしました。

あわせて読みたい

「バリアフリー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏"小池都政は大成功だ"

    橋下徹

  2. 2

    日産「ノート」が売上1位の理由

    片山 修

  3. 3

    報じられない「熊本地震」の現状

    田野幸伸

  4. 4

    ピコ太郎が今年のYouTube2位獲得

    島田範正

  5. 5

    示唆を与える湯浅誠氏のスピーチ

    亀松太郎

  6. 6

    "安定を求めて公務員"は正しいか

    シェアーズカフェ・オンライン

  7. 7

    "1分で心掴む"小泉進次郎の流儀

    PRESIDENT Online

  8. 8

    "真珠湾攻撃"伝える当時の米社説

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  9. 9

    "日本死ね"を言葉狩りする曽野氏

    小林よしのり

  10. 10

    mixi黒歴史晒しで休眠アカ一掃?

    アクトゼロ ブロガーズ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。