記事

なんだかなあ、という発言は、無視していい、という考え方

アメリカ大統領選挙の、トランプさんとヒラリーさんの討論を、一部は映像で、あとは仕事をしながら音声で聞いている。トランプさんが、今まで自身の集会やツイッター上の発言で繰り返してきたヒラリーさんの批判を相手がいる前でやっているのを見て、おやっ、と思った。

「ヒラリーは喋るばかりで、何もやっていない」「ヒラリーの判断は、間違ってばかりだ」「ヒラリーはずるい」などと、目の前にヒラリーさんがいるのに繰り返すトランプさんを見て、正直、「なんだかなあ」という気持ちがわき上がってくるのを抑えられなかった。

もともと、トランプさんの発言は認知的バイアスや陰謀論に満ちている。それを単独で言っているときにもすでに「なんだかなあ」と思ったが、それを、相手が実際に目の前にいるのに繰り返すのは、「なんだかなあ」を通り越して、「チョーなんだかなあ」という感じであった。

同じように「なんだかなあ」と思ったのは、南海電鉄の車掌さんが、「本日は外国人のお客さまが多く乗車し、ご不便をお掛けしております」というアナウンスをなさったというニュースhttp://mainichi.jp/articles/20161011/k00/00m/040/058000cで、もともとは乗客の発言に対する対応だったという。

「難波駅で車内の日本人男性客が『外国人が多くて邪魔』という内容を大声で叫んだのを聞き、トラブルを避けるために放送した。差別の意図はない」との車掌さんの言葉に、車掌さん自身よりも、その「日本人男性客」の発言に「なんだかなあ」というか、「チョーなんだかなあ」と思うのである。

世の中には、認知的バイアスや、思考の硬直化で、「なんだかなあ」とか、「チョーなんだかなあ」という発言をなさる方がいる。そういう発言に、どう「対処」すればいいのかと言えば、いちばんいいのは「無視すること」だと思う。

ケンブリッジに留学している時、セミナーや、みんなで議論している時に、ナイーヴな発言、考えの足りない発言、文脈に関係ない質問などが出ると、「無視」(スルー)されるのを、何度も目撃した。そのような発言に対応するのは、無駄だからである。

トランプさんの偏見に満ちた発言も、難波駅の日本人男性客の方の発言も「チョーなんだかなあ」なので、基本的に無視すればいい。ただ、大統領に選ばれたり、実際に外国人の方に迷惑がかなるとなんだから、投票や、もしもの時の迅速な対応を通して「パッチ」を当てればいいだけの話だと思う。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏"小池都政は大成功だ"

    橋下徹

  2. 2

    日産「ノート」が売上1位の理由

    片山 修

  3. 3

    報じられない「熊本地震」の現状

    田野幸伸

  4. 4

    ピコ太郎が今年のYouTube2位獲得

    島田範正

  5. 5

    示唆を与える湯浅誠氏のスピーチ

    亀松太郎

  6. 6

    "安定を求めて公務員"は正しいか

    シェアーズカフェ・オンライン

  7. 7

    "1分で心掴む"小泉進次郎の流儀

    PRESIDENT Online

  8. 8

    "真珠湾攻撃"伝える当時の米社説

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  9. 9

    "日本死ね"を言葉狩りする曽野氏

    小林よしのり

  10. 10

    mixi黒歴史晒しで休眠アカ一掃?

    アクトゼロ ブロガーズ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。