記事

七人の侍4Kデジタルリマスターは確かに素晴らしかった。必ず観に行くべし

午前十時の映画祭1

映像もさることながら、音声が明瞭になったと評判の「七人の侍」4Kデジタルリマスターを見てきた。確かに音も画も大変美しかった。
これまでに「七人の侍」劇場では2回見ている。1回目は今は亡き大井武蔵野館にて。落ち武者狩りが発覚して菊千代が怒鳴り散らす場面あたりで音声トラブルがあり、無音状態になってしまい、その後復旧に30分くらいかかっていた。初めての「七人の侍」がそんな体験だったのだが、その後、アメリカ留学中に見る機会があり、きちんとトラブルなく観ることができた。プリントの状態は、まあ50年代のプリントであるから、それなりに傷ついてはいた。音も劣化したプリントだと、ブツッと音がしたり、ジジジ・・・と妙なノイズが混じったりといろいろ気が散る要素が多いのだけど、アメリカのプリントもやはりそんな状態ではあった。ただ、セリフの内容に関しては、英語字幕があるから、日本で見た時より理解がしやすかった。

野上照代さんによると、「七人の侍」はセリフが聞き取りにくいと公開当時も言われていたそうだ。今回のリマスターでは、聞き取りにくい台詞も明瞭にし、かなり聞き取りやすくなっている。ただ、過剰にわかりやすくしているわけでもなく、あくまで原音に忠実に美しい音に仕立てている。ノイズがないだけで、環境音も際立つし、強く風の吹いているシーンが多い映画なのだが、風の音もハッキリと聞こえる。今回のリマスターのよって台詞よりも恩恵を被ったのは環境音の方かもしれない。

今回音声の復元に使用されたのは、スイスのSONDOR社のResonancesという装置だそうだ。音のレストアは音声用のネガからポジを起こしてデジタル録音していくが、Resonancesは音声を信号としてではなく、映像としてスキャンしていくらしい。画像として得られた波形トラックからデジタル音声を得ることだ可能だそうで、ポジを起こす手間を省けるし、デジタル上で補正することでノイズなども除去でき、アナログコビーで発生するような音の劣化も防げるので、フィルムを焼いた時の音声よりも原音に近い音を再現できる可能性もあるようだ。(参照

映像に関しては、劣化したフィルムは全体的に白っぽくなり、それによって濃淡がつぶれることがあるが、今回の補正は非常にはっきりした陰影が再現されていた。黒澤映画の特徴である望遠パンフォーカスは画面全体がくっきり見えるるので、すみずみまでゴミがないととても気持ちよく見られる。劣化フィルムプリントでは、屋内シーンがかなり暗かったような憶えがあるが、今回は全く気にならなかった。

映像も音もクリアになり、今まで一番良い鑑賞体験になった。本作は何度も見返しているが、今まで一番作品世界に没頭できたことは間違いない。3時間半の長時間全く飽きさせないし1カットたりとも目が離せない。文字通り207分釘付けになってしまった。

全集 黒澤明〈第4巻〉七人の侍 生きものの記録 蜘蛛巣城 の頃
黒澤 明
岩波書店
売り上げランキング: 226,412

あわせて読みたい

「映画」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日米が演出 「開戦前夜」の狙い

    PRESIDENT Online

  2. 2

    橋下氏"日米は韓国の声聴くべき"

    橋下徹

  3. 3

    北への武力攻撃は"今しかない"?

    小林よしのり

  4. 4

    元モー娘。小川麻琴が大学講師に

    メディアゴン

  5. 5

    メルカリで卒アルを売買する理由

    キャリコネニュース

  6. 6

    自民が超会議でカレーを無料配布

    キャリコネニュース

  7. 7

    日本電産会長が億単位の寄付

    中田宏

  8. 8

    中国人金持ちマダムの旅行に密着

    文春オンライン

  9. 9

    首相の「森友隠し」思惑は外れた

    五十嵐仁

  10. 10

    「ゴムつけて」反発しない伝え方

    市川衛

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。