記事

トホホなロンドン勤務 投資銀行受難時代

その昔、投資銀行でロンドン勤務を言い渡されるのは出世コースに乗ったことを意味しました。「ウインブルドン現象」という言葉に象徴されるように、ロンドンの金融街シティは、世界からトッププレーヤーが集結する、華やかなステージだったのです。

フロントオフィスと呼ばれる、M&A、リサーチ、トレーディングなどの分野では、エキスパットと呼ばれる、パリやニューヨークからの転勤組が多いです。

1

しかし最近のポンド安で、ロンドン勤務の魅力は薄れています。10年前に比べて、英国勤務の報酬(ジュニア・バンカー、2年目)はドルでは-33%、ユーロでは-23%も下がりました。

2

運用部門を別とすれば、ロンドンにおける投資銀行業務は、キャピタル・インテンシブ、すなわち多額の資本を喰うものが多いです。

欧州の銀行の自己資本が適正かどうかに関し、投資家が厳しい視線を送っている中、経営者としては(もう畳んでしまおうか?)という気持ちになりやすいです。実際、先日、コメルツ銀行がロンドンで大きなリストラを発表しています。

このように、ロンドンの投資銀行に勤めるプロフェッショナルの皆さんは、トホホな状況になっているのです。

あわせて読みたい

「欧州経済」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK契約義務なら相応の番組作れ

    中田宏

  2. 2

    子宮頸がんワクチン 男も接種を

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    よしのり氏「グッディ!」を評価

    小林よしのり

  4. 4

    「日本が中国に完敗した」は暴論

    文春オンライン

  5. 5

    トヨタとパナ社長が共同会見へ

    ロイター

  6. 6

    中国人カキ殻100t投棄 どう対策

    高橋亮平

  7. 7

    現実見ない「中国スゴイ」に苦言

    文春オンライン

  8. 8

    トイレ行列増加の原因は働き方か

    山本直人

  9. 9

    PEZY関連財団は元TBS山口氏実家

    田中龍作

  10. 10

    民進離党止めない大塚代表の狙い

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。