記事

キム・ヨナ選手2題

 ちょっと今日は趣向を変えて、キム・ヨナ選手の話題について興味深い記事を連続して目にしたので、これについて少し。

1 キム・ヨナ選手にならい浅田真央選手で五輪を

 一つめは、『韓フルタイム』の「韓国メディア「平昌をうらやむ東京、浅田真央で五輪を狙っているようだ」」です。韓国は悲願とも言える2018年冬季五輪の平昌招致に成功し、喜びにわいておりますが、英字新聞Japan Times が10日に"Kim’s contribution crucial to Pyeongchang's victory"(平昌勝利に大きく貢献したキム・ヨナ)」と題するコラムを掲載したことが韓国で紹介されたそうです。

 ただ、この記事によると、この記事を紹介するにあたり、『ソウル新聞』など韓国のメディアは11日、「日本のメディアが『私たちは浅田真央で五輪を招致しよう』と主張している」などと紹介したとしております。全くハングルは読めないので、どの程度の紹介だったかわかりませんが、ソウル新聞「など」といっている以上は複数のメディアがそうした論調で紹介したのではないかと推測します。

 『韓フルタイム』の記事でも「日本で浅田真央選手を2020年東京五輪招致活動のマスコットガールにしようといった報道は聞いたことがなく、ジャパンタイムズの報道を、日本メディア全体がそう報じているように伝えているのには違和感を感じざるを得ない。」として、こうした韓国の報道に対し、苦言を呈しています。

 最近ではインターネットで外国のメディアを直接みることができると言っても、読めなければ何の役に立ちません。そのため、言語を読解できない国における報道のされ方などについては、こうした翻訳記事を見て、翻訳記事が正しいという前提で情報を仕入れるしかないのですが、結構翻訳ミスは起こりえますし、中国の翻訳記事のように、意図的に翻訳をちがえるということも多くあるので、かなり気をつけなくてはならないと思っています。

 実際、上記の『ソウル新聞』などの記事も誤訳というわけではないですが、かなり意図的なものを感じないでもありません。


2 『報道ステーション』での、キム・ヨナ選手の五輪招致プレゼン報道

 『サーチナ』によると、6日に報道された『報道ステーション』で、平昌が2018年冬季五輪開催地に選定されたニュースを伝える際に、キム選手のプレゼンテーションのところで「私の夢をかなえるためにほかの都市よりも(韓国)を応援してください」との字幕を流したということです。

 ところが、キム選手は英語で「Thank you dear IOC members for providing somene like me the opportunity to achieve my dreams and to inspire others」と発言しており、これは「私のような人間の夢を叶え、ほかの人をインパイアする機会を与えてくださったIOC委員らに感謝の意を申し上げます」という意味であり、字幕は意図的に訳を変えたのではないかと批判をうけ、テレビ朝日は謝罪する事態になったというものです。

 テレビの字幕については、映画もそうですが、どうしても文字数に制限があるので、かなりの意訳をしているのが普通であり、「あれ半分くらいしか字幕で訳していない」と思うことがあります。キム・ヨナ選手の発言は長く、それを全部字幕に落としたのでは、視聴者が読み切れないと判断し、意訳したのでしょうが、確かに意訳のしすぎといえるかもしれません。

 自分でも中国語の翻訳記事をメインにブログを書いているので、何だかんだ言ってこうした翻訳や紹介の仕方によって全く読者に本来の記事を別なものに変えて紹介してしまうことは気をつけなければと思い、今日のエントリーとなりました。

 ただ、実際は最初に私の嗜好があり、これなら何か自分の意見が書けそうという記事を探して、ブログを書いているので、あまりこうしたことを気にしてもどうしようもないといえば、どうしようもないのですが。

 また、こうした記事を見て思ったのが、韓国のキム・ヨナ選手にかける思いです。どうも竹島と一緒で、彼女のことはある種のタブーのようになっており、何かあるとすぐ問題になってしまうようです。別に他国の人が自国民のことをどう思おうが、私的にはどうでもよいのですが、ここまで期待を掛けられるのは他人事ながらつらい時もあるのではないかと思い、その意味で多少同情はしています。

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室引退 実に後味の悪い文春砲

    渡邉裕二

  2. 2

    よしのり氏「小室哲哉は気の毒」

    小林よしのり

  3. 3

    河野氏の韓国強硬外交は歴代突出

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    千畝読めない? 疑惑の首相を擁護

    文春オンライン

  5. 5

    小室哲哉 3年前から妻とぶつかる

    THE PAGE

  6. 6

    外国人も失望? 蔓延する残念和食

    NEWSポストセブン

  7. 7

    小室引退に坂上忍が辛口コメント

    NEWSポストセブン

  8. 8

    高須院長 南北合同の五輪に激怒

    NEWSポストセブン

  9. 9

    年収1000万円の銀行員が続々転職

    キャリコネニュース

  10. 10

    いきなりステーキ脅かす競合登場

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。