記事

米9月雇用統計・NFPは鈍化も、12月利上げ織り込み度が上昇

1/2

Jobs Report Raises Odds For December Rate-Hike.

米9月雇用統計・非農業部門就労者数(NFP)は前月比15.6万人増と、市場予想の17.2万人増を下回った。前月の16.7万人増(15.1万人増から下方修正)にも届かず、4ヵ月ぶりの低水準。過去2ヵ月分は0.7万人の下方修正(7月分が27.5万人増→25.2万人増、8月分は15.1万人増→16.7万人増)となる。6〜8 月期平均は19.2万人増となり、2015年平均の22.9万人増を下回った。年初来も17.8万人増と、2015年のペースに及ばない。

NFPの内訳をみると、民間就労者数が前月比16.7万人増と市場予想の17.0万人増を下回った。8月の14.4万人増(12.6万人増から上方修正)に届かず、4ヵ月ぶりの低水準を示す。民間サービス業が15.7万人増と、前月の16.9万人増(15.0万人増から上方修正)以下に。セクター別動向では専門・サービスがトップで、前月の4位から急伸した。次いで前月首位で上位常連の教育/健康、3位は米9月チャレンジャー人員削減予定数と同時に発表される採用予定数で明らかになった通りホリデー商戦前の臨時雇用を反映したのか小売が入った。

(サービスの主な内訳)
・専門サービス 6.7万人増>前月は3.1万人増、3ヵ月平均は6.1万人増
(そのうち、派遣は2.3万人増<前月は0.1万人減、3ヵ月平均は1.3万人増)
・教育/健康 2.9万人増<前月は5.7万人増、3ヵ月平均は4.3万人増
(そのうち、ヘルスケア/社会福祉は2.2万人増<前月は4.5万人増、3ヵ月平均は4.0万人増)
・小売 2.2万人増>前月は2.1万人増、3ヵ月平均は1.9万人増

・娯楽/宿泊 1.5万人増<前月は2.1万人増、3ヵ月平均は2.4万人増
(そのうち食品サービスは3.0万人増、2015年平均に並ぶ)
・その他サービス 1.5万人増>前月は0.8万人増、3ヵ月平均は0.9万人増
・卸売 0.4万人増>前月0.1万人増、3ヵ月平均は0.2万人増

・金融 0.6万人増<前月は1.3万人増、3ヵ月平均は1.2万人増
・情報 0.1万人増>前月は0.4万人減、3ヵ月平均は0.3万人増
・公益 ±0万減>前月は0.1万人減、3ヵ月平均は0.7万人増

・輸送/倉庫 0.9万人減<前月は1.9万人増、3ヵ月平均は0.7万人増
・政府 1.1万人減<前月は2.3万人増、3ヵ月平均は1.4万人増

財生産業は1.0万人増と、前月の2.5万人減(2.4万人減から下方修正)から改善した。米9月ISM製造業景況指数が分岐点を回復し雇用も50乗せを視野に入れたが、製造業が足を引っ張っている。建設は増加に転じ、米9月チャレンジャー人員削減予定数と足並みをそろえ、鉱業は前月の減少から横ばいに転じた。

(財生産業の内訳)
・建設 2.3万人増<前月は0.5万人減、3ヵ月平均は1.1万人増
・鉱業/伐採 ±0万人、減少トレンドを脱却(石油・ガス採掘は200人の増加と減少基調にサヨナラ)>前月は0.4万人減、3ヵ月平均は0.3万人減
・製造業 1.3万人減>前月は1.6万人減、3ヵ月平均は0.9万人減

NFPは、4ヵ月ぶりの低水準。

nfp
(作成:My Big Apple NY)

平均時給は前月比0.2%上昇の25.79ドル(約2660円)と前月の0.1%を超えつつ、市場予想の0.3%には届かなかった。しかし前年比では8月の2.4%を超え、2.6%上昇し2009年7月以来の力強さを遂げた6〜7月に並ぶ

週当たりの平均労働時間は34.4時間と、市場予想に並んだ。前月の34.3時間から改善し、7月まで6ヵ月続いた水準へ戻している。財部門(製造業、鉱業、建設)の平均労働時間は前月の40.1時間から、40.2時間へ延びた。2007年以来の高水準に並んだ2014年11月の41.1時間から、乖離を広げつつある。

失業率は6〜8月までの4.9%から、5.0%へ上昇した。リーマン・ショック以前にあたる2007年11月以来の水準へ急低下した5月の4.7%で改善がピークを迎えた可能性を示す。9月米連邦公開市場委員会(FOMC)メンバーによる2016年見通しを超えた水準も保った。失業率の上昇は、マーケットが注目する労働参加率は62.9%と、7〜8月の62.8%を超え6ヵ月ぶりの高水準だったことが大きい。なお、2015年9〜10月は62.4%と1977年9月以来の低水準だった。

失業者数は前月比9.0万人増となり、前月の7.9万人増を含め2ヵ月連続で増加した。雇用者数は35.4万人増と4ヵ月連続で増加し、前月の9.7万人増からも加速。しかし失業者も増加したため、失業率の上昇につながった。 就業率は7〜8月の59.7%から59.8%ながら、金融危機以前の水準を下回ったままだ。

経済的要因でパートタイム労働を余儀なくされている不完全失業率は3ヵ月連続で9.7%となり、金融危機前にあたる2008年4月以来の最低だった前月の9.6%を上回る水準を保つ。失業期間の中央値は11.2週と7月の11.6週以下ながら、年初来で最低だった6月の10.7週を超えたままだ。平均失業期間は前週の27.6週を下回り27.5週間となった一方、2009年9月以来で最短だった5月の26.7週超えを維持。27週以上にわたる失業者の割合は24.9%と8月の26.1%から改善しつつ、2009年3月以来の低水準を示した。

フルタイムとパートタイム動向を季節調整済みでみると、フルタイムは前月比微減の1億2430万人と4ヵ月ぶりに減少した。パートタイムは1.6%増の2764万人と、前月の減少分を相殺。増減数ではフルタイムが0.5万人減、パートタイムは43.0万人増となる。

総労働投入時間(民間雇用者数×週平均労働時間)は民間雇用者数が前月を上回り、週平均労働時間も34.4時間と34.3時間から延びたため、前月比で0.4%上昇し前月の低下分を相殺した。さらに平均賃金の伸びが加速したため、労働所得(総労働投入時間×時間当たり賃金)は、前月比0.5%上昇し前月の0.1%の低下を補って余りある水準を遂げた。

あわせて読みたい

「アメリカ経済」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    質問力なし 報道のTBSは死んだ

    和田政宗

  2. 2

    デリヘルに素人専門が増えた理由

    PRESIDENT Online

  3. 3

    小池氏会見まるでイキった大学生

    キャリコネニュース

  4. 4

    自民は本気の小池氏を甘く見るな

    安倍宏行

  5. 5

    橋下氏 解散批判する野党に苦言

    橋下徹

  6. 6

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  7. 7

    小池氏登場で自民圧勝は不確実に

    近藤駿介

  8. 8

    北の日本攻撃ありうる歴史的背景

    ヒロ

  9. 9

    生活苦で北の脅威に無関心な韓国

    ロイター

  10. 10

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。