記事

放射性廃棄物の最終処分場候補地で情報交換と相談会

最終処分場候補地の栃木県塩谷町で役場の人(中央)から説明を受ける見学者。9月10日。(写真/みかみめぐる)

最終処分場候補地の栃木県塩谷町で役場の人(中央)から説明を受ける見学者。9月10日。(写真/みかみめぐる)

東京電力福島第一原発事故発生後、全国各地で保養や避難移住の受け入れ活動を続けている団体や、被災地で送り出し活動を行なう団体をネットワークする「311受入全国協議会」が主催して、事故後5年半の節目となる9月10・11日の2日間、栃木県塩谷町に21団体50人余りが集い、福島県外に隣接する原発事故被災地の現状や放射性廃棄物の指定廃棄物最終処分場問題について現地見学と学習会を行ない、地元の市民団体や自治体と情報交換・意見交換も行ないながら、今後のあるべき活動について共に話し合った。

福島県南部の西郷村から参加した佐藤富男村議会議員は「国が予算を出さないなら町で保養予算をつけましょう」と西郷村の政策条例を語り、見形和久塩谷町長はじめ地元関係者にとって具体的な課題の見える交流会となった。

また保養や健康調査などの活動が非常に遅れている中、医師なども参加して保養を奨励するための相談会も行なった。

相談者は塩谷町・矢板市・日光市・那須塩原市・宇都宮市など栃木県内のみならず、茨城県からも夫妻で来た人たちもいるなど、県境を越えた活動と相談会の必要性を主催関係者一同で再確認した。

次回の保養相談会は11月5日(土)福島県西郷村、6日(日)福島県福島市を予定している。

(みかみめぐる・311受入全国協議会共同代表、9月23日号)

あわせて読みたい

「福島第一原発事故」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    創価学会本部のありえない行為

    週刊金曜日編集部

  2. 2

    "日本死ね"を言葉狩りする曽野氏

    小林よしのり

  3. 3

    "依存症"諸悪の根源はパチンコ

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    橋下氏「譲位反対派には驚き」

    PRESIDENT Online

  5. 5

    大谷のMVP 満票ではなかった理由

    WEDGE Infinity

  6. 6

    もう、働き方を管理するのは無理

    サイボウズ式

  7. 7

    「8時間労働教」という宗教

    自由人

  8. 8

    依存症対策を批判?共産党の迷走

    木曽崇

  9. 9

    報じられない「熊本地震」の現状

    田野幸伸

  10. 10

    ガガ レイプ経験でのPTSDを告白

    BBCニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。