記事

「ハドソン川の奇跡」に教えられた仕事との向き合い方

クリント・イーストウッド監督の「ハドソン川の奇跡」を観ました。2009年1月15日に乗客155人を乗せたニューヨークラガーディア空港からシャーロット行きのUSエアウェイズ1549便が、ニューヨークのハドソン川に不時着水した事故の実話を元に映画化した作品です。

全員を無事に救出したことで英雄となった機長は、飛行場に戻らず不時着水した判断が間違っていたのではないかと、事故調査委員会で人為事故の可能性を指摘されます。その過程で、機長自身が自分の判断が間違っていたのかも知れないと葛藤する姿が描かれます。しかし、最後に力強くこう語るのです。

「われわれは自分の仕事をしただけだ」

この映画のメインテーマは、チームワークや家族愛といったものなのかもしれません。しかし、私には「後から後悔しない仕事を常に続けること」の大切さという気づきがあった作品でした。

仕事をしていると、自分のやっていることが評価されないことがあります。私自身も銀行員の頃、マネックス証券の頃、プライベートバンクの頃、そして資産デザイン研究所になってからも、良いと思ってやったことに対して想定しなかったような周囲からのリアクションがあって、難しい局面を迎えたことがありました。

周囲からネガティブな評価があると「自分の判断は果たして正しかったのだろうか」と心が揺れることがあります。そんな時にやるべきことは「本当にベストを尽くしたか」という自分への問いかけです。

仕事を後回しにした、100%全力でやらなかった、本当は良くないと思った方法を選択してしまった・・・そんな中途半端な仕事のやり方は、後から後悔をもたらすことがあります。でも、ベストを尽くしたという自分の確信があれば、評価がどうあれ受け入れることができます。ベストを尽くすことで納得感が得られるのです。

映画の中でも、主人公であるパイロットが、調査委員会のメンバーに執拗に問い詰めらた時、最後の拠り所は、自分の仕事をやったという自負と誇りにあったように見えました。実直に自分の仕事を手を抜かずに続けてきたことが、自分の自信となって最後には確信を持てるようになったのです。

そこまでの境地に立って仕事をすることができれば、例え周囲からの誤解があったとしても、自分のやったことに後悔は無くなります。誰でも楽をしたくなる時がありますが、そんな時こそ仕事との向き合い方の基本を忘れずに思い出すことが大切なのです。

アメリカの良心を感じることができる温かく、味わい深い作品でした。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2015年10月6日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「ハドソン川の奇跡」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    朝日が仏大統領発言でっち上げか

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    内閣改造で消えた小池・野田新党

    PRESIDENT Online

  3. 3

    米国が12月以降に北朝鮮を攻撃か

    高英起

  4. 4

    信用なくてもツキはある安倍首相

    文春オンライン

  5. 5

    「米軍に勝てない」北幹部が動揺

    高英起

  6. 6

    議員秘書が明かす蓮舫氏の悪評

    fujipon

  7. 7

    小林麻耶が海老蔵の家を出た事情

    NEWSポストセブン

  8. 8

    姜尚中氏語る「戦争回避」の道筋

    亀松太郎

  9. 9

    安室奈美恵の引退に衝撃受けるな

    常見陽平

  10. 10

    アラフィフの後悔 1位は「勉強」

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。