記事

パートなどの厚生年金の加入拡大

昨日の配偶者控除の廃止とも関連しますが、10月1日から、パートなどで働く人の、厚生年金、健康保険、いわゆる社会保険への加入の対象が拡大されました。

女性が、能力を発揮して働くためには、それを妨げている配偶者控除や第三号被保険者の廃止と合わせて、パートなど非正規の人の社会保険加入を拡大することが、必要です。今回、加入拡大の対象になるのは、年収約106万円(月収8万8千円)以上などの条件を満たす人たちで、25万人になります。

私が、厚生労働大臣をしていた時に、社会保障改革の一環として法改正をしました。パートなど非正規の働き方をしている人は、400万人近くいるので、せめて100万人は対象にしたいと考えましたが、経済界や経済界に応援されている議員などの反対で、25万人から徐々に増やしていくことになりました。

これまでは週30時間以上勤務すると対象になっていましたが、今回20時間以上に広がりました。ただ、従業員501人以上の大企業で働いている人しか、今回は対象にできませんでした。中小企業の団体にも説得に行きましたが、社会保険は、拠出金を事業主と従業員が折半で支払うので、総論は賛成だが、我が身に降りかかる負担、各論は反対と主張されました。

厚生年金、健康保険に入れば、老後に受け取る年金額が増えるメリットがあります。また、国民年金の保険料を非正規の人は、毎月1万6千円払う必要がありますが、厚生年金に入れば保険料の半分は事業主が負担します。

そして医療の面でも、けがや出産で仕事を休んだ場合に、健康保険独自の給付を受けられるようになります。女性が自立して働くためには必要な制度ですが、夫の扶養家族として、負担していなかった年金や医療の保険料を支払うようになるため、手取り収入が減る、ということで、当事者のパートの人などが、改正当時も反対していました。今回も、勤務時間をさらに減らす人が増えそう、という見方がされていますが、制度のメリットをよく理解してもらえるように、説明を尽くす必要があります。

一部メディアでみられるような、手取りが減ると損、という見方に偏った報道は、やめてもらいたいと思いますし、正確な制度の意味を伝えてほしいと思います。

あわせて読みたい

「女性の社会進出」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    首相 菅直人氏に「猛省求める」

    BLOGOS編集部

  2. 2

    たけしの"ネット批判"に大反響

    吉川圭三

  3. 3

    弱者に強い"最低"な民進後藤議員

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    金正男氏殺害で東南アジアが激怒

    高英起

  5. 5

    民進パワハラより問題な稲田大臣

    小林よしのり

  6. 6

    森友学園 攻める朝日に"紙爆弾"

    文春オンライン

  7. 7

    菅氏敗訴に"極めて残念な結果"

    菅直人

  8. 8

    皇太子への失礼な記者質問に怒り

    赤池 まさあき

  9. 9

    正恩氏 米の斬首作戦に過剰反応?

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    増田寛也氏に杉並区が"異常"報酬

    週刊金曜日編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。