記事

EU、英国との離脱交渉で厳しい姿勢貫くべき=仏大統領

[パリ 6日 ロイター] - フランスのオランド大統領は6日、欧州連合(EU)は離脱を選んだ英国との交渉に当たり厳しい姿勢を貫くべきとの考えを示した。

大統領はパリの研究機関で講演し、「英国はEU離脱を望んでいるが、対価を払うことは望んでいない。それは無理だ」と語った。

「英国のEU離脱は経済への深刻な影響もいとわない厳しいものになると考えている。われわれは離脱交渉に断固とした態度で臨む必要がある。さもなければ、EUの基本原則を疑問に陥らせることになる」と語った。

あわせて読みたい

「EU」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍政権は"私利私欲"の腐敗政権

    小林よしのり

  2. 2

    前川氏「お小遣い」は援助交際?

    和田政宗

  3. 3

    高齢者とセックスは切り離せない

    WEDGE Infinity

  4. 4

    韓国国内でも「日本に仏像返せ」

    文春オンライン

  5. 5

    未だプレ金失敗を認めない経産省

    キャリコネニュース

  6. 6

    言論の自由を脅かす文在寅支持者

    WEDGE Infinity

  7. 7

    加計疑惑で田原氏「野党に期待」

    田原総一朗

  8. 8

    痴漢捜査後に自殺 裁判の行方は

    渋井哲也

  9. 9

    前川氏への個人攻撃に読売が加担

    田中龍作

  10. 10

    共謀罪で暴論語る小林よしのり氏

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。