記事

『君の名は。』過去が内包された今を生きよ

基本的にアニメは興味を持てないし、ましてや映画となるとわざわざ見に行く気が起きない。
だが、わしの意識を変えてしまうくらい凄いアニメ映画もある。
『アナと雪の女王』はその代表的な一本で、これを見てわしの中の「男尊女卑」は崩壊させられてしまったと言える。

皇位継承の問題で、「男系原理主義」の馬鹿どもと戦ううちに、世の男どもの「男尊女卑」のせいで、どれだけ女性が犠牲になってきたかを感じとれるようになっていたが、『アナと雪の女王』は、時代がとうとうここまで来たかという認識に至らせてくれた。わしの中の「男尊女卑」を否定させてくれた名作である。

「男系原理主義者」は、たぶんアニメなど馬鹿にして見ないだろうし、『アナと雪の女王』なんて見てないだろう。感受性が貧弱だから、見ても何も思わないかもしれない。

宮崎駿の作品は画力で圧倒されて、その世界観も面白いと思ったが、作者の意に反して、「日本的感性って凄い」という日本人の自己満足を育ててしまったかもしれない。だが、自分の感性を鈍らせないためには、見ておかねばならないアニメ作品だと思う。

新海誠の『君の名は。』も、見ておかねばならない作品だった。東北の震災と、福島第一原発事故のあと、今度こそ日本人は変わると思ったが、政治的には何にも変わらなかったように見えた。しかし日本人の深層心理に、実は大きな変化を起こしていたことを実感させてくれるのが『君の名は。』だった。わしはこの作品を10代・20代の若い人たちが見ていることに注目するし、大変喜ばしく思う。

すでに6週連続1位、興行収入130億円だそうで、新宿バルト9では、公開1か月を過ぎても1日10回上映し、平日も含めて満席が続き、年齢層も広がっているという。新海監督の過去作品も見てみたが、『言の葉の庭』も『秒速5センチメートル』も面白かった。

「男系原理主義」との戦いは、時代の変化を感じとれない、そして因習と伝統の違いも分かっていない、老化した脳との戦いでもある。 若者を無条件に礼賛するのは危険だが、彼らの無意識が何を捉えているかを知っておかねば、今を分析することも、未来を予測することもできない。

『君の名は。』が10代20代の若者の潜在意識と響き合ってるのなら、その感性が次の時代を創っていくのである。その次世代の感性と、「天皇は男性・男系しかならぬ」と妄信する感覚との間には、気の遠くなるような乖離がある。

ありもしない過去に向かうより、過去が内包される今を生き、未来を生きる準備をする方が楽しいとわしは思う。

あわせて読みたい

「天皇制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    パチンコ広げた在日韓国人の苦難

    宇佐美典也

  2. 2

    新庄氏 20億盗られまだ騙される

    BLOGOS編集部

  3. 3

    野党に応援される石破氏の不思議

    やまもといちろう

  4. 4

    北方領土は2島返還で解決すべき

    古谷経衡

  5. 5

    ゴルフだめ? 安倍首相発言に呆れ

    キャリコネニュース

  6. 6

    山本KIDさん 6月には家族と笑み

    女性自身

  7. 7

    隠れ反安倍が鍵を握る自民総裁選

    文春オンライン

  8. 8

    杉田氏かばう記事に炎上必至の声

    キャリコネニュース

  9. 9

    ZOZO前澤氏の英語スピーチは満点

    広瀬隆雄

  10. 10

    樹木希林さん 人と比べてはダメ

    不登校新聞

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。