記事

編集長退任のお知らせと新編集長からのご挨拶

1/2
平素は、BLOGOSをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。
BLOGOSは10月5日をもってサイト開設から7年が経過しました。
この度、これまで編集長を務めてきた大谷が退任し、新たに田野が編集長に就任いたしましたので読者の皆様にお知らせいたします。

■前編集長・大谷広太よりのご挨拶

BLOGOSが8年目に入るタイミングで、編集長を退任することといたしました。9月中に引き継ぎを行い、今月からは新体制での運用がスタートしています。

「桃栗三年、柿八年」とは申しますが、ネットの媒体の場合、3年を待たずしてクローズしてしまうことも決して珍しいことではありません。そのような中、私たちはおかげさまで3年どころか8年目に突入しました。しかし現状には、ある意味でマンネリ化していると言わざるを得ない部分もあります。その点からも、そろそろリスタートを図ってみるのも必要ではないかと考えた次第です。

立ち上げの経緯も含め、5周年の際の記事に書きました通り、自分なりの思いを持ってこれまで運営に当ってきました。未熟さゆえ、多くの方々にご迷惑をおかけし続けた7年間でもありました。至らなかった点の責任はひとえに私にありますし、数多あるネット媒体・編集者の方々の末席を汚し続けてきたのはただおそれ多いことです。

編集部には、LINE NEWSを3年間にわたって経験した田野幸伸が私と入れ替わりで戻ってまいりました。田野にはBLOGOSの経験だけではなく、マスメディアの感性、ブロガーの感性も備わっています。永田正行、村上隆則、そして優秀なスタッフと一緒に、新しいBLOGOSが作られていくものと思います。

今まで長い間支えて下さった読者の皆様、参加ブロガー・メディアの皆様に、心から御礼申し上げます。これからも変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。

■新編集長・田野幸伸よりご挨拶

二代目編集長に就任いたしました、田野幸伸と申します。昭和52年、東京都江東区に生まれ、下町に育ちました。

2010年10月にBLOGOS採用で旧ライブドアに入社し、3年ほど在籍の後livedoornewsまとめ編集部やLINE NEWS編集部を経て戻ってまいりました。

元々はラジオディレクターで、旧メディアの良いところも悪いところも見て育ち、ネット業界に移り今年で9年目となります。

私も趣味でブログを書いており、毎日記事を更新することの大変さやネタ探しの難しさを日々感じております。いつかはBLOGOSブロガーになりたいという一心で書いてまいりましたが、「いりません」と編集部のスタッフに言われ続け、とうとう参加は叶いませんでした。

日々ブログを綴り、BLOGOSブロガーとしてもご活躍いただいている皆様に尊敬の念を抱きつつ、今まで以上にブロガーの皆さんに、BLOGOSに参加して良かったと思っていただけるようなメディア作りに邁進してまいります。

スタッフの若返りが叫ばれる昨今、初代編集長の大谷より4つも年上で、来年40歳になろうとしている私が編集長となりますが、「若者と政治をつなぐ」という原点に立ち返りまして、目で見て楽しめるコンテンツなども充足を進めます。

ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

あわせて読みたい

「BLOGOS編集部」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    朝日が仏大統領発言でっち上げか

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    内閣改造で消えた小池・野田新党

    PRESIDENT Online

  3. 3

    米国が12月以降に北朝鮮を攻撃か

    高英起

  4. 4

    温泉更衣室の防犯カメラは違法か

    花水木法律事務所

  5. 5

    iPhone X購入の前にWi-Fi導入を

    永江一石

  6. 6

    よしのり氏 小池新党はいらない

    小林よしのり

  7. 7

    核武装した北との共存ありえない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    アラフィフの後悔 1位は「勉強」

    キャリコネニュース

  9. 9

    日本人の稼ぐ力 今や他国の7割に

    THE PAGE

  10. 10

    小林麻耶が海老蔵の家を出た事情

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。