記事
  • ろい

「火星の人(オデッセイ)」がとんでもなく面白かった

1/2

マットデイモン好きとしては「オデッセイ」は見たくて溜まらなかった映画で、その内容ももう、文句なしの名作でした。(ちょっと前の話になりますが)

オデッセイ(字幕版)

オデッセイ(字幕版)

 

で、SF好きとしてはやっぱり原作も興味があったので、「火星の人」を読んでみたんですが、これがもう、面白いのなんの。

火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)

火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)

 
火星の人〔新版〕(下) (ハヤカワ文庫SF)

火星の人〔新版〕(下) (ハヤカワ文庫SF)

 

人様に自慢できるほど色々読んでいるわけではありませんが、個人的には過去ナンバーワンのSF作品です。

ストーリーは非常にシンプルで、火星探査ミッションで上陸した6人のクルーのうちの一人、「マーク・ワトニー」が主人公。

ミッションは上陸後たった6日で嵐のため急遽中断。

激しい嵐の中でクルーは緊急避難するものの、退避途中に事故で死んだと思われていたワトニーが、なんと一命を取り留めていた。でも、既に脱出艇は飛び去ってしまっていた。

・・・というお話。

正直な所、あえて言わせて貰うとストーリーはSFとしてはごくごく平凡です。

徹底的な科学考証も、ハードSFとしては素晴らしいけど、逆に言えばそれだけ。

この作品は映画も原作も素晴らしいんですが、その価値を文句なしに高めているのは主人公、ワトニーのキャラクターです。

ここ二、三日、ぼくはご機嫌で水をつくっていた。すいすいと進んでいた(わかるかな?”すいすい”) (上巻p63)

作品のかなりの部分はワトニーの「ログ(日誌)」の形式で進みます。

科学知識豊富なNASAの宇宙飛行士が、読んで貰うことを前提に書いてある報告書という形式になっていて、ある意味「読まれることはないかもしれない」というお気楽な報告形態が、どう見たって絶望的な事実を笑えるレポートにしてしまう。

だって30日しか滞在を前提にしていないミッションですよ?地球上なら食物と水を探せば良いけど、火星上では水も空気も食料もないわけです。しかも周囲から探しようも無い。さあ、どうする。

しかも太陽電池の発電能力やなにやらの関係で、やるべき事は多いのに一日の大半が待ち時間になっていたりする。この辺のリアルな状況設定が、「なんで生死がかかっている状態で呑気に報告書なんか上げているのか」という根拠になるわけです。

この辺、同じ極限状態を描いた「アポロ13」と比較するとその違いが際立ちます。

あちらはリアルはリアルですが、史実というリアルすぎるお話のせいで下手なギャグを入れる余裕がありません。だからこそ、「靴下で窓を拭く」があれだけギャグとして目を引いたわけですけど。

 (「火星の人」でも色々ネタにされてます)

アポロ13 (吹替版)

アポロ13 (吹替版)

 

色々な小説を読んできても、ここまでページをめくるごとに笑って、泣いて、ハラハラする作品には出会ったことがなかった。

色々な意見があるでしょうが、この「火星の人」。改めて私の中では過去最高の一作、です。

あわせて読みたい

「シン・ゴジラ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏"小池都政は大成功だ"

    橋下徹

  2. 2

    日産「ノート」が売上1位の理由

    片山 修

  3. 3

    報じられない「熊本地震」の現状

    田野幸伸

  4. 4

    ピコ太郎が今年のYouTube2位獲得

    島田範正

  5. 5

    示唆を与える湯浅誠氏のスピーチ

    亀松太郎

  6. 6

    "安定を求めて公務員"は正しいか

    シェアーズカフェ・オンライン

  7. 7

    "1分で心掴む"小泉進次郎の流儀

    PRESIDENT Online

  8. 8

    "真珠湾攻撃"伝える当時の米社説

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  9. 9

    "日本死ね"を言葉狩りする曽野氏

    小林よしのり

  10. 10

    mixi黒歴史晒しで休眠アカ一掃?

    アクトゼロ ブロガーズ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。