記事

英語教師が本音で語る「半年で伸びる人、10年やってもダメな人」

「NCC綜合英語学院」主幹 清水正也、英会話講師 大橋健太 構成=戌亥真美

今や企業はTOEICの点数プラス、英会話力の有無で各人の英語力を判断するほどに。敏腕英語講師2人の本音から、英会話力が伸びる人・伸びない人の特徴をまとめた。

初期設定を間違うと、英語は伸びない

日本で生まれ育ち日本語を母語とする日本人にとって、大人になってから英語を身につけることは容易ではありません。まず学習の取り組み方=初期設定を間違えると、英語習得は難しいでしょう。「楽しくレッスン」の意識ではダメ。受験勉強以上に厳しく、真剣な取り組みが必要なものなのです。徹底して学習すれば半年で英語が理解でき、そこではじめて楽しいと感じます。定着を考えると1年。本気で取り組むならある意味1年でも十分。だらだら10年続けても意味がありません。


「NCC綜合英語学院」主幹 清水正也氏●学生時代から翻訳学に没頭し、通訳、予備校講師、同責任者を歴任。ビジネスではない、真の英語教育を求め、現学院へ。「真剣に取り組めば、英語は半年で伸びるものです」。

文法をないがしろにする人も伸びないですね。例文の丸暗記や、文章の成り立ちを理解せずに会話すると、いつまでも簡単な日常英会話やブロークンの域を脱しません。そうならないためにも、自分と同じ環境(日本で生まれ育ち、母語は日本語)のもと英語を習得してきた日本人講師から理論を学び、英語習得の道案内をしてもらうのがいいのです。英会話の理論を学んだうえで試すのが、外国人との会話。練習の場として外国人との会話を使えばいいけれど、外国人だけから習おうとしてはいけません。英会話は口頭英作文。理論を理解し、文法や理屈がしっかりしている人ほど、臨機応変に対応できています。

英語は、知識プラス口に出す練習で上達

よく「TOEICは900点あります」と言う人がいます。周囲も900点あればしゃべれると勘違いしている。けれど、900点あっても実際は会話ができない人も多い。企業側にとって英語力を測るのに、今や英語面接は必須。TOEICスコアは評価の前段階、話せてはじめて「英語力がある」と判断されます。ただし、英語が話せる=仕事ができる、は別。業種の数だけ専門用語があるので、プラス専門英語を知らなければビジネスでは通用しません。

大人の英会話の場合、「話す・聞く」の前に、必ず「書ける・読める」があることが上達の前提。書けないものは話せないし、読めないものは聞けない。内容が複雑になるほど、日本語で理解できなければ英語で表現しにくくなります。文字化しても理解できない英語を「聞くだけ」「ただ話すだけ」の学習をしていては、到底上達はしません。もっとも、会話は蓄えた知識をいかにスムーズに出せるかが勝負。理論がわかったら次は練習です。英会話は「口が勝手に動く」までやらないと上達しないもの。外国人との会話で間違った、緊張して言えずに悔しかったことはメモして次に備えて口に出す練習を。英語は理屈半分、残りは練習。スポーツと同じです。頭に浮かんだらすぐに口が自然と動くまで繰り返し練習することが重要なのです。

高度な日本語を使う人ほど話せない

「なぜ英語を習得したいのか」という明確な目標がなく、“なんとなく”の気持ちで臨んでいる人は達成度が低いですね。海外転勤で必要に迫られているなど目的がはっきりしている人は伸びが早い。自分が英語を使うシーンを想定でき、かつレッスン以外でも勉強していますから。逆に伸びないのは、受動的な下準備をする人。市販の英会話テキストや表現集を丸暗記すれば大丈夫だと思う人です。でもテキストの中にどれだけ自分にぴったりな例文があるでしょうか? また、きちんとした日本語を話している人ほど、使える英語の習得に時間がかかります。例えば、店員の「またお越しください」という丁寧語。ネーティブ表現は“Have a good day!”ですが、これを“Please come back again.”と直訳してしまう。日本語を100%完璧な英語に置き換えようとすること自体がムダ。直訳せず、日本語を日本語で柔らかく「リフレージング」(最適化)することが英会話上達のコツなのです。


英会話講師 大橋健太氏●英語力ゼロからバイリンガルとなった経験から、日本人の英語習得プロセスやコツを熟知。2日間で英語が話せると評判の「プラチナイングリッシュセミナー」は毎回満員御礼となるほどの超人気講師。

また、ネーティブ講師なら上達できると考える人もダメ。中級者ならコミュニケーションの練習としてはいいが、初級者は英語の意味が理解できない。ロジカルが理解できないままだと厳しいですね。かといって日本人講師に頼りすぎ、すぐに正解を聞きたがる人もダメ。能動的にできる人ほど伸びが早いです。

無口な人で「英語ならしゃべれるようになる」と考えている人もいますが、会話が不得手な人が英語になると突然会話上手になることはありません。会話量は英語でも日本語でも同量。また、英語力=語彙力だと信じ、英単語や英熟語、英文法ばかり勉強する人も会話上達には結びつきません。英語の知識量はものすごいけれど、その知識をどう組み合わせるかがわからず話せない。実際、TOEIC990点でも話せない人はいます。読み書きはできるし理屈も理解している。文章的な質問はできても、口語的な質問ができないんですね。言葉を覚えるステップは、「聞く・話す」の繰り返しから「読む・書く」につながります。まず口に出す力をアップし、それから文法を直していけばいい。英会話は自分の言いたいことをいかに自分の知っている英単語に置き換え、組み合わせていけるかが勝負です。

「恥」のブロックを外せる人は伸びる

まず頭で正解を考えてから口に出そうとする完璧主義の人は伸びませんね。おおざっぱでいい加減な人のほうが、会話力は伸びる傾向にあります。完璧な英語でなくてもコミュニケーションは可能。恥ずかしいという気持ちが会話をブロックする。間違いながらも小さな成功体験を重ね「恥」を取り除いていく。口に出す練習をしなければ、何年続けても話せません。

半年で伸びる人の特徴・何年やっても伸びない人の特徴

お二方の見解は、言葉は違えど共通している。「伸びない」特徴に心当たりのある人は今すぐにでも学習姿勢を見直すべき!

【半年で伸びる人】

▼清水氏
●文法がしっかり理解できている
例文丸暗記ではいつまでも簡単な日常会話のまま。本格的な英会話には文法が不可欠
●「書ける・読める」が前提にある
大人の英会話には「話す・聞く」の前に「書ける・読める」が必須。ただし、書くより先に口に出すクセづけを

▼大橋氏
●言葉のリフレージングができる
日本語の意味をかみ砕き、知っている英語に置き換えられる
●積極的にアウトプットできる
普段おしゃべりな人は上達傾向に。無口な人が「英語なら話せる」はありえない

【何年やっても伸びない人】

▼清水氏
●ネーティブ偏重主義
英語は外国人からだけ習うものと思うのは間違い。英語習得の過程を知っている日本人講師が必要
●“なんとなく”“楽しく学びたい”人
“習い事”の意識では英語力は伸びない。明確な目標のもと真剣な学習が必須

▼大橋氏
●日本語をそのまま直訳する
100%対応する単語はなし。直訳グセが抜けないと伸び悩む
●英会話=語彙力と思い込む
英単語や英熟語の学習ばかりに没頭するのは×。英会話=コミュニケーションと心得よう

あわせて読みたい

「英語」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    働く人を追い込む10の有害な環境

    フォーブス ジャパン

  2. 2

    GPIF2.4兆円黒字 民進党の対応は

    吊られた男

  3. 3

    流行語大賞"神ってる"の謎を解明

    永江一石

  4. 4

    男の"かっこ良さ"が終わるとき

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  5. 5

    優先席"譲るべき"という人が減少

    キャリコネニュース

  6. 6

    小池知事、記者の質問に"失礼"

    THE PAGE

  7. 7

    推進派でも戸惑うカジノ法案審議

    木曽崇

  8. 8

    通勤ラッシュが増えている理由

    山本直人

  9. 9

    退職のきっかけ 年代別の1位は

    キャリコネニュース

  10. 10

    やってはいけない自己PR5選

    フォーブス ジャパン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。