記事

なぜ「中小企業診断士」は最も取りたい資格なのか? - 鬼頭政人

 皆さんは、今年初めの日本経済新聞に掲載された、「新たに取得したい資格ランキング」をご覧になっただろうか? ビジネスパーソンを対象としたこのランキング、その栄えある一位はTOEICでも簿記検定でもなく、前年の6位から大きくランクアップした「中小企業診断士」であった。なぜ今中小企業診断士なのか?現代社会が必要とするこの資格について、解説していきたい。

40代、50代を輝かせる資格

 中小企業診断士は、経営コンサルタントを認定する唯一の国家資格である。中小企業へ適切な経営の診断および助言をする専門家であり、その知識は経営理論、マーケティングをはじめとし、財務会計や情報システム、人事まで幅広く求められる。

 今の世の中、企業を取り巻く環境は目まぐるしく変化し、その経営判断や方針にはダイナミックさや柔軟さ、尚且つ冷静な視点が求められる。

 「企業内では偏ったアイデアしか出てこない」「もっと俯瞰的に物事を見たい」、そんな時に経営判断のパートナーとして求められるのが、中小企業診断士である。

 つまり「経営全般の高度な知識を有している」ことを証明する資格であり、言ってしまえばMBAの中小企業特化版と言った感じだ(MBAは大企業の経営全般を学ぶ場合が多い)。このように述べると、ぱっと聞いた感じハードルを高く感じてしまうが、実はこの資格、40代~50代ほど取得するチャンスなのである。

 「え?」と思ったあなたにこそ、この資格を上手く使いこなせる40代~50代の「要素」について聞いてほしい。

求められるのは「経験値」

 現在、ビジネスは複雑化し多種多様な業種が新たなイノベーションを目指し、失敗を繰り返している。成功を目指す企業が欲している人材は、「客観視できて経験値のあるパートナー」だ。多くの知識を持っていて、どれだけ難しい分析手法を使ったところで、エンドユーザーのニーズを分かっていなければ商品価値そのものが結局はなくなってしまう。20代~30代で企業側が求める実務の経験値を得ている若者は決して多くないだろう。しかし、40代~50代となればその肌感覚に磨きがかかってくる。

 企業側としては、中小企業診断士というステータスが付け加われば、知識の面でも一種の安心材料ができるというわけだ。「IT知識×中小企業診断士」「法律知識×中小企業診断士」といったように、それぞれの企業ニーズともマッチする可能性が大きくなってくる。これは20代~30代の受験者が欲しくても得られない経験値であり、また中小企業診断士としての登録が40~50代で多数を占めている理由の一つではないだろうか。

広がる人脈の輪

 次に、働き方についてもそうだ。中小企業診断士は、「企業内診断士」として働くか、「独立開業」として働くかを選ぶことができる資格である。もちろん社内でのキャリアアップにも有効だ。中小企業であれば、「中小企業診断士=会社経営」と上層部が考え、重要ポジションへの昇格などは十分にありえる。また大企業の場合でも、出世競争の中で他者に一歩差をつける大きな資格となる。

 ここでとりあげたいのは「独立開業」して働いた場合だ。40代50代となれば、取引先であれ、飲み仲間であれ、強いパイプとコネクションを持っている。自分を知ってくれている人がこの世に多いほど、仕事につながるチャンスは必然的に多くなる。これらの人脈はビジネスをする上でも強味となり、「この人にお願いしよう」と依頼につながるチャンスになる。またお互い社交辞令から入るのではなく、初めから相手の本質が知れるということは双方にとって有利だ。これもまた若年層が得たくても得られない代物ではないだろうか。もし20代、30代で中小企業診断士を取得した場合、その努力が認められてもそれが直接仕事につながることは少ないだろう(もちろん得た知識が大きな糧となるのは確かだ)。

中小企業診断士の現状

 上記のように、中小企業診断士の資格価値をうまく表現できるのは中高年だと私は感じている。もちろん、中小企業診断士の中にも年収数千万の人もいれば全くその価値を活かせていない人がいるのも事実だ。しかし結局のところその差は、この資格の「活かし方」を知っているかどうかから生まれてきているように感じる。

 現在、中小企業診断士試験はストレート合格約4%という難関試験に位置付けられており、もちろん合格にあたってはそれなりの勉強時間が求められる。しかし上記に述べた事柄からも合格後にこの資格を有効に最も活用できるのは40~50代だと私は確信している。是非多くの方に、今まで培った知識を活かし日本社会を活性化させていただきたい。

あわせて読みたい

「コンサルタント」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室圭さん 秋篠宮邸で門前払い

    NEWSポストセブン

  2. 2

    NHK 山口達也をスクープしたワケ

    文春オンライン

  3. 3

    ブラタモリで新アナが残念な返答

    メディアゴン

  4. 4

    橋下氏 前市議の事実誤認に激怒

    橋下徹

  5. 5

    望月記者と共産党の繋がりに苦言

    和田政宗

  6. 6

    謝れない小池知事 数億円損害も

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    無法地帯? 事件続く川崎市の実態

    fujipon

  8. 8

    セクハラ容疑段階の批判は止めよ

    吊られた男

  9. 9

    小室圭さんの借金巡る取材秘話

    文春オンライン

  10. 10

    辻元氏 国会でなく政府が不正常

    辻元清美

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。