記事

狂暴化する日本の資本主義

 日本経済が成長を続けていた1960年代、日本の多くの経営者は、資本家=株主の利益よりも従業員=労働者の生活を考えた経営に重点を置き、終身雇用、年功序列といったいわゆる「日本型経営」をしてきました。その結果、経営者と従業員の賃金格差が比較的小さい、一億総中流社会が実現しました。

 しかし近年、経営者の姿勢が従業員の事よりも株主の顔色を重視する経営に大きく変わってきました。従業員をリストラしても、株価を上げた経営者が評価される傾向が強くなり、経営者は一般の従業員とはけた違いの高額の報酬を手にするようになりました。

 しかも多くに巨大企業は賃金の低い国に工場をいつでも移せるなど無国籍化し、他の国に工場を移すという脅しによってその国の労働者の賃金を低く抑える力を持つようになりました。このように無国籍化した企業は利潤の極大化という資本の論理を貫徹する狂暴化した資本主義に変わってきたのです。

 本来こうした資本主義の狂暴化を抑えるのが政治の責任ですが、自民党政権は非正規雇用の拡大など資本主義の凶暴化を手助けする政策をとり続けています。今こそ資本主義の狂暴化に歯止めをかけ、分厚い中間層の復活を目指す政策を正面から提案することが重要です。それが民進党の責務だと考えています。

あわせて読みたい

「経営」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    フォアグラ人気の裏に残酷な現実

    オルタナS編集部(若者の社会変革を応援)

  2. 2

    読売1面「首相3選望まず」の衝撃

    NEWSポストセブン

  3. 3

    橋下氏 民進玉木氏の質問に苦言

    橋下徹

  4. 4

    ロシア人の4割は酒を一切飲まず

    ロシアNOW

  5. 5

    韓国の都合に合わせるのはやめよ

    深谷隆司

  6. 6

    乃木坂46に学ぶ副業許可のヒント

    シェアーズカフェ・オンライン

  7. 7

    未だにコンビニ現金払いはバカ?

    Hayato Ikeda

  8. 8

    EVの弱点を克服する走行中充電案

    島田範正

  9. 9

    「働くのが嫌」は世界共通の問題

    ヒロ

  10. 10

    通販のクレーマー行動は反社会的

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。